So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

飼い主離れ [日常、犬、時事問題、家族]


   「子離れ」するって、よく使う言葉ですね。

         話しは5年前に遡ります。

         15才の長寿を全うして逝った先代ポピー(ワタシのアイコン)

  もうこれで犬を飼うのはオシマイ、と決めたのに、相方は落ち着かない。


    「見るだけだけでも、いいから・・・」 とペットショップに。


       居たんですねぇ、ソックリさんが。 早速、家族会議開催。


    「俺たちの方が先に逝くのは決まっているけど、後を引き受けて

               貰えまいか?」

       親父の犬好きを承知の息子たち、このままでは、親父がおかしくなる、

      と察して、

   「ああ、何とかするよ、引き取るのは問題ないから・・・」


  
  かくして、家族の一員となったポピー2世。血統書をみれば、

     先代と父親の血が繋がっているので、ソックリさんは当然だった。

      相方は大袈裟に言えば、朝から晩まで、膝の上に乗せて大満足!


     そして、2年後にお先に失礼、とこの世にサヨナラ。

  ポピーと2人の生活になってしまいましたが、それがどれほど慰めに

     なったことか。ポピー相手のお喋りや散歩で、
  
   充分に心の空洞を埋めることが出来たのです。 

        ところが、

       相方を失った翌年の夏、部屋の敷物に足を取られて大腿骨骨折、


      手術の折に、乳癌まで見付かって、7,8月の入院生活を送る羽目に

      なってしまいました。  さて、どうする、ポピーよ。


       次男宅が引き受けてくれることになり、養子縁組成立。


       当方も退院後は、順調で恢復も早いと驚かれましたが、ウチの中に


       ポピーはいない、2階に長男夫婦が住んでいるとはいえ、1人ボッチ

   の生活に慣れるのには、かなり時間が掛かりました。


       次男は折りがあれば、ポピーを連れてきて呉れたり、呼んでくれたり。


       その度にポピーは、飛びついてきて膝の上。ベッタリ!!




       可笑しなもんですねぇ、犬でも現在、餌を貰い、散歩をしてくれる

       次男一家、特に2人の孫息子にベタ可愛がられているうちに、


       こちらへの関心が、消えることはないけれど、薄れていく。



       遊びに行っても、「あら、来たの?懐かしいね、元気にしている?」



    程度の反応の仕方に変り始めました。

  淋しいけれど、これでいいんだ、可愛がって貰って、ポピーは結果的


      に幸せになったのだから。


       飼い主離れを見事にやってみせたポピー・・でもね、

          元飼い主は、縫いぐるみが相手なんだよ。

     「しかし、よく躾けができているねぇ、コイツ」 よかった!


         1-1.jpg

  一緒に食事をしても、絶対に欲しがらない、でも、スマホカメラでも

      撮ろうとすると、プイッ!と横を向いてしまうカメラ嫌いまでは

  躾けられませんでした。


       ママも君が来るのを、お墓の中でパパと先代ポピーと待って居るからね。

     可愛がって貰うんだよ。
     

nice!(2)  コメント(0) 

日本語は難しい


    50代の数年、日本語教師をしていたことがある。

  
         いろはのいの字も分からないゼロの生徒が殆どだった。


        授業中は日本語だけ、動作を教えるのには、絵を見せたり、自分で


   飛んだり、跳ねたりして見せなければならなかったから、かなり体力


  消耗の仕事だったが、それでも、遣り甲斐はあった。



         ある日のこと、面白い生徒の個人レッスンを学院側から頼まれた。


       若い女性である。開口一番、「よろしくお願い申し上げます」ドキッ!



       「ワタクシ、普通の日本語を話したいのでございます。


         アメリカの大学では、日本語は敬語が難しいと申しまして、敬語を


        主体に教えて頂いたので、普通に皆さまが話しておられるような


   言葉がよく理解出来ません。ですから、とても困っております」


       ゼロからの日本語ならまだしも、これにはこちらも困った。


         確かに日本語は敬語があるから、時と場合の判断が付きにくい。


     古い話だから、(30年以上前)以前に話題に取り上げられたかも


      知れない。


      なぜ、今、また敬語かといえば、最近のN〇Kアナウンサーの言葉が


      耳に引っかかったからである。


      「天皇・皇后両陛下は、退位報告にのぞむため伊勢神宮に詣でられた。


       両陛下は、〇時に伊勢神宮に到着し、三種の神器を奉納されて参拝し、


   ・・・・特別列車で戻るご予定です」  なんかおかしいでしょう?


      ゴチャマゼなんです、敬語と一般語が。いともスラスラと。


      無理もない、敬語という分類が別にあるのは日本語だけ、と言っても


     いいでしょう。敬語も、尊敬語、謙譲語・丁寧語と使い分け、日本人は


      特に年配になれば、自然に出てくるけれど、


    「次のコンサートでは、○○を歌わせていただくことになっております」


    も、ちょっとおかしい。英語ならばMay I・・・・?などでおおかた


     誤魔化せる?けれど。 本当に日本語って難しいですねぇ。


   397.JPG

   ハナミズキが咲きました。白もピンクも青空に映えて美しいですねぇ。


 6-1.jpg
   

nice!(44)  コメント(3) 

のんびり過ぎて・・



     たま~にノンビリはいいけれど、毎日ノンビリはこれも困る。


       話し相手なし、出掛ける用事なし、懐淋しいし・・・


       活きのいいネタなんて、大嘘もいいところの昨今。


         それでも、時は流れていつの間にやら桜のシーズンも終わり。


      いや、昨日は特にノンビリ過ぎたので、猫の額の庭の様子でも


           まあ、活きはいいか、新芽は生き生きしているし。


   IMG_0632.JPG
    ウズベキスタンの一休さん、ホジャ爺さん、まだ元気!

  IMG_0634.JPG
    昔ながらの火鉢ではメダカがス~~イ、ス~~イ!


  IMG_0637.JPG

        キバナホトトギスの新芽は、もうこんなに育ちました。



      1-3.jpg相変わらず大賑わい


  IMG_0619.JPG

    今ごろ来たって、遅いんだよ~~。くやしい~~!!


          さて、今日もこれからのんびり、刺繍でもやりますか。
 
         独り身は、気ままなれども、淋しさをひしひしと感じることも

         あるのです。


  ( 写真の修正もしないで、最低の投稿でした。)

nice!(50)  コメント(36) 

一部、公開ね。 [blog]


   3・4回前、2月に「遺品」という本を取り上げた記事をアップ


        しました。断捨離いう言葉にあまり好感が持てず、趣味で

      
         集めた物は、人が泣こうが笑おうが、死ぬまでそのままに・・・


        主義です。後は残された者に任せれば・・、勝手にしておくれです。



         2-12.jpg
               今日は一部、公開です。


    
  IMG_0516.JPG


          この赤い棚、何だかお分かりでしょうか?


   上の部分を見て下さい、抽斗の取っ手、ご覧になれますか?


   活字を分類整理して置く抽斗だったのです。壊れたので駄目もとで


         青空市場に売りに出したのでしょう。


       ドイツ住まいだった時、ラインの河原でときどき開かれる青空市場


       で入手。白木で汚れ放題をタダみたいな値段で買って、自分で


       赤いペンキを三度、重ねて塗りました。シンナー中毒になるかと


       おもいましたよ。


          海外、特にヨーロッパを旅された方はご存知でしょうが、


      その土地の名前が入った、小さな水差しなどを売っていました。


       ナポリとかカプリとかポジターノとか・・最近は見なくなりましたけど。


     丹念に買い集めたはいいけれど、置く場所に困っていた時でしたから


      飛びつきました。


      それからは、旅に出ないでも、街の中にある小物やで陶器の小さな


     動物を一個300円程度で求め、棚を一杯にする日を楽しみました。


      完全なる立派な収集癖、家を改造したときも、この棚だけは超頑丈


     に取り付けてもらったので、地震4度くらいでも、何一つ落ちません


      でした。


       「一部」と書きましたが、後はまた次回・・・・いや、これで充分


   です。


        愛着の強い物たち、断捨離だ、身仕舞いだなどと言わないで、大切


      に取っておきましょう。それは懐かしい思い出にも繋がるのですから。



       相変わらずのピンボケ写真、ご容赦ください。




nice!(47)  コメント(33) 

遅まきながら・・・



   行ってきました、1人花見。


       もうそろそろ、お終いですね。
 
        場所は最寄りの駅から3つ目、洗足池。

  
   勿体なくも、日蓮上人さまが、おみ足をお洗いなさったので、


       この名前ついたそうです。



      IMG_0604.JPG


     1-2.jpg



      桜も見頃でしたが、ワタシの目には、柳の新芽が新鮮でした。


     IMG_0596.JPG



     IMG_0602.JPG


     ここは、日蓮様ともう一つ、ゆかりの場所でもあるのです。


     1-3.jpg


       勝 海舟の別邸があり、西郷さんが訪れ、無血開城が実現したとか、


      当時、この辺りには池以外に何も目立つものはなかったでしょう。

  
  近々、記念館が建てられるそうです。




       桜はみなさま、素晴らしいお写真をご披露されているのでお粗末。



      青いシート、お花見には付き物ですが、何故青いのか、これまた

     いろいろ面白いお話しが出てきて・・・・



         そろそろ桜さんともお別れのシーズンです。みなさまも楽しまれた

    ことでしょう。
 

nice!(43)  コメント(32) 

永久欠判


  51番は永久欠番になりました。


      こちらの場合は、永久欠判です。陶芸を始めて8年近く、


      基礎から教えて頂いて作ったお皿、茶碗、丼は数知れず。今や

      1人暮らしになってしまうと、必要はありません。

     車も返上したし、出来上がったモノを見てくれる相棒もいなくなり・で


  1-1.jpg判子返上することに。


     どの作品にも、どこか目立たぬところに必ず押す作者印です。


           1-2.jpg


    「最近は陶芸じゃなくて、造形になってきたわね」先生ニコニコ。


      人形の目に通じるかも知れませんが、目の表情が楽しくて。


      burogu.jpg

      「おい、一杯、呑んでいけや」

       「呑みたいのはやまやまだけど、カアチャンがこわい」


        1-4.jpg

         「いい子だね~~」「オカアサン、遊んで~~~」


    1-5.jpg

           亀の親子は、以前、お目を汚したかと思います。


        ワタシたち夫婦と一緒のお墓に入る2匹の犬は、もうとっくに


        仕上がっています。

    
        黒い土を捏ねるのも、削るのも、年寄りの目には辛くなってきました。

       人生、終末に近くなってから始めた趣味、未練は残れどオサラバです。

   
   まだ、窯の中には、ウサギが2匹、焼きあがるのを待って居ます。

        さ~~~て、次は何をやろうかな?・・もう止めて置きなさい

                    クシュン!!!!


nice!(53)  コメント(38) 

人形は好きですか?

  

   暖かいある日、創作人形の展示会を見に行った。


       まこと、世間には手先の器用な方が多いものだ。

  
         1-1.jpg


     場内撮影禁止なので・・・・。


   こんな感じの人形が数体、並んでいた。


       人形は当然ながら、物言わぬ。何を考えているのだろう。


   しばらく、眺めているうちに妙な不安感を覚えた。



       そうか、だ。 数十体の人形はみな美しく着飾り、艶やかである。


       しかし、何を考えているのか、その優しげな表情も、


   目を見ているうちに、さまざまに解釈して取れた。


            その笑顔は??? 妖しくさえも見える。


       目は口ほどになんとやら、日常生活でも話相手の目の表情がどれほど



       おおきな意味を持っているか、初対面でも目を合わせないようにする、


      目が泳いでいる人には好感が持てない。


  人形の目からはそれが判断できない、怪しげな笑顔にまで見えてくる。


      ただそれだけの話ではあったけれども・・・・


       会場を後に、生きたナマの目に囲まれて何故か安堵感を覚えた


      不思議な人形展観賞のひとときだった。



      誤解を招かぬように・・どれも細かな手の込んだお人形さんたちだった!


 
             1-1.jpg

  これは、幼い時から80年ちかく、まだ大切にしている抱き人形。


      気心はかなり知れています。????       

nice!(48)  コメント(30) 

朝の風景など


    イチロー君、引退。お疲れ様でした。


     だいぶ前のことですが、ペプシだったかな、とにかく飲料水のキャップに


     期限付きでこんなのがあったのです。振り切るまでの3本、飲むのは


  違う人で買っておきました。「今に値がでるぞ」息子の言葉を信じて



      1-11.jpgどんなもんでしょ?



        朝、7時半、表に出るとまず目に付くのがスズメの斥候。



        1-9.jpg

    まだ出てないけど、もうすぐだぞ~~~!!


           聞きつけてやってきました、ありゃ、何時の間にか曇っちゃった。


            1-1.jpg


    10羽は並びます。それにしても、どうです、電線の込み具合!!


        ハイハイ、分かりましたよ・・・で、こうなるわけ。



             1-3.jpg

            これは玄関先です。以前、庭に餌場をつくったときは、


            1-10.jpg

          こんな姿も見られたのに・・ネズミの出現で場所を変えました。


        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  kuwachanさんが、綺麗に撮っておられた多摩川沿いの桜、


     毎年、必ず最初に開く数本があるんです。今は逝ってしまった2人の


    親友一家と必ずお花見、プラスティック製のロケット上げたり、


    懐かしい思い出の桜です。


      せめて見るだけ、息子に車で通過してもらいました。


      道が狭いので、降りて写真をとるわけにもいかず・・車窓から。


   IMG_0546 (2).JPG
         ゴチャマゼブログでした。
   

           
    

nice!(47)  コメント(26) 

やっと、分かってきたぞ~。


      テレビのニュースって、こうもひつこく、何回も同じことを繰り返し

      報道していましたっけねぇ。


     口に出して言ってしまいます。「もう、分かりました、結構です」って。


     日々、変わったこともなく・・・嬉しいニュースは上の孫息子が


   無事に大学の卒業式を迎えたことぐらいです。あのチビ君が晴れて


     社会人!  感慨無量です。


        もう一つ、嬉しいと言えば、今年初めてこの方の姿。


     2-8.jpg

   珍しくもないでしょうが、画像修正ソフトを何とか自分で操作できる


     ようになったこと。(フォトハイウェイは使い勝手がよかったなぁ)


     な~んだ、そんなことかい、とお笑い下さい。年寄りにとっては、

 
     やったぜ~ッ!だったのですから。 いつも言うように、カメラ音痴、


  日々、難しくなる操作にあと4年で90才のバアサンはいい脳トレを


    いたしましたとさ。まだまだ、挑戦します。     

nice!(52)  コメント(33) 

この押し売りも勘弁!

 IMG_0542.JPG
           おはようさん! 今日もいい天気だねえ、



     気温の上下が激しい毎日が続いている。


     週末のあるポカポカ日和、


    「アウトレットに行くけど、一緒にどう?」


     はい、喜んで。 成田空港に近い酒々水に新しいアウトレットが出来


     たとか、帰国する観光客目当てだったようだが、実際は閑散としている。


    1980年代、アメリカで生まれたショッピングセンター、高級ブランド


     用品を低価格で複合で集めたショッピング・センターのことを


     こう呼ぶようになったらしいが、なるほど、あるある、縁はないけど


     耳にする有名ブランド店が軒を並べて。


  IMG_0533.JPG



  IMG_0532.JPG


    孫娘が一緒では、ママとの買い物はキリがない。


   承知でついて来たのだからと、お日様ポカポカの椅子で日なたぼっこ。



     その丸テーブルには、先客の若いご夫婦が。決まり文句の


    「いいお天気ですねぇ~」で始まった会話。ワンちゃんご同伴なので


     話題はそちらにも振られたり・・・他愛ないお喋り。


     そのうちに、奥方の方が名刺を手に、隣の席に移ってきた。何ごと?


      「信仰はおもちですか?」「いいえ、特に・・・」


       「わたくし共、このマークにありますナンヤラ教の教えをご説明

          して回っているんです。興味をお持ちでしたらお話しを・・・」


     ちょっと待ってよ~、ここはアウトレット、場違いじゃないですか?


     口にこそ出しませんでしたが、無言で拒否。


     運よく息子が戻ってきて、相手もバツ悪そうに偽のニコニコ顔で


     立ち去って行った。


      当家の近所でも、男女合わせて2・3人のグループが、新興宗教の


  売り込みに来ることがある。経験のある方もいらっしゃることだろう。


 
  アポ詐欺よりはいいとしても、はなはだ迷惑。



      (ここで、ピンポ~ン。なんとエホバがどうのこうののお話しを

   させて頂きたくて伺いました・・これホントの話、ああ、驚いた!)


      インターホンで顔も見ずに断ったのは言うまでもない。




        せっかく、いい気分で娘たちが戻って来るのを待って居たのに~~!


     やけ買いの戦利品!

 IMG_0534.JPG

   時と場所を心得て・・・当然のことが出来ない人、不愉快である。

  
    画像修正ソフトの具合が悪いので、下手なデカ写真、ご勘弁ください。もうなおりましたので、次回
    はちゃんと整理いたします)
     


     


    

nice!(44)  コメント(32) 
前の10件 | -