So-net無料ブログ作成

花づくし [海外旅行]


  いかん・いかん、もう明日から9月ではないか。


  8月は旅に明け、画像整理やら、旅程を振り返って思いだしたり・・


  いけませんね、そろそろシャキッとしなければ。

 
     直接関係ないので、後回しになっていましたが、北欧にも花は咲く、


  滝の飛沫を浴びて、ひっそり咲いていた雑草にも似た花たち、


     面白い木造建ての教会がある、とお仲間たちが坂を下って行く間に、


     とてもお供は出来ないと、パチリパチリとスマホで撮っておりました。



    IMG_0659 (1).JPG

   後からお仲間に送って頂いた木造の教会、たしか、ロシアはキジ島に


   木造の立派な教会があった筈です。キンピカではないけれど、


  それなりの風格はあります。グーグルで調べるとどうやら、

 
      ノルウエーのスターヴ教会(樽板教会とも呼ぶ)支柱と梁で構成


  された木造教会の一つらしいです。この目ではみていないので、


   詳しくは分かりません。ヴァイキングの時代から保存されている、


  凄いですねぇ。


      それで思いだしました。北欧3国の国旗、どれもクロスですが、


  もともとは横に一本だったのが、キリスト教の浸透とともにクロスに


  なったと説明がありました。みなさん、坂を下って実物を見学。


  ・・・で、その間に坂の上の雲・・じゃなくて花たちと遊んでいました。


  IMG_0604.JPG


         IMG_0605.JPG


  IMG_0610.JPG
       ナナカマドに似ていません?


     IMG_0631.JPG

     
        以下は、最後に訪ねた彫刻公園の花たちです。

   IMG_0630.JPG


           IMG_0623.JPG


         
                 
       IMG_0626.JPG


          ようやく迎えた夏を謳歌しているように見えました。


      さあ、これでスッキリ! 北欧は封印して、活きのいいネタ探しに


  励みましょうか。

 

nice!(37)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧ノ旅  最終章 [海外旅行]

  期待に胸弾ませていた旅も、いつかは終わる。

  妖精の夢も現れず、最終日の朝を迎えました。

    専用バスにて、一路ノルウエーの首都オスロまで、約6時間。

   大事なトイレ休憩も、清潔で無料・・なんてことはどうでもいいですね。

  
    昼食後、オスロに到着。明るいとは言え時間の関係もあり、向かったのは

  まず、オスロ市庁舎。


    IMG_0663 (1).JPG
 
     IMG_0617.JPG


   この建築家の設計によるもの。アーンシュタイン・アーネベルグ。

   安全保障理事会の会議室、国際連合本部ビルも手掛けているらしい。


        兎に角、入ってみましょう。


   IMG_0615.JPG


  IMG_0658 (1).JPG

   凄い装飾の大広間!ここで何が行われると思いますか??

 ノーベル平和賞の授賞式が行われるのです。ノーベルはスエーデン生まれ

   なのに、なぜ、平和賞だけこちらで授賞式なんでしょう??


  最後の観光は、グスタフ・ヴイーゲランの彫刻が、やく200点


  展示されている「フルグネル公園」。彫刻の美術公園とでも訳して・・


     IMG_0653.JPG

   緑豊かな公園の正面に、人間の一生を象徴する彫刻の塔が見えます。


      IMG_0654 (1).JPG

  
     IMG_0656 (1).JPG
   
       何処に行っても、観光客が入ってしまいます。

          IMG_0684 (3).JPG

              IMG_0655 (1).JPG

   
    IMG_0635.JPG

   さまざまな彫刻が点在していました。歩調を合わせるために一足先に

   現地添乗員さんの説明は、ゆっくりと聞かないで出口に向かいました。

      何気ないオスロの街の風景。


     IMG_0620.JPG

   やはり高層ビルゼロ、ヨーロッパを歩いていつも感じることは、

 東京をはじめ、日本の大都会にいかに高層ビルが多いことか、です。

   ヨーロッパの街が落ち着いた感じに見えるのはそのせいかも知れません。


     これにて、今回の旅、全過程無事に終了いたしました。


   IMG_0637.JPG
     最後に泊まったホテルを1人出て、空を眺めました。
 
   IMG_0640.JPG

  これが、最後の海外旅行になるだろうと思い、1人しんみりと夕空を

    眺めました。収穫は大きかった、大満足です。
  
      最後の晩餐、怪我人もなく1人旅のメンバー15名、すっかり仲良し

    になりました。メデタシ・メデタシ!!!



      旅行社への最初の問い合わせは、真っ赤なウソ。50代、元気一杯の


     女性たち、当方の年を知って何て言ったと思われます?


  「わ~~、okkoさんの年を聞いたらあと、何回でも海外旅行に行く

         ことが出来る~~~!」


           IMG_0649.JPG
      シャンパングラス片手に、飛行機の窓から見たお月さま。

           おなじ宇宙空間を共有している・・・妙に感動しました。


         IMG_0573.JPG

                  また遊びにおいでねぇ~~~!

  
  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 現地添乗員さんは、皆さん、中年の日本人女性。ご縁があって、現地の

 方と結婚されて、このお仕事をなさっているそうです。広い世界、

   さまざまな日本人が活躍されているんですねぇ。

    拙文、拙画像、ご高覧頂きアリガトウゴザイマシタ!

    

nice!(44)  コメント(30) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧の旅 [海外旅行]


 ストックホルムに別れを告げて、空路ノルウエーはベルゲンへ。


  あまり馴染みのない街ですが、作曲家グリークの生地だそうです。


 この街の一角にあるブリッケン地区は、ベルゲン旧市街の倉庫群。


 海に面して木造の倉庫が。奥行深く、道細く・・それでも1979年に


 世界遺産として登録されています。小雨は降るし、1枚だけ。


IMG_0666 (1).JPG

   何となく魚河岸の場外市場みたいな感じの場所で、それぞれに昼食。


 それから150キロ、バスに揺られてフィヨルドに面したホテルに到着。


  IMG_0814.JPG

  ここで2連泊は嬉しい。

 
  船の次は?????



   IMG_E0562.JPG

 ヴオスから、ベルゲン鉄道で、ミュールダール、そこでフロム鉄道に


 乗り換えて(忙しいこっちゃ!)フロムに。


 IMG_0571.JPG

  ガラス戸越しに、手を振っている場合ではない、自分もそれに


  乗るのよ~~。



    あれ?途中駅で止まってしまいました。乗客も全員降りる!

  
  妖精の滝を見物する~~? 妖精が出るそうです。ほんまかいな?


    IMG_0567.JPG

            木立の中から現れました、妖精さんです。


           IMG_0570.JPG

  滝の迫力は、凄まじいく美しかったけれど、「妖精」って言われても


  ねぇ。心の中では、もっと幻想的なライトの効果などを期待していた


  のです。あの方、間隔は空いているでしょうけど、列車が来る度に


  妖精役、時給幾らなんだろう?? 1人、下らないことを考えて・・



    フロムで下車して、いよいよこの旅の目玉、フィヨルド遊覧です。


  世界最長・最深のソグネフィヨルド約2時間。


  世界遺産ネーロイフョルドも部分的に。フィヨルドって、なに?


 簡単にいえば、北極の氷山が溶けて流れて、海水を押し退けて陸地に


 流れ込んだ溜池のようなもの?かな。


 じゃあ、少しショッパイし、魚もいるんでしょうねぇ?


    詳しくお調べになりたい方は、是非、教えてください。


 IMG_0575.JPG

  それでは、ゆるりと参りましょう。

 

 ガラス越しは面白くない、デッキに出ます、小雨強風だけれど・・・

 IMG_0591.JPG


 IMG_0660 (1).JPG


  IMG_0589.JPG


   墨絵のような幽玄の世界です。悟りを開かねば~~!


   IMG_0661 (3).JPG

       約2時間、強風も気にならず、ただただ自然の美に酔いしれました。

   IMG_0596.JPG


      IMG_0597.JPG


       滝があちこちから・・雨が多い今の時期、この滝もフィヨルド観光


  に興を添えるものとか。

    
   帰路に就く道端で・・・


    IMG_0627.JPG
  フィヨルドに面したホテルで、今日みる夢はどんな夢かなぁ~~


   (妖精さんは出てこないでね) 終わり。
       


  

nice!(48)  コメント(27) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧の旅 [海外旅行]

  「北欧の旅」と言っても、ハッキリとしないので旅程表を掲載します。

     
     IMG_0844.JPG
  充分に満足感を味わったヘルシンキでしたが、次の目的地はスエーデン。

  船中で一泊。バルト海を渡りストックホルムへ。中型船だろうな~


         それが大間違い。


   IMG_0763.JPG


   IMG_0765.JPG

 目を疑うような大型客船。部屋はそれぞれ10階の海側。

   客室です。シャワーしかなかったものの、これで充分です。

 IMG_0766.JPG


   煙突でニコニコ笑っているのは?   アザラシかラッコか?

  海を渡ってくる風は心地よく、デッキに出て沈む夕陽を拝みました。


 IMG_0767.JPG



  バルトはドイツ語(wald)で森を意味しますが、森の多い国々に囲まれて


  いるから、こんな名前が付いたのかな? 1人勝手に想像したり。


  夕食は日本でもお馴染みのスモーガースボード(バイキング料理)


  波もなく、心地よい眠りにつきました。

      ストックホルムと言えば??ノーベル賞。


         IMG_0781.JPG


       記念晩餐会が行われる市庁舎、見学。



 IMG_0778.JPG



 IMG_0779.JPG

 
  IMG_0780.JPG

    バロック風なこの大広間で、晩餐会が開かれるそうです。

   自分が文系なせいか、川端康成さんの「美しき国ニッポン」は


   今でも忘れません。その後、大江健三郎さんが受賞されましたが、


   あれは不評をかったことを記憶しています。視野の狭い日本、


   みたいなことを、確か言われたと思います。

 
   IMG_0786.JPG

 ノーベル館なる建物のある下町のガムラスタン広場。

 ノーベル館で「ノーベルチョコ」


 と受付に言うと、無料で入れてくれ、数名がチョコを買っていましたが、

 当方、一緒に紛れ込んで、トイレを無料で拝借してまいりました。


  そうそう、忘れていました。ロンドンの衛兵交代は有名ですが、


   偶然にも出会うことができたのです。



 IMG_E0551.JPG

  午後は自由行動。ここでヘルシンキで旧宅と再会できたと同じ、


   ステキな再会があったのです。この広場から別れる道沿いに、知人


   が彫金と宝石などを扱うお店があり、オーナーと15年振りに会いたい


  という仲間と2人、番地捜して無事に再会出来たではありませんか!



    そのお仲間も同じく身障者だったので、元気な仲間と自由時間


  を別行動で過していたのです。

  
  IMG_0665.JPG

  
  IMG_0737.JPG
   土産物屋を冷やかし半分覗いたり・・・


   ストックホルムの夜も静かに暮れていきました。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ところで、海外旅行をされた方も大勢いらっしゃると思いますが、


  困ったことはなんですか?  私の場合はトイレとお金。


  ウオッシュレットに慣れ切った毎日の生活には、トイレがねぇ~。


  それと通貨。フィンランドはユーロ、オーケーですが、スエーデン

  
  はクロー、これが同じようなのにノルウエーではクロー


  最後の国、ノルウェーでは物価は高いし、食事の飲み物は自前で支払う


  ので、まだ先の話ですが、夕食時のビール一杯吞むにも苦労しました。

  添乗員に泣きついて、円を5000円、交換出来て

       ビールも呑めましたけど・・ヤレヤレ!!


 

nice!(46)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧の旅 [海外旅行]



  ご無沙汰いたしました。

  以前、シベリア鉄道の記事をアップした時に、幼少期をフィンランドは

  ヘルシンキで暮らした経験があることを書いた記憶があります。

     当時住んでいた家が、今も残っている、確かめてみたい気持ちが一杯。

  そんな目に飛び込んできたのが、「優雅にめぐる夏の北欧3か国」

  という旅行社の文字。 ヘルシンキでは自由時間がある、

 
   早速問い合わせてみると、
  「参加者は15名さまで、平均70代の方が殆どでございます」

  
  これならば、大丈夫だろうと申し込み。8日出発の1週間、1人旅。

   ご夫婦でもダメな、面識もないどうしの1人参加という意味。



      果たして、古い家と再会出来るでしょうか??

  IMG_0833.JPG


  フィンランド航空で10時間、やっぱりすぐに出ましたね、鮭さんが。


   11-5.jpg



     ヘルシンキの象徴のような大聖堂は健在でした。

   IMG_0750.JPG

   鮮明に覚えていました。

   IMG_0755.JPG

  
    IMG_0756.JPG

  鮮やかなさまざまのベリー、色彩に目を奪われます。どれも美味しい!

 
      黄色いのはキノコです。

      フィンランドを代表する作曲家といえば、シベリュウス

   「フィンランディア」「カレリア組曲」などなど有名ですね。


  IMG_0734.JPG



  IMG_0757.JPG

  3人の鍛冶屋の像も、健在。茶色い建物ストックマンはオモチャ売り場の


   匂いを今でも覚えている老舗のデパートですが、周囲に店が増えて


 以前ほどの存在感はなくなりました。(自分が小さかったから??)


   観光終わり、待ちに待った自由時間!!


   タクシーで1人も心細い、地元添乗員さんが付いてきてくれると言う。


 白樺の並木道を走ること15分あまり。ありました~~~!!!


  IMG_E0522.JPG

  番地も正確、何故か急に涙が止まらなくなって・・・・

      添乗員さんも貰い涙 「よかったですね~~!」

  この一帯は、大使館が多い地域で外交官の住居が殆ど。壁も高く、
  正面からは制限が出来て入れない、ドライバーの言葉に納得。


        でも、近くに公園などなかったのに、周囲の雰囲気はかなり変わって


  いました。はい、充分です。何回か修理も重ねているでしょう、


   80数年前の話ですから・・・充分に満足して帰路につきました。


      この旅のメインは、フィヨルドを巡る、なのに初日からこんなに感動


   していいんでしょうか????


    (例によって、カメラ音痴ゆえ、画像は少ないです)ゴメンナサイ


nice!(50)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

I Love Deepinpact


    40年ぶりメジャーで優勝した渋野日向子さん、ご立派でした。


    でもこのニュースは、なんと悲しかったことか!


      ディープインパクトの死。それも安楽死とは!


     競馬ファンではないけれど、ディープが走る時は必ず見ていた。


     後方から攻めて、最終、外枠から一気にスピードを上げて、追い抜く


     さまは、観ていて本当にスカッ!とした。


       先日、特別放送で過去を振り返っていたが、何故か涙が・・・


    兎に角、やんちゃ坊主のように走りたくて堪らない馬だった。夏を


   北海道で過ごしていた頃、引退したディープの顔を見に行った。


    小柄で優しい目、調教師の適切な訓練もあり、抑える所は我慢すること


   も覚えたという。頭もよかったんだろうなぁ。


     ロンシャンなどに出場しなくてもよかったのに。あらぬ疑いをかけらて。


      引退してからは、種馬として静かに一生を終えて貰いたかった。

 
      何だか淋しいのは、自分1人だろうか?


         くすぐった~い!.jpg 

  

  IMG_7294.JPG

nice!(47)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感