So-net無料ブログ作成

考えさせられた夜

    昨夜、「彼女は安楽死した」というタイトルのドキュメントを見て

    すっかり目が冴えてしまった。

    主人公はまだ、40代とおぼしき女性、難しい病名で忘れてしまったが

    筋萎縮症に似た難病。意識はハッキリしているし、食事もまあまあ

 の状態で口にしているが、間断ない体中の痛みは激しくなるばかり、

    「ワタシ、安楽死したい」と2人の姉に懇願した。

 
    数か月にわたる話し合いの末、苦しむ妹の姿に、姉たちも納得し、


    安楽死を法的に認めているスイスに、嘆願書を提出。


    スイスにはさまざまな国から、嘆願書が送られてきて、順番が回って


    来るのに時間がかかったが、思い叶って日本を後にしたという。


    ヨーロッパには、スイス以外にも、数か国、安楽死を許可している


  国があると聞いた。




     ここで話はガラリと変わって、我が父の場合。これも安楽死と


    言えたと思う。 有料施設に入所した父はすでに103才。


    ある日、 医師が、「大腸がんが見付かりました」唐突な話しであった。


    生粋の職業軍人だった父は、意識も正常。その口から出た言葉は、


 「これ以上、他人さまの血を輸血されてまで、手術はしたくない。


     その代わり、頼みがあります。明日から食事を少なめにしてください。


     幸い、何処にも痛みを感じてはいませんから」


  母はすでに他界しているし、兄と2人、当人の希望通りにと意思表示。


      先生も話のわかる方だったと、今でも感謝している。


      次の日から、食事の量、質ともに徐々に変化。

 
      最後には、鳥にやるすり餌のようなものだけ。それでも咀嚼して


      食べていた姿は、もはや最後を知り、悟りきった人の顔だったと思う。


     1日の殆どは眠っていたが、10月のある日、眠ったまま息を


     引き取っていた。


     チューブだらけにもならず、自ら希望した通りに最後を迎えた父


  わざわざスイスまで、死ぬために故国を後にした女性、


      103才という年齢もあるが、希望通りに旅立った父は幸せだった


       つくづく、そう思った夜だった。


       自分もそうありたい、ハイ、もうちゃんと書き置いてあります。



   (この話の一部は、2005年に出版した随筆集にチラッと書いてあるので

      ダブっている点があるかもしれません。お許しください)


     あの女性を、早く痛みから解放してあげたいです!


         hanataba-summer_1a.jpg

      

nice!(51)  コメント(36) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 51

コメント 36

Hide

okko先生、まだお時間はたっぷり有りますね・・・
私103歳まで後3?年・・・もう無理ですわ〜><
凄いお父さんでしたね!ご冥福をお祈り致します。
by Hide (2019-06-03 18:20) 

リュカ

自分がどんな最期をむかえるのか、まだピンとこないけど
きちっと綺麗にしてその日を迎えたいなあ。
どんなことになるやら??
わたしがお婆ちゃんになる頃には、いろいろ日本のシステムも変わっているかなあ。
by リュカ (2019-06-03 19:28) 

takenoko

病気持ちの一見健康人ですが、ずるずると後回しになっています。なんとなく書くのがおっくうで・・・
by takenoko (2019-06-03 19:46) 

wildboar

特別な信仰心はありませんが、人間、最期を迎えるときに。聖書主義に基づく信仰心を抱いて人は、心が豊かだなと思います。
by wildboar (2019-06-03 19:48) 

Boss365

こんにちは。
あと何年生きられるか?分かりませんが、最期のあり方多少考えます。
日本が安楽死を法的に認める社会になると思いませんが・・・
病気の場合は、治療を拒否すれば自然と死を迎えます。
小生は生に執着しないタイプかな?
次のステージに早く逝くか?遅れて逝くか?の違い程度と思っています。
死は悲しいものですが、本人の心持ちしだいだと感じます。
okkoさんのお父様は幸せだったと思います!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-06-03 20:02) 

Loki

 安楽死と言うと、なんか簡単にってイメージが付きまとっちゃうけど、尊厳死って言えばもっと納得しやすいですよね。

 私も、家内も、お互いに延命処置は拒否してくださいねと言い有っています。子供達にも、その意思は伝えてあります。
 正直言って、子供たちはもうひとり立ちできる環境を整えるまでは育てたと思ってます。其々の配偶者も、孫も居ませんが、それは自分たちの責任の上でこれから求めてくれたらとは思いますが、そこまでは親の役じゃないと割り切ってます。
by Loki (2019-06-03 20:36) 

斗夢

山形県庄内地方に祀られている即身仏(ミイラ仏)を思い出しました。
穀物を絶つ厳しい修行の末に生命が絶たれるんです。。
by 斗夢 (2019-06-03 21:02) 

ぼんぼちぼちぼち

あっしも安楽死って、もっと前向きに認められてよいと思いやす。
お父様、苦しまれずに旅立たれて本望でやしたね。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-06-03 21:54) 

Baldhead1010

生きられるうちは、生かされているうちは、藁にでもすがって生きてください。

お袋は昨日、3日に無事退院してきました。
施設のみんなが「お帰り~!」と言って迎えてくれました^^
by Baldhead1010 (2019-06-04 04:47) 

mimimomo

おはようございます^^
安楽死、わたくしは賛成ですね。
by mimimomo (2019-06-04 06:12) 

トモミ

TV、見ました。
NHK、色々と批判されてますがまだまだ健在な部分はアリますね!
103歳…お父様の世代でのその年齢はまさにスーパー!!
医は仁術、の想いも改めて強く感じさせられました。

by トモミ (2019-06-04 07:33) 

Rinko

人間の尊厳を考えさせられるお話ですね。
胸の奥が熱くなりました。
by Rinko (2019-06-04 08:19) 

なかちゃん

あの番組、見てました ^^
2人の姉さんは泣いておられて、TVを見ていたボクもカミさんも涙が出そうになったけど、『死ぬんじゃなくって、先に行って景色のいい場所を取っといてあげるんだ』とボクが言ったのがおかしかったのか、話は暗くならずに済みました(^^;

by なかちゃん (2019-06-04 08:27) 

いろは

こんにちは^^
私も人に迷惑をかけないであの世に逝きたいです。
子供の頃から病人の世話をしてきたので、
私はあの世から、人の世話をする為に使わされた人間なのかと
思った事があります^^
by いろは (2019-06-04 15:27) 

okko

*Hideさん
いえいえ、父はその年まで病気をしたこともない人でしたから。
病気ばかり繰り返しているワタシは到底及びません。
なるようになるでしょう。
有難うございました。


*りゅかさん
法律も変わるとおもいますよ。兎に角、意識がハッキリしている間に、延命措置をとるかどうか、決めておいた方がいいかも。胃瘻で3か月ごとに転院、高い治療費を払ってまで、行ける屍のようになりたくはないです。


*takenokoさん
お元気な証拠ですよ。命に関わるような病気のご経験もないでしょ?


*wildboreさん
信仰の厚い方は、救われる部分もあるでしょうが、絶え間のない痛み、日毎に悪化する病状に置かれたときは、どうなんでしょう。早く、神のお傍に行きたくなるかも知れませんね。


*boss365さん
治療の拒否は、法的に決めなくても当人の意志が通るのであれば、
安楽死を肯定したも同じことになりますねぇ。
逆三角形になってしまった日本の人口、この先、どうなるのか心配です。

父は、本当に話のわかる先生に見て頂いて幸せだったと思います。


*Lokiさん
それぞれの家庭に、それぞれの事情がありますから、一概にはいえませんが、最近、世間を騒がせる「ひきこもり」を、先ず解決してほしいです。

ご夫婦お二人で、お話合いが決っていれば、言うことはありませんね。


*斗夢さん
よほど意志の強い人でないと出来ない修行?父の場合、よき医師に恵まれ、納得して頂けたのは、本当に有難いと思いました。
食べなければ、いつかは衰えて死ぬことが分かっていても、自分から修行するのは、不可能に近いですね。


*ぼんぼんぼちぼちさん
悪化するだけなのが分かり切っているのに、生かして置くのは残酷ですよね。番組をみていて、つくづく思いました。
アリガトウ、父は先生に恵まれて幸せでした。


*Baldheadさん
それはそれは、何よりでした。

番組をご覧になっている方と、そうでない方、意見がまるで違うだろうと思います。あの女性の状態、気持ち・・・生かされている以上は・・の範疇には入らないと思いました。


*mimimomoさん
同じくです。不治の病、悪化する一方、彼女の決意が伝わって気ました。


*トモミさん
途中で見るのを止めようかと思いました。実際に近い状態に置かれた経験のある方は、半分見て止めたと仰っていました。

昔の職業軍人、やっぱり鍛えられかたが違ったのでしょうか。希望を叶えて下さった先生にも感謝です。


*Rinkoさん
見るのも辛い病状の女性でした。尊厳とはお世辞にも言えない苦しみようでしたから。


*なかちゃん
お姉さんも妹さんもつらそうでしたねぇ。
目が冴えてしまって・・なかちゃんに来てもらえばよかった!


*いろはさん
実体験で、苦労をされたんですねぇ。
お気の毒に。
母は83才で、これまた、自宅で睡眠中に息を引き取り、結局、86になったワタシが、人に迷惑を掛けないで・・ばかりを考えています。



by okko (2019-06-04 17:28) 

ma2ma2

日本では安楽死は認められていないですが、少し見直しも良いのでは無いでしょか?
by ma2ma2 (2019-06-04 18:30) 

ぼっこ

父は自宅で老衰で亡くなりましたが、死期を悟り自分で食事を減らして
眠るように旅立ちました。父らしい潔さでした。80歳でした。
by ぼっこ (2019-06-04 21:32) 

きまじめさん

自分で死期を悟った時、自然にその方向に向かう為には
食事を減らしていくのは一番良い方法だと、私も考えたことがあります。
でもそれってかなりの意志の強さが必要なのではと考え、
自分には無理かもと言う結論になりました。
お父上の意志の強さ、潔さに尊敬の念以上のものを感じます。
by きまじめさん (2019-06-04 23:59) 

okko

*ma2ma2さん
治療拒否はみとめられているんでしょうか?もし、認められているとしたら、安楽死と同じことですけどねぇ。経済的に余裕のある人は、スイスもいいけれど、苦しんで悪化の一途を辿っている患者さん、お気の毒です。


*ぼっこさん
それが理想的です。80才で老衰、何処かお悪かったのでしょうか?
ご冥福をお祈りします。


*きまじめさん
まだまだ、でしょう、死期を悟るのは。ワタシもだけど。
父を見ているので、時が来たら減食に努力して。
何処に美味しい物、食べに行かない??? ハハハハハッ!
by okko (2019-06-05 14:58) 

Hide

私の父は小平の弟の家で亡くなりました?救急車の中です。
96歳でした。倒れてすぐ救急車を呼び来てはくれましたが
病院をたらい回しで息を引き取りました・・・酷い話です!
只今、干しイチジクとエビフライを、つまみにビールを><
進駐軍とは伊勢丹でお会いしておりません・・・
昭和20年、秋頃でしょうか?既に眠くなって来ました・・・
 いつも、コメント頂きありがとうございます嬉しいです。
by Hide (2019-06-05 16:08) 

okko

*Hideさん
それは酷い!! 盥回しとは!

進駐軍が居た頃はまだお生まれになっていなかったのでは??

もう4時半か、まだ4時半か・・ですけど、呑みたいときのビールは堪らなく美味しいですね。つられて、こちらも呑みたくなってしまいました。おつまみがないから、鼻でも抓むか!!!

お陰様で盥回しの意味が分かっちゃった、雑学大好き人間です。
by okko (2019-06-05 16:28) 

OJJ

okkoさまのお話、考えれば愚禿ジジイにはとっても難しいです。未だ臨終に立ち会ったことのない若僧ですが、進駐軍が餅まきに来たのは知っています。残り少なくなった平均寿命と健康寿命の乖離がやや心配です・・。(繋がれたくないから・・)
少し前まであった「介錯仕る!」は安楽死の一種でしょうかね?
by OJJ (2019-06-05 17:34) 

Boss365

こんにちは。別件コメントです。
王者ナダル、強い事分かってはいましたが、パーフェクトな試合運びでした。
完敗ですが、絶対勝てない相手ではないと再認識しました。
錦織の次に好きなプレイヤーがアーティスト・フェデラーです。
小生元々はフェデラーファンでした。
錦織VS.フェデラーの試合を観たかったです!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-06-05 19:12) 

kuwachan

私もこの番組見ました。
NHKらしい番組というかNHK位しかできない番組でしたね。
最近母のこともあって色々と考えさせられます。
by kuwachan (2019-06-05 23:52) 

向日葵

残念!その番組、見損ねました!!

「安楽死」を認めてしまうと、闇のブローカーなどの
絶好の資金源などにもなってしまうのでしょう・・??

難しい話ですが、ワタクシも賛成です。
30年近く前に亡くなった父は、それこそチューブや点滴で
生ける屍状態でした。

役1年半、膠着した状態が続いて、その年の夏の暑さにも
参ったのでしょう。
ようやく楽になりました。


この時の教訓で、ワタクシ達残された遺族は、誰一人、
「延命処置」を望んでいません。
by 向日葵 (2019-06-06 01:14) 

たいへー

死に方をまだ考える年齢ではありませんが、
父の死に様を見ていたので、苦しみたくはないなとは思う。
by たいへー (2019-06-06 07:25) 

oko

高齢の両親を持つ私は延命治療と直面したら
どう対応出来るかわかりません・・・
ただ、私がそうなったらすっぱりさっぱり
あの世に行きたいです・・・
by oko (2019-06-06 07:26) 

okko

*OJJさん
軍服のアメリカサンがジープから、チョコを撒いていましたね。
それとこれとは、お話しが別。番組を見ていた方と、そうでない方では、伝わってくるものが違うって、とく分かりました。
「介錯仕る」わざわざいわなくてもいいのにね。早く楽にしてあげるよ、って意味なら分からぬでもないけど。


*Boss365さん
偶然ですねぇ、私もフェデラー大好きです。勝たせたいなあ。
錦織君もよくやりました。褒めてとらせましょう、笑


*kuwachanさん
目が冴えてしまいました。あの番組みて。
母上様は、ご病気なんでしょうか?
主人はいきなりの脳内出血で、即植物人間になり、面倒をみなければならないかと、こちらがストレス・・・でも、次に肺に血液が飛んで、人工呼吸も肋骨が折れるから出来ないと、3週間後に物言わぬ人になってしまいました。有無を言わせない逝き方で、悲しむ暇もなく、それはそれで、よかったと思っています。86才、年に不足もなかったと思います。


*向日葵さん
闇のブローカーまでは、考えが及びませんでした。

病院が承諾して行うことだから。
お父様の意識が混濁する前に、意思表示があれば良かったかも知れませんね

まさに当人の意志以外に、だれもチューブを抜く権利も権限もありませんものね。

私も同じくです。ハッキリと書いて置きます。


*たいへーさん
テレビに映し出された女性の苦しみようは、尋常ではありませんでしたから、説得する側も最後には納得して・・。

お互い、楽にぽっくり逝きたいですね。


*okoさん
ご両親さままに、聞くわけにもいかないし・・・
治る可能性があるのならば、藁にも縋る思いでいらっしゃるのでしょう。

okoさんご自身も、くれぐれもご自愛くださいね。
by okko (2019-06-06 14:25) 

JUNKO

考えさせられるお話を伺いました。迫っているその問題を私もしっかり考えたいと思っています。
by JUNKO (2019-06-06 17:29) 

テリー

私も、NHKの番組を見ました。
安楽死というと、延命処置を希望しないと意思表示をして、点滴、胃瘻などによって、延命させないで、自然死させるというレベルのものから、今回のNHK の番組で扱っているのは、筋萎縮症などで、誰かの介助なしでは、生きていけない状態になるのを、拒否して、医者に、何かの薬を点滴で、入れられるように、セットしてもらい、注入は、自らの意思で行うというもので、自殺という安楽死というものまで、ありますね。

治療拒否は、日本でも、認められています。

問題は、本人が適切に、意思表示しないままに、点滴、胃瘻などの処置を受け、昏睡状態になっていると、何年も、そのままで、生き続けていて、衰弱して、死ぬのを、待つしか無いと言うことです。

NHK で、扱ったのは、人の迷惑になるなら、死んだ方がいいという人に対して、自殺という安楽死を認めるものですが、これは、日本で、認められるのは、なかなか、来ないと思います。



by テリー (2019-06-06 17:31) 

エンジェル

お父様の最期は素晴らしいですね・・・私も見習いたいです。食事を少しにする事で排泄物も少なくなり、周囲の人がお世話しやすくなるはずです。枯れるように死にたいと常々思っています。
by エンジェル (2019-06-06 19:17) 

okko

*JUNKOさん
珍しくテレビを見て、その深刻さにどんどん引きずられてしまいました。
何時かは来るその日に備えて、ワタシも自分の意志は書き置いてあります。


*テリーさん
自殺を認めていましたっけ?

治療拒否は、↑で書いたように「痛いときだけモルヒネを売ってください」が病院側に聞き入れられた実例がありますが、それも自分の意志。尊重されてよかったと思わなければなりませんね。

父と同室で、お年寄りの胃瘻をされていたかたが「いいですねぇ、本人の意志がはっきりしないので、いつまで続くのやら、本当に気持ちがくらくなります」と言われていました。

安楽死はダメ、死にたかったら自殺ですか、それこそ不可能でしょう。

難しい問題でした。コメント頂きながら、お返事が遅れてすみません。


*エンジェルさん
聞き入れて下さった病院とお医者様の理解にとても人間味を感じ、感謝しました。テレビの主人公がまだ、お若い女性だったので、本当にお気の毒でした。
by okko (2019-06-07 14:38) 

テリー

NHK で、放送していた日本から来た難病の患者に対して、その患者の意思を何度も確認して、安楽死を希望するなら、点滴で、薬物が、その患者の体内に入りように、点滴の中に、薬剤をいれて、点滴の針を患者の身体に刺して、後は、患者自身が、点滴のスイッチを自らの意思で、入れるわけです、いわば、自殺と同じということをいったものです。
スイスは、難病に苦しむ人は、自らの意思で、死を選ぶこと(自殺)を認めていると言うことですね。

日本でも治療拒否が可能な例は、最近、腎臓透析をやっていた患者が、前途に絶望して、腎臓透析を止めたいと医者に申し出て、医者は、止めたのですが、腎臓透析を止めて、あまりに、苦しいから、再度、腎臓透析を開始して欲しいと望んだのが、医者に、通じなくて、そのまま、死亡して、問題になりましたね。



by テリー (2019-06-07 22:52) 

ネオ・アッキー

okkoさんこんばんは。
この問題について、書きたいことは沢山ありますが、重いテーマですので、書くのは止めておきます。 痛みに耐えて、生きている人も多くいることだけは、お伝えしたいです。
by ネオ・アッキー (2019-06-07 23:44) 

okko

*テリーさん
まあ、広義に解釈する自殺ともチョット違うと思いますが、途中でやっぱり死にたくない気持ちになってしまったらば、時、すでに遅しですね。

治療拒否は認められているようですが、延命拒否はどうなんでしょう。
いずれにしても、難しい問題です。あの患者さんの状態では、意志が途中で変わることは無いと思いました。


*ネオ・アッキーさん
そうね、もう、止めましょう。深刻過ぎて耐えられなくなりましたから。
by okko (2019-06-09 10:35) 

ake_i

この記事にいろいろな意味で共感、感動しました。
ドラマは観ていませんが、お父様、そしてお食事のこと、なんだかうまく書けませんが今日お知り合いになることが出来て、このブログを読ませて頂き心がスッと安らかになりました。
ありがとうございます。
散らばったコメントをお許し下さい。
by ake_i (2019-06-21 20:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。