So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

北欧の旅 [海外旅行]


 ストックホルムに別れを告げて、空路ノルウエーはベルゲンへ。


  あまり馴染みのない街ですが、作曲家グリークの生地だそうです。


 この街の一角にあるブリッケン地区は、ベルゲン旧市街の倉庫群。


 海に面して木造の倉庫が。奥行深く、道細く・・それでも1979年に


 世界遺産として登録されています。小雨は降るし、1枚だけ。


IMG_0666 (1).JPG

   何となく魚河岸の場外市場みたいな感じの場所で、それぞれに昼食。


 それから150キロ、バスに揺られてフィヨルドに面したホテルに到着。


  IMG_0814.JPG

  ここで2連泊は嬉しい。

 
  船の次は?????



   IMG_E0562.JPG

 ヴオスから、ベルゲン鉄道で、ミュールダール、そこでフロム鉄道に


 乗り換えて(忙しいこっちゃ!)フロムに。


 IMG_0571.JPG

  ガラス戸越しに、手を振っている場合ではない、自分もそれに


  乗るのよ~~。



    あれ?途中駅で止まってしまいました。乗客も全員降りる!

  
  妖精の滝を見物する~~? 妖精が出るそうです。ほんまかいな?


    IMG_0567.JPG

            木立の中から現れました、妖精さんです。


           IMG_0570.JPG

  滝の迫力は、凄まじいく美しかったけれど、「妖精」って言われても


  ねぇ。心の中では、もっと幻想的なライトの効果などを期待していた


  のです。あの方、間隔は空いているでしょうけど、列車が来る度に


  妖精役、時給幾らなんだろう?? 1人、下らないことを考えて・・



    フロムで下車して、いよいよこの旅の目玉、フィヨルド遊覧です。


  世界最長・最深のソグネフィヨルド約2時間。


  世界遺産ネーロイフョルドも部分的に。フィヨルドって、なに?


 簡単にいえば、北極の氷山が溶けて流れて、海水を押し退けて陸地に


 流れ込んだ溜池のようなもの?かな。


 じゃあ、少しショッパイし、魚もいるんでしょうねぇ?


    詳しくお調べになりたい方は、是非、教えてください。


 IMG_0575.JPG

  それでは、ゆるりと参りましょう。

 

 ガラス越しは面白くない、デッキに出ます、小雨強風だけれど・・・

 IMG_0591.JPG


 IMG_0660 (1).JPG


  IMG_0589.JPG


   墨絵のような幽玄の世界です。悟りを開かねば~~!


   IMG_0661 (3).JPG

       約2時間、強風も気にならず、ただただ自然の美に酔いしれました。

   IMG_0596.JPG


      IMG_0597.JPG


       滝があちこちから・・雨が多い今の時期、この滝もフィヨルド観光


  に興を添えるものとか。

    
   帰路に就く道端で・・・


    IMG_0627.JPG
  フィヨルドに面したホテルで、今日みる夢はどんな夢かなぁ~~


   (妖精さんは出てこないでね) 終わり。
       


  

nice!(21)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧の旅 [海外旅行]

  「北欧の旅」と言っても、ハッキリとしないので旅程表を掲載します。

     
     IMG_0844.JPG
  充分に満足感を味わったヘルシンキでしたが、次の目的地はスエーデン。

  船中で一泊。バルト海を渡りストックホルムへ。中型船だろうな~


         それが大間違い。


   IMG_0763.JPG


   IMG_0765.JPG

 目を疑うような大型客船。部屋はそれぞれ10階の海側。

   客室です。シャワーしかなかったものの、これで充分です。

 IMG_0766.JPG


   煙突でニコニコ笑っているのは?   アザラシかラッコか?

  海を渡ってくる風は心地よく、デッキに出て沈む夕陽を拝みました。


 IMG_0767.JPG



  バルトはドイツ語(wald)で森を意味しますが、森の多い国々に囲まれて


  いるから、こんな名前が付いたのかな? 1人勝手に想像したり。


  夕食は日本でもお馴染みのスモーガースボード(バイキング料理)


  波もなく、心地よい眠りにつきました。

      ストックホルムと言えば??ノーベル賞。


         IMG_0781.JPG


       記念晩餐会が行われる市庁舎、見学。



 IMG_0778.JPG



 IMG_0779.JPG

 
  IMG_0780.JPG

    バロック風なこの大広間で、晩餐会が開かれるそうです。

   自分が文系なせいか、川端康成さんの「美しき国ニッポン」は


   今でも忘れません。その後、大江健三郎さんが受賞されましたが、


   あれは不評をかったことを記憶しています。視野の狭い日本、


   みたいなことを、確か言われたと思います。

 
   IMG_0786.JPG

 ノーベル館なる建物のある下町のガムラスタン広場。

 ノーベル館で「ノーベルチョコ」


 と受付に言うと、無料で入れてくれ、数名がチョコを買っていましたが、

 当方、一緒に紛れ込んで、トイレを無料で拝借してまいりました。


  そうそう、忘れていました。ロンドンの衛兵交代は有名ですが、


   偶然にも出会うことができたのです。



 IMG_E0551.JPG

  午後は自由行動。ここでヘルシンキで旧宅と再会できたと同じ、


   ステキな再会があったのです。この広場から別れる道沿いに、知人


   が彫金と宝石などを扱うお店があり、オーナーと15年振りに会いたい


  という仲間と2人、番地捜して無事に再会出来たではありませんか!



    そのお仲間も同じく身障者だったので、元気な仲間と自由時間


  を別行動で過していたのです。

  
  IMG_0665.JPG

  
  IMG_0737.JPG
   土産物屋を冷やかし半分覗いたり・・・


   ストックホルムの夜も静かに暮れていきました。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ところで、海外旅行をされた方も大勢いらっしゃると思いますが、


  困ったことはなんですか?  私の場合はトイレとお金。


  ウオッシュレットに慣れ切った毎日の生活には、トイレがねぇ~。


  それと通貨。フィンランドはユーロ、オーケーですが、スエーデン

  
  はクロー、これが同じようなのにノルウエーではクロー


  最後の国、ノルウェーでは物価は高いし、食事の飲み物は自前で支払う


  ので、まだ先の話ですが、夕食時のビール一杯吞むにも苦労しました。

  添乗員に泣きついて、円を5000円、交換出来て

       ビールも呑めましたけど・・ヤレヤレ!!


 

nice!(41)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

北欧の旅 [海外旅行]



  ご無沙汰いたしました。

  以前、シベリア鉄道の記事をアップした時に、幼少期をフィンランドは

  ヘルシンキで暮らした経験があることを書いた記憶があります。

     当時住んでいた家が、今も残っている、確かめてみたい気持ちが一杯。

  そんな目に飛び込んできたのが、「優雅にめぐる夏の北欧3か国」

  という旅行社の文字。 ヘルシンキでは自由時間がある、

 
   早速問い合わせてみると、
  「参加者は15名さまで、平均70代の方が殆どでございます」

  
  これならば、大丈夫だろうと申し込み。8日出発の1週間、1人旅。

   ご夫婦でもダメな、面識もないどうしの1人参加という意味。



      果たして、古い家と再会出来るでしょうか??

  IMG_0833.JPG


  フィンランド航空で10時間、やっぱりすぐに出ましたね、鮭さんが。


   11-5.jpg



     ヘルシンキの象徴のような大聖堂は健在でした。

   IMG_0750.JPG

   鮮明に覚えていました。

   IMG_0755.JPG

  
    IMG_0756.JPG

  鮮やかなさまざまのベリー、色彩に目を奪われます。どれも美味しい!

 
      黄色いのはキノコです。

      フィンランドを代表する作曲家といえば、シベリュウス

   「フィンランディア」「カレリア組曲」などなど有名ですね。


  IMG_0734.JPG



  IMG_0757.JPG

  3人の鍛冶屋の像も、健在。茶色い建物ストックマンはオモチャ売り場の


   匂いを今でも覚えている老舗のデパートですが、周囲に店が増えて


 以前ほどの存在感はなくなりました。(自分が小さかったから??)


   観光終わり、待ちに待った自由時間!!


   タクシーで1人も心細い、地元添乗員さんが付いてきてくれると言う。


 白樺の並木道を走ること15分あまり。ありました~~~!!!


  IMG_E0522.JPG

  番地も正確、何故か急に涙が止まらなくなって・・・・

      添乗員さんも貰い涙 「よかったですね~~!」

  この一帯は、大使館が多い地域で外交官の住居が殆ど。壁も高く、
  正面からは制限が出来て入れない、ドライバーの言葉に納得。


        でも、近くに公園などなかったのに、周囲の雰囲気はかなり変わって


  いました。はい、充分です。何回か修理も重ねているでしょう、


   80数年前の話ですから・・・充分に満足して帰路につきました。


      この旅のメインは、フィヨルドを巡る、なのに初日からこんなに感動


   していいんでしょうか????


    (例によって、カメラ音痴ゆえ、画像は少ないです)ゴメンナサイ


nice!(48)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

I Love Deepinpact


    40年ぶりメジャーで優勝した渋野日向子さん、ご立派でした。


    でもこのニュースは、なんと悲しかったことか!


      ディープインパクトの死。それも安楽死とは!


     競馬ファンではないけれど、ディープが走る時は必ず見ていた。


     後方から攻めて、最終、外枠から一気にスピードを上げて、追い抜く


     さまは、観ていて本当にスカッ!とした。


       先日、特別放送で過去を振り返っていたが、何故か涙が・・・


    兎に角、やんちゃ坊主のように走りたくて堪らない馬だった。夏を


   北海道で過ごしていた頃、引退したディープの顔を見に行った。


    小柄で優しい目、調教師の適切な訓練もあり、抑える所は我慢すること


   も覚えたという。頭もよかったんだろうなぁ。


     ロンシャンなどに出場しなくてもよかったのに。あらぬ疑いをかけらて。


      引退してからは、種馬として静かに一生を終えて貰いたかった。

 
      何だか淋しいのは、自分1人だろうか?


         くすぐった~い!.jpg 

  

  IMG_7294.JPG

nice!(47)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

ペット、命!!



  梅雨も全国的に明けました。猛暑の連日、来年の心配をしても、

      鬼が笑うだけ、なるようになるでしょう。


      ところで、バナーでキョロキョロ、皆さまの記事やお写真を拝見

  していて気がついたのは、ペットを飼っていらっしゃる方が多いこと。


      犬が絶えたことのない当家、これまで6匹を見送りました。

     
       何処へ行くにも一緒で、彼のいない生活は考えられませんでした。


      ペットロスも問題になった時期がありましたが、最近はペット同伴


      オーケーのレストラン、宿も増えました。躾さえしっかりしていれば、


      殆どの場所に同伴出来るようになりました。で、最近、目についたのが


        「ペット同伴できる有料老人ホーム」


  健康を損なわれて、入所した方もペット同伴が許可されて、認知症


     が改善された、歩行困難な方が歩けるようになった、食欲が出たetc,

   プラス効果が認められる結果が出たからだそうです。


  昨年の大病のため、次男宅に養子に出したポピーがいない今の生活、


  だいぶ慣れてきましたが、外出から帰った時は、必ず大きな声で


  「ピーちゃん、ただいま~~!」


       ペットと言ってもさまざま、老人ホームに蛇やトカゲ、インコは


       無理でしょうか。プラス効果が実現するといいですね。
 
 洋服買ってもらった.jpg
   ボク、もうすっかり慣れたよ。ときどき、顔出すからね。
  

nice!(47)  コメント(36) 
共通テーマ:日記・雑感

苦・悲・喜・楽の日々。 [日常、犬、時事問題、家族]

 
 1)苦の巻

    19日、朝、味噌汁だけ、昼食抜き、水は口に入れて吐き出す。

            一年置きのCTと、美味しい胃カメラ検査。最悪の!!

      もう胃を三分の二切除して8年経ち、つい先日のレントゲンと

            血液検査では、100%オーケーが出たのになんで~~~??

    律儀で真面目な先生、どうしても10年は胃カメラ検査に固執、

          それが19日でった。ヘトヘトで帰宅、ビールは呑めないし[もうやだ~(悲しい顔)]


      2) 悲の巻

            時の流れは速い。亡夫の三回忌を迎えた。

            元気な時から、「俺、マッコウ臭いの嫌だから、死んでも仏壇

            とか毎朝、線香とか止めてくれな」が口癖だったので、

     広くて明るい窓を背にした出窓に、写真と故人の腕時計、ゴルフ

           ボールなど思い出の品を置いてあるだけ。

    三回忌ともなれば、そうもいかず、お墓の前でお坊様の有難い

           読経と焼香etc、型通りに済ませた。何故か毎朝「おはよう!」

            水を代えていただけの日常と違う雰囲気にのまれてか、自然に

            久々の涙が流れた。さまざまな思い出が一度に吹き出して・・

    これを、「鬼の目にも涙」という。


    3)喜の巻

            21日は、長男の還暦誕生日。何やら仕掛けがあるらしく、


    「こうこうなんですけど、言わないでくださいね」口にチャック。


    短パンに汗じみたTシャツ姿が気になる。こじんまりとした

    
    イタ飯屋に入って驚きましたね~~、総勢30名ほどが一斉に


         「還暦おめでとう!!」 盛大な歓迎の拍手。


           これには流石に驚いた。いとこ達はもとより、学校時代の友人、


     知人、知らぬ顔も多く・・・という賑やかさだった。


           還暦かぁ~~、よくぞ真っ直ぐに育ってくれたものと、嬉しいやら


           感謝の気持ちに溢れた。アレンジしてくれた義娘にも感謝!!

 
  4)楽の日

             3日間続いた変化に富み過ぎた時間、人生いろいろあるけれど、

            これの積み重ねで、最後の日を迎えることが出来そうである。


       いやいや、お疲れさま、自分! 明日はまた病院なので、珍しく


        火曜日アップになりました。胃カメラだけは思いだしたくない!!


   IMG_1071.jpg
    みなさま、お元気で。
    
    

nice!(44)  コメント(31) 
共通テーマ:日記・雑感

お帰りなさ~~い! [日常、犬、時事問題、家族]



   natuzora.jpg
      ラブレター送ってから、1週間、気を持たせた青空さん、


           何故かくれていたの~~?
   
   ようやく、戻って来ました。そうなると今度は暑い!


        人間、我儘なもんですけど、今日のこの青空はいつもより輝いて


         有難く感じました。汗をかいたのは何日振りでしょう。

   滅入っていた気分もようやく晴れて、短い一文、


         青空の美しさに魅入った1日でした。


         今日のビールは美味しいぞ~~~!

nice!(38)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

お顔が見たいです!!! [日常、犬、時事問題、家族]



     関東地方の今年6.7月の日照時間は、例年に比べて11パーセントとか、

     梅雨だから仕方がない、と言うけれど、梅雨の晴れ間の言葉も

   何処かに行ってしまったように、毎日の曇天!

      飽きました、気分まで落ち込みます。

  
      1人住まいはいいとして、「洗濯物が~~~~!」の悲鳴があちこちで。


  思わぬメリットを受けたのが、セルフラウンドリーとか。


       農作物への影響も心配され、ねじ曲がったキュウリを手に、農家の


      ご主人が嘆く、それでも、市場に出さないわけにはいかない。


      オテントさま、そろそろ青い空を背景にお姿を見せて下さい。


      婆はアナタに恋い焦がれております。(⋈◍>◡<◍)。✧♡


    2007初日の出.jpg
    さて、今夜は錦織とフェデラー、楽しいような恐いようなです。
    

nice!(45)  コメント(34) 
共通テーマ:日記・雑感

あれから1年


  1年前の今日、ベットの中、身動き出来ない、看護婦さんのなすがまま。

     昨日、手術が終わったばかり。

     部屋で転んで、仙骨骨折、それがまさか、命を拾う結果に終わるとは。


   全身麻酔をかけたとき、麻酔科の先生が乳癌を発見。


     骨折の方は、脱臼で人工骨を入れる意外と簡単なものだったが、


      問題は乳癌。乳腺科のない病院だったので、即手術が可能な病院


     を探して下さって、仙骨の恢復、リハビリの様子をみて転院だった。


  幸い、リンパ腺に転移していない初期段階だったので、全摘で済んだ。



  「災い転じて福となす」じゃなくて、自分の意志に関係なく


     「災い転じて福になった」わけです。


      あの時、転ばなかったら、乳癌も発見出来ず、そのまま呑気に暮らして


     自覚症状が出て来ていたとしたら、もうアウト!!


  ブログなど書いていられない、悶え苦しんでいるか、この世から


   消えていたでしょう。


      通算、2か月近い入院生活を送った。


      「拾った命」だ、大切にしなければならない、帰宅してから数週間の


     ことは、もう記憶が薄れているが、脚の恢復が早かったおかげか、

   
      人の手も借りないで、思ったよりも早く1人で暮らせるようになった。


  息子たちが、居間にベットを入れてくれたので、キッチン付差額ベット


     代ゼロの高級個人病室で暮らしているようなもの。

 
      介護保険4度まで頂いたが、ケアマネさんが驚くほどの恢復の早さで


     今月末の切り替えでは多分「要支援」になるだろう。


     冗談口で「もう、早く死んじゃいたいわ~」と言っていたのが、


       思いがけず拾った命ほど大切なものは、今の自分にはない。


    6月30日に転んで、7月2日に手術をして・・・・


   7月は厄月と決めた。次はもうない。


        とは言っても、お部屋の中での転倒、増えているそうです。

              ご用心なさってください。


     1-1.jpg

        生きている、っていいなぁ~~! 

   

    

nice!(50)  コメント(43) 
共通テーマ:日記・雑感

インスタ映え


  撮り鉄チャンと呼ばれる人たちがいる。

      線路にまで立ち入って、危険を顧みず、注意しても動く気配なし。


     スマホが普及して、インスタグラムという写真を主にしたSNSが


 人気を呼んだ。文章も殆どない。「綺麗な写真を撮って載せたい」


    であるから、「何を食べたか」まで撮って載せる。


    インスタグラムではなくても、FBにも今日、これを食べたとご報告が

 
 がある。


       言われてみれば、ブログにも、ご丁寧に箸を付ける前のご馳走を


     大写しで投稿されている方をときどき見かけるようになった。


  インスタグラムも思わぬ所にまで影響を及ぼしているようだ。


      うっとりと感服するような写真一筋の方は、ごく一部になってしまった


     ような気がするのは、自分だけだろうか?



      話しが逸れたが、レストランほか、食事処もインスタ映えするような

 
     料理を創作したり、盛り付けに気を配るよになったという。


   本末転倒ではないか。スマホカメラは手軽で、性能もよくなったからかも


      知れぬが、撮り鉄サンをはじめ、有名人が帰国した時の空港の


   人の群れには目をそらしたくなる。対皇室にしても同じこと。


       多くの良識あるカメラマンの数が減少した気がしてならない。


      門外漢の自分には分からないが、レンズを幾つも付け、三脚を


      ズラリと公園などで鉄砲隊整列!風に道を塞がれるのも困る。


      「インスタ映え」などという新語が出来るほど、


         「一億総カメラマン時代」になってしまったようだ。


        カワセミ.jpg

         このカワセミを撮るために並んだ鉄砲隊、何人いたことか。

        ブレててもいいんだ、デジカメで隙間から、パチリ!    

nice!(49)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -