So-net無料ブログ作成

シベリア鉄道 [blog]



  大河ドラマ、今回はどうも低調なようである。

 
      それでも、癖になっているので、時間がくるとチャンネルを変える。


  遂にストックホルムに向けて、主人公が日本を離れ,シベリア鉄道の


     乗客となる。



  




     そこでワタシの頭の中で、スイッチが切り替わってしまった。


    74年前、4才になったばかりの自分が、母と2人でシベリア鉄道に揺られて



  モスクワまで旅した過去の世界に。



   敦賀からウラジオストックまでは、船だったが、黒煙を吐く列車に



  2週間も乗ることになるとは、夢にも思わなかっただろう。記憶曖昧。


   
      金栗君たちと違い、立派なコンパートメントに母と二人、訳も分からず


    「汽車に乗れる~~」嬉しさの方が先立っていたかも知れない。


      母が一緒なら、恐いものなし!  だが、その母が不安と疲れが出た


  のか、体調を崩し医師や看護婦が出入りし始めてからは、様子も


    一変・・・いや、記憶は頼りない。食事は運んでくれたが、


    口もきかない母の顔を見れば、不安は募るばかりだった。


  ウロウロと食堂車近辺を歩いてみたり。珍しい、日本人の子供が


   乗っている、というんで、異国人はニコニコ話かけてくれ、



  「オッコーシュカ」という名前まで付けられて、すっかり人気者。



 恐怖はなく、ニコニコを返してはいたが、「お母さま、早く治って~~」



   「スタカン チャイ」(お茶を下さい) 「スパシーボ」(有難う)


 蚊のなくような声で、看護婦さんと交わした唯一のロシア語は忘れない。


     元来、丈夫な母は28才、点滴も取れて恢復、好奇心旺盛な人だったから


   積極的に部屋を出て、身振り手振りで顔見知りを作っていった。


   もう、大丈夫!!! 車窓を流れるシベリヤ原野の風景を眺めたり、


 下手な絵を描いて急ごしらえのオバサン友達にあげたり、歌を歌ったり。


   母に似てかなり積極的に動き回っていたらしい。



     シベリア鉄道が全線開通したのは、1916年、薪や石炭で燃料補給のため、


   よく停車していた。父が待つモスクワに向かって、シベリア鉄道の旅は


    自分にとって、忘れようにも忘れられない一生の1ページを飾って


    くれた。      初海外旅行だった、とも言えるだろうか?



      金栗さんたちのシベリア鉄道編を見て、急に別世界に飛んでしまった


    日曜日の夜だった。 1-111.jpg                                                          
 

nice!(49)  コメント(36) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 49

コメント 36

Hide

こんばんは〜懐かしいお話をスパシーボ!
TVを観る事は出来ませんが、シベリアの文字を見るのは
久し振りです?只今、スタカン チャイを連呼してますが
ダメな様です・・・ご自分で何杯でもどうぞ〜><ハイッ
by Hide (2019-03-04 17:37) 

mimimomo

こんばんは^^
4歳の折の記憶、凄いですね~♪
シベリア鉄道に乗ってモスクワまで。まだ戦争は始まっていなかったのかしらね。
良き時代だったかしら。
by mimimomo (2019-03-04 18:13) 

斗夢

大河ドラマは一度も見たことがありません、連続ドラマは肌に合わない^^。
人生の幕開けに大変なドラマがあったんですね!
by 斗夢 (2019-03-04 20:22) 

Boss365

こんばんは。
大河ドラマ、テレビ全般を観ていないのでわかりませんが・・・
記憶力凄いですね。小生の場合、4歳?面倒を見てくれた・・・
「お婆ちゃんのお葬式」の事しか覚えていないです!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-03-04 20:34) 

kuwachan

まるでドラマのようなご経験をされたのですね。
今でも覚えていらっしゃるのは
やはり相当インパクトのあった出来事だったからでしょうね。
初の海外がシベリア鉄道とは凄いですね!
by kuwachan (2019-03-04 20:36) 

takenoko

え~!そんな経験をされているのですか。シベリア鉄道に乗ってモスクワに行った人は今はほとんどいないでしょう。
by takenoko (2019-03-04 20:52) 

OJJ

物凄い記憶力ですね~余ほど印象が鮮烈だったのでしょうネ。   アッシなんぞは♪♬シベリア鉄道長ければ→バさんの年は八十二→日本の→乃木さんが→以下略
by OJJ (2019-03-04 21:44) 

ゆうみ

4歳の時のことをこんなに鮮明に覚えてるなんてすばらしいです。
by ゆうみ (2019-03-04 22:36) 

Baldhead1010

初海外旅行にしては素晴らしすぎる旅でしたね。
今は飛行機ですが、エコノミーで行く旅は苦痛です。
by Baldhead1010 (2019-03-05 04:27) 

moonrabbit

小さい頃からokkoさんだったわけですね。(^^;
それにしても素晴らしい体験。
by moonrabbit (2019-03-05 05:25) 

oko

1年くらい前に「くまモン感謝祭」というイベントに行ったときに
金栗さんの話をやっていたんです・・・
そこで初めて知った名前です・・あ・・大河は見てないですが・・
by oko (2019-03-05 07:35) 

Rinko

4歳のokkoさん、可愛らしかったんでしょうね~^^
それにしても、あの時代にその様な経験なさっているとは!
by Rinko (2019-03-05 08:36) 

エンジェル

4歳の頃の事をよく記憶されていますね〜まるで私も一緒にシベリア鉄道に乗っているかのように楽しませて頂きました(*^-^)シベリア鉄道に乗ること自体昔も今も滅多に経験出来ない事だと思います。私も憧れていましたがもう無理かも・・・素敵な思い出話をありがとうございました♡
by エンジェル (2019-03-05 08:46) 

よーちゃん

おお!4歳で既にそんな衝撃的な出来事があったとはびっくりです!
そんな思い出を感じながらの大河ドラマなのですね。
by よーちゃん (2019-03-05 13:09) 

リュカ

すごい経験ですね(@o@
わたしのなかで「シベリア」はちょっと怖いイメージです(笑)

でも「オッコーシュカ」なんて名付けられて
その雰囲気、いいなーって思いました^^
by リュカ (2019-03-05 13:46) 

okko

*Hideさん
遅くなりました・・パジャールスタ(Please)
長い旅でしたねぇ、ではダスビダーニャ(goodbye) ってなところでご勘弁を。またのご利用お待ちしております。


*mimimomoさん
第一次世界大戦がはじまったのは、1914年??
とにかく、戦争はなく何となく、落ち着かない時代だったのでしょうね。


*斗夢さん
今回は特に評判悪いです。秀吉・信長・家康が絡まないと人気ないらしいですよ。これも癖ですね。
まさかの経験をさせて貰いました。


*Boss365さん
「おばあゃまのお葬式」がショッキングだったから、やっぱり覚えていらっしゃるんですね。記憶力じゃなくて、強い体験が残っているのだと思います。


*kuwachanさん
そうですよ、インパクトも、かなり強烈でしたからねぇ。
母が病気になったことで、ダブルパンチ!!


*takenokoさん
そうでもないらしいですよ、ジーゼル化されていて、1週間で乗り継ぎでロンドンまで行けるそうですから。鉄ちゃんにはたまらないでしょう。


*OJJさん
みなさん、仰るように変化が強烈過ぎた~~~。5・6・7歳辺りは全然記憶なし。次に訪れた強烈なインパクトは、東京大空襲と戦後の生活。もういやや、思い出すのも。


*ゆうみさん
お茶ばっかり飲んでいたのかなぁ。看護婦さん、優しいからビスケットぐらいはくれたと思うけど???笑


*Baldheadさん
言われてみれば、一種の海外旅行ですもんね。
もうあきまへん、エコノミーは・・・。引退します。


*moonrabbitさん
本名、ご存知でしょ?ホントに自分の名前、ちゃんと言えなかったんです。
オッ子としか・・・・長じて、大学生の頃、そんな話から「オツ」が通称になっちゃいました。ペとリューシュカってバレーありますよね。名前の語尾には付くらしいです。ラビシュコってどうですか?男性だからコで終わる・・ほんまかいな?


*okoさん
全然、知りませんでした。古いオリンピックでは「マエハタ、頑張れ!」
有名なラジオ放送しか知識ゼロ。だんだん、面白くなってきましたよ。


*Rinkoさん
オドオドしていたのでしょうね。
可愛いより、あちらさまには珍しかったんでしょう。


*エンジェルさん
これからは、ツアーも組めるんじゃないでしょうか?
オリンピック選手たちも、モスクワからストックホルムまで行ったんですから。バイカル湖に沿って走る列車、ステキな旅が出来そうよ。ぜひぜひ!!


*よーちゃん
実はワタシも初めはつまらなかったの。あのたけしの存在の意味が分からくて。だからボンヤリ見ていたらいきなりの展開でビックリよ。


*リュカさん
シベリア抑留、暗い話があるし、終戦後の北方領土の問題など、どうもロシアはよく分かりません。

ねぇ、名前まで・・・人間形成の上ではよい経験だったと思っています。
物おじしない性格は、この頃に種を撒かれたと思います。

帰国して一番いやだったのは??? トイレ! ボットントイレは最悪でしたねぇ~~。笑
by okko (2019-03-05 15:43) 

向日葵

なんともドラマチックですね。

なんて言ったら叱られちゃうかしら・・??
本人たちは命がけだったんですよね?

大変な海外旅行初体験になりましたね。

でも、とても貴重な素晴らしい初体験だったと思います。
by 向日葵 (2019-03-05 15:57) 

いろは

こんにちは^^
4歳でシベリア鉄道に乗られたのですね。
二週間も列車に揺られて、素晴らしい経験をなさいましたね♪
でもお母様が体調を崩された時はさぞ心細かったことでしょう。
okkoさんはお一人でよく海外旅行に行かれていたとか...
やはりこの頃の経験があるから出来たのでしょうかしらね。
by いろは (2019-03-05 16:33) 

ma2ma2

4歳で海外とは凄いですね!
シベリア鉄道は本当に何日も走るので凄いですね(^^)

by ma2ma2 (2019-03-05 17:05) 

okko

*向日葵さん
命がけは母の方だったようで、「落とし紙(トイレの紙)まで、山ほど持って行ったのよ」と、後になって笑いながら話してくれました。

この旅だけは、忘れられない一大事でした。


*いろはさん
母の体調がイマイチの数日間は、心細かったです。

物おじしない、積極的、好奇心の塊、などの性格はこの時代に育まれたのかも知れません。いまは有難いと思っています。


*ma2ma2さん」
2週間は長い旅でしたけど、忘れられない貴重な体験をさせてもらったと、いまは感謝しています。
by okko (2019-03-05 17:43) 

nikkin

満4歳で2週間のシベリヤ鉄道旅行!
お母様とご一緒ならば何も怖いことはありませんでしたね。
このような情操教育が豊富だったことから、今のokkoさんの
博学と行動力とが出来上がったのですね。
okkoさんの人格の基礎原型を作り上げることに役だった
シベリヤ鉄道に乾杯!
by nikkin (2019-03-05 18:09) 

お茶屋

「シベリア鉄道」と聞くと、真っ先に あの本のことを思い出します!
by お茶屋 (2019-03-05 19:15) 

さる1号

4歳で2週間のシベリヤ鉄道旅行@@)
大河ドラマよりドラマなような^^
by さる1号 (2019-03-06 06:12) 

koto

そういう経緯があってオッコさんなのですね。
そんなインパクトのある経験なら、幼くてもずっと覚えているでしょうね。







by koto (2019-03-06 10:40) 

なかちゃん

大河ドラマはやはり習性で見てしまいます。でも、ボクは今回のも好きですよ ^^
何日間もかけて汽車で旅行するなんて、今では考えられなくなりましたね。
昔は東京へ行くのに夜行寝台で行ったものですけどね。
トワイライトエクスプレスが無くなってから、夜行寝台に乗る機会も無くなってしまいました。
急がせるばかりの、イヤな世の中です(^^)

by なかちゃん (2019-03-06 12:55) 

okko

*nikkinさん
意識しないでも、こんな環境に追い込まれては人格形成の基礎となる年頃の体験が今の自分を作ったのかもしれません。
そう考えると、幼児を虐待するなんて、後でどんな影響が出るか、心配です。


*お茶屋さん
まだお手元にあるんですか~~!有難うございます。



*さる一号さん
そうですよね~~、あまり聞かない実話、オリンピックの表彰台を全く意識していない処は大違いだけど・・笑


*kotoさん
そういうこと。インパクト有りすぎよ~~。
日本語は全然、話せなくなっちゃって、祖父と祖母が大泣きしてた。
ワタシはトイレが怖くて堪らなかった・・・でもね、幼い時は覚えるのも忘れるのも早いです。小学校に入って、ほどなく日本語オンリーになってよかった!!


*なかちゃん
トワイライトエクスプレスもなくなっちゃったのね~~。

大人になってから、オリエント・エクスプレスでロンドンからベニスまで乗る機会があったけど、シャワー・トイレ付の個室、夜はサロンで歌を歌ったり、知らん人と談笑したり・・・夜行寝台車の醍醐味を味わうことができました。もっとのんびりしたいねぇ、そんなに急いで何処いくの?の時代になりました。
by okko (2019-03-06 15:48) 

Hide

良く分かりませんが、okko先輩お休みなさいです><
早寝・早起きで@@・・・早寝は無理かも・・・
by Hide (2019-03-06 22:30) 

ネオ・アッキー

okkoさんおはようございます。
シベリア鉄道にご乗車されて、お父様に赴任先のモスクワまで2週間の旅はokko様の原点ともいえる旅だったのではと感じました。
by ネオ・アッキー (2019-03-07 04:02) 

wildboar

幼い時の記憶が鮮明なのには驚きです。
戦後生まれの団塊世代としては、ゆとり教育時代の世代の人の感覚には驚きですが。okko様ら見るとわれわれ世代の感覚が異なって見えることでしょう。
by wildboar (2019-03-07 06:36) 

たいへー

子供のころは、電車は夢の乗り物でした。
規模が小さいローカル線でも十分堪能できましたよ。
by たいへー (2019-03-07 07:38) 

okko

*Hideさん
何のことか、こちらもよく分かりませんが、「おやすみなさい」ロシア語は「スパコイナイ ノーチ」だそうで・・じゃぁパカー(またね)
おかげさまで、ロシア語勉強になりました。くれぐれもバカーと仰らないように。笑


*ネオ・アッキーさん
今でも鮮明に覚えているってことは、記憶の原点かもしれませんね。
アッキーさんは4才のときの記憶、ありますか?


*Wildboreさん
ゆとり教育の現代っ子でも、先日の痛ましい親に虐待を受けた記憶などは、
終生忘れないでしょう。年はもう少し上でしたっけ?
でもねぇ、強烈すぎますよね。子どもの記憶、侮れませんね。


*たいへーさん
汽車の旅、楽しいですねぇ。あれ以来、何回、汽車旅行をしたことか、
終戦直後の買い出し列車は別の意味で強烈過ぎて覚えていますが、その他は
すべて忘れてしまいました。

ああ、何処かに行きたくなっちゃった~~!
by okko (2019-03-07 14:52) 

mayu

今年の大河ドラマ ちょっと見たけれど
続けて観る気がしませんね(>_<)
by mayu (2019-03-08 09:53) 

mayu

4歳のころのシベリア旅行
お母様の人生も波瀾万丈だったのですね(*´ω`*)
by mayu (2019-03-08 09:57) 

okko

*mayuさん
これから面白くなるんじゃありませんか??期待していますけど。

母にしてみれば「鬼が島へ行くような気持ちだった」とあとで言っていましたよ。
by okko (2019-03-08 16:43) 

ぼっこ

凄い経験でしたね。そうそうないのではと思います。
それに記憶力も凄いです\(^O^)/
by ぼっこ (2019-03-10 11:38) 

okko

*ぼっこさん
記憶力の問題じゃないと思いますよ。
あんまりショッキングな出来事だったので、覚えているんでしょう。
目的地は、ヘルシンキでした。不思議とその家の自分の部屋や、幼稚園でのことは、しっかり覚えています。
by okko (2019-03-10 16:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。