So-net無料ブログ作成
検索選択

まさかのまさか、晴天の霹靂


  内輪ばなしです。

    ジイさまが脳梗塞を患ったのは、10年近く前。

    以来、血をサラサラにするお薬を服用して、体調改善。

    86才という、年なりの体力の低下はありましたが、異常もなく元気になりました。

    打ち身をしたときによく出る、赤い痣のようなものが、身体の

    あちこち、特に足に出始めたのは3か月ほど前からです。

    消えたり出たり・・・血液検査は、特に異常もなく、全く考えもしなかった!


 
   それでも、定期的な検査も兼ねて、血液を調べに行くと、


   「え~~、なんだこれは! 凄いことになっている、即入院してください」


    薬が効き過ぎて、血がサラサラになり過ぎてしまい、あちこちに血の塊が

    出て来ていたようです。


    観察入院、4・5日ということだったのです。モチロン、その時は普通にしゃべり、

    車も運転して行ったわけですから、普通の状態でした。


    2人共、軽く考えていました。当人を置いて、身の回り品などあれこれと

  揃えて取って返すと・・・・・・・点滴打たれながら眠っておりました。


    夕方、病院から電話 「状態が急変したので、至急きてください」只ならぬ声。

    息子2人家族と駆けつけると、脳内出血を起こしたので、血の塊を

    取り出す手術が必要、想像できない事態がまっていました。



    ひとけのない待合室で、待つこと4時間半近く、朝のジイさまは何処に消えた?

    酸素マスクをつけ、色艶はよいものの、呼びかけにも応じない、意識不明。


  レントゲン写真で、丁寧に説明して下さったところによると、

   手術は無事に終わったけれども、いつこのまま息を引き取ってもおかしくない、


     例え、成功したとしても、意識の混濁は戻らないかもしれない、

   「つまり、植物人間になるっていうことですか?」 「それより、先ず命ですよ!」

    なんて非情な現実なんでしょう、涙も出ませんでした。


     病院ミスが増えています、それとクレーマーも。

    でも、ここは脳梗塞以来、ズ~ッと血液関係でお世話になっている病院。

   ジイサマの体質、年齢、それに 伴うさまざまな状況が、1度に出たのでしょう。



     昨日も顔は見てきました。相変わらず目も開けません。

     幾分、改善はされているものの、合併症も考慮にいれないとならないので、

    来週末までは、予断を許さないとのこと。充分な説明を聞いて納得しました。

    2人きりで生活していると、笑う、怒るの相手がいない、淋しいものですね~。

     2階の長男家族、近隣に住む次男家族に感謝の毎日です。


   「オフクロ、入院以来、オヤジの部屋の窓の下で、真っ黒いネコが毎晩、

     寝てるぜ。黒猫が凶と考えるのは、イタリアだけで、ドイツ・イギリス・日本

     じゃ吉の象徴なんだってさ」  こんな一言にも、勇気を貰っています。



            popiy.jpg

                おとうさ~ん、早く治って、帰ってきて~~!


     時間は有り余れど、出掛けることも出来ず、間隔の空くブログになると

    思いますが、お見捨てなく、よろしく繋がっていてくださ~~い。


     息子が話していた黒猫ちゃんです。勝手にヤマトちゃんと命名しました。


    1-6.jpg
        一度も見たことのないネコちゃんです。
    

nice!(31)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

手は2本しかないし。



     将棋の藤井クンが、快挙を成し遂げたので、それに選挙を絡めて書いた

     寸劇風ブログです。選挙が主役ではありません。



    「都議会選も、いよいよ終盤戦にはいりますねぇ、お宅はどうですか?」

   「みなさん、あの手この手を使っての選挙戦、ここで手抜きは出来ないんです」

   「詰めが甘すぎるんじゃないんですか?」

   「そうなんです。あれこれ、手は打っているんですけど、どうも後手後手に

     まわってしまうんでねぇ」

 
  「まあ、諦めないで最後まで攻め続けてください!」

   「アリガトウ! でも、もう打つ手はないような・・・・お手上げですわ」

   「選挙はやっぱり、先手必勝ですな」



    藤井クンは凄い。 あれぐらい熟考して掛からなければ、選挙には

    勝てるわけ、ないでしょう。  「負けました」が目に見えています。



      中国をはじめ東洋では、将棋が違う形で行われているそうで、門外漢は

   初めて知りました。「手」という言葉をよく使いますが「手が早い」「手っ取り早い」

    「手が後ろに回る」は、モチロンちがいますよねぇ、^^


  kaito.jpg   脚も使えるといいなぁ~~

   

nice!(37)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

ぶらぶら日が過ぎる


      いわゆる[家庭の主婦」のお仕事とは?

      大きく分けて、掃除・洗濯・食事の支度。

      今昔、比較してみれば、昔・・・つまり、婆の若い頃・・・は、全て手作業。

     (洗濯機だけは助けてくれたけど、竹竿にまでは干してくれない)


    ところが今は、掃除は掃除機・・ルンバ君なんていうのが出てくれば、

       勝手自由にゴミを探して食べて呉れる。


      食事の支度? まっとうに手を下さずに済ませようと思えば、便利な

      冷凍食品は頼まなくても、サトイモの皮まで剥いてあるし、お惣菜も選び放題。


    これが全ての主婦に当てはまる、などとは思っておりません。


    が、最近驚いたのは、主婦のコインランドリー使用率が異常に高くなって

     いるというニュース。  洗濯・乾燥が終わるまで、コーヒー飲んで、ゆっくり

     おしゃべり、などというコーナーがあるのまで、出現したらしい。


     言われなくても先に言いますよ、「働く女性が増えたから仕方ないでしょ!」


     ホントに働かなくちゃならない女性が、どれほどいるんでしょ。
     (柳眉、逆立てて怒られそう~~)


   生活水準、あがったしなぁ~~~。


     もういいでしょう、卒業しても? ブラブラしながら1日を送っても?

     後は夕飯の支度だけ。



      1-3.jpg

               時計の針に追われる生活、卒業します。

     

     
   

nice!(38)  コメント(27) 
共通テーマ:日記・雑感

生まれ変わり??

 
 この国の首都の長は、外国語を使うのがお好きなようです。

  新聞の投稿欄に、80代の女性が築地市場問題について、

   「ここはアウフヘーベンが必要」という発言に仰天、ヘーゲルの言葉だそうで、

   偉いですね、調べられたそうです。 頭がクラクラしましたって。

   今、これを書いている80代もクラクラッ!


    これはどうですか? 「輪廻転生」 生まれ変わることですよね。

   死後の世界から、違う形で再びこの世に生まれ変わる、但し、人は人、

   犬は犬、それぞれ同種のものに生まれ変わるそうです。よろしければ。

   https://matome.naver.jp/odai/2141224619196643001


     2015年10月、キューバ旅行から帰って来た翌日に、難病を患っていた

      ポピーが息をひきとりました。

     なにが引き寄せたのかは分かりませんが、犬がいない生活が淋しくて

      ポピーを買ったお店に、犬の顔みたさに出掛けました。


     アッ!と思わず声を出してしまいそうになったのは、瓜二つの、生まれて2か月
  のシーズー犬がチョコチョコ、歩きまわっているではありませんか!


     亡くなった前ポピーが生まれたのは2002年9月10日、このチビは

      2015年9月11日、輪廻転生とは言えませんが、生年月日が1日違い、

      その上、父親が同じ血を受け継いでいる!と言われればもう決まりです。


     サイドバーにも写真はありますが、2年過ぎたいま、性格から仕草まで

     あまりにも似ているので、つい、書きたくなってしまいました。



          1-6.jpg

                1人で、骨壺に入ってワタシたちを待っています。
  
               ペットと一緒に入れるお墓を買ってあるので、再会も近いでしょう。


              1-3.jpg
 
                     ボクのまつ毛も長いんだよ~~~。


       ワタシたちより長生きするのは当然ですが、次男一家が引き取って

       育ててくれることになっているので、安心。オツムの良さといい、

      仕草といい、(オヤバカを承知で)亡くなったポピーの生まれ変わりに

      違いない!信じて溺愛しております、というアホ記事でした。


     1-4.jpg


        出番ですね、アガパンサス。

      空梅雨、真夏のような暑さ、ご自愛くださいませ。
 

nice!(31)  コメント(31) 
共通テーマ:日記・雑感

女性は強いね~!


  前記事では、出産という女性の大役について書きました。

    女性がどんな形であれ、あの苦痛と忍耐を乗り切るのは、強くなければできま

    せん。

    それは兎も角、最近の国会での、女性議員の凄まじい与党攻撃の口調!

    如何なものかと、女性が見ていても驚く、というか恥ずかしくなるばかり。


    ・・・・・で、また話は飛びますが、某男性俳優、未成年の女性になんやらで、

    役者人生もお先は真っ暗。(個人的には好感度かなり高い)

    ところが、17才になる通称被害者女性、「半グレ集団」という聞き慣れない

    ワルだったようで。週刊誌の広告から得た新語。


 
    17才といえば、来年からは選挙権がある=もう大人なんですよ。

    大体、あの事件を耳にしたとき、17にもなってその気になったら逃げられる

    のに、おかしいねぇ~、でした。そうしたら、損害賠償に500万円請求して

    来たとか。 さすがに却下されましたが、計算づくで相手をワルモノにする

    某俳優、まんまと引っ掛かって、まだ若いのに、気の毒にもなってきました。

 
    最近は女性の知能犯も増えていますね。

  男性諸氏、くれぐれもご用心召されますように。 親心記事でした。
 
   
            アザミの花茎.jpg

                                                                                             

   

nice!(36)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

名医とは??


   60年近く昔の話である。

   巨大な逆子をお腹の中に抱えて、臨月を迎えていた。

   大きな病院もなく、近所の産婦人科の町医者のお世話になっていた。

    「医院」という風情ではなく、普通のしもたや風医院で、およそ目立った存在

   ではなかった。



     いよいよ、という時がきたのは、暑い7月の夕暮れどきだった。

   エッチラ・オッチラ、母に付き添われて医院の門を叩いた。


     「今日はもう遅いし、アタシも一杯、やっちゃったし・・・・

    明日の朝、1番に帝王切開でいきましょう。 大丈夫だから身体をやすめて」


    病室・・・といっても、畳敷きに布団が敷いてあるだけ・・・電灯も薄暗い。

    この辺りはいくら説明しても、現代の人には理解できないだろう。


     さすがに手術室は設備が整っていた。(現代に比べれば劣るだろうが)


    「最初から全身麻酔を打ってしまうと、赤ちゃんに影響するから、まず部分麻酔で。

     生まれたらすぐに眠れるようにするからね、我慢して」


    はいはい、何でも御意のままに・・・・。 まな板の上の心境だった。

     部分麻酔の腹部を、ス~~~ッとメスが走る感覚、ボンッ!

    何かが飛び出して・・・・それっきり、意識がなくなった。


      「坊ちゃんだったよ、盲腸も腫れていたから、ついでに取っておきました」


     ニコニコ顔の先生、ボンッ!は子どもが飛び出した音で、看護婦さんが、

     ナイスキャッチ!!!


      畳敷きの病室に戻ると、運ばれてきた食事、これが奥さまお手製の、心の

     籠ったご馳走ばかり、そういえば、中年の奥さま、手術の間もずっと私の手

     を握っていてくださいましたっけ。


      後は、抜糸まで授乳時間に息子を抱いて、ご馳走頂いて、なんとも心地よい

     初出産経験を味わったのである。



      こんな経験談を書いて見たくなったのも、先日、帝王切開で母子共に死亡した

      という信じられない話を新聞で知ったからだ。

      医療は、設備の良さや体裁ではない。
    
     医師の腕にすべてが掛かっていると信じている。人柄も大切だ。
  
     何とも、お気の毒な出来事に言葉を失う。


      ボンッ!と大音響?とともに飛び出してきた長男も、58才になった。

      感無量である。




     梅雨というのに、今日も晴天。 多摩川台公園を散歩してきました。


     1-9.jpg

     遠くに見えるビル群は武蔵小杉。この高台公園からは、古墳が発掘されて

     資料館も整っているが、以前、ブログにアップしたことがあるので、省きます。


    1-7.jpg


    1-3.jpg



    1-6.jpg

  
   お馴染みの花の間を抜けると、水場があって幼稚園児たちが竿を持って


     1-10.jpg

    何をとっているの?  ザリガニで~す・・まあ、無理でしょうなぁ。

    1-1.jpg


     1-2.jpg


     天候定まりません、ご自愛ください。
 

nice!(37)  コメント(34) 
共通テーマ:日記・雑感

好きなフレーズ



      1-1.jpg


       今年も咲きました、フェイジョアの花


    
       1-2.jpg

          秋になるとこんな実がなるそうです。 Feijoa03s.jpg


       南米産で血糖値を下げたりできるとか・・・


        http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/Feijoa.htm


     話題が急に飛びますが、 お友達は多いほうですか?


     友だちなんかいらない、孤独を愛する方は別ですが、このフレーズがとても

      好きです。


       1-3.jpg

                   「新しき友を作ろう、

                      古き友は失わずに、

                      新しき友は銀、古き友は金」


      ブログのお陰で、「新しき友」が考えていた以上に増えました。

      すでに「古き友」の関係になっている友人もいます。付き合いはブログを

      始めた十余年前からになりますから。 (お顔は知らなくても)

      嬉しいことです。  会える範囲内に住んでいる若い友人に声を掛けて貰って、
 
     食事やお喋りを共にしていると、 瞬時、年を忘れて若返った気持ちになるもの。

      最近はフェイス・ブックでのお付き合いも増えました。

      後期も後半に入ると、もはや年老いた友人は先に逝ってしまったり、病気

     勝ちで、会う機会は皆無です。つい最近も親友に先立たれました。


      ゴールド友の入れ替え激しきこの頃です。


        友だち、大切に致しましょう!!

 

 

nice!(39)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

3億年前って言われてもね~~


   かなりお見苦しいと思いますが、先ず新聞から・・・・


      1-7.jpg


      ご覧になった方もいらっしゃるとおもいますが、掘削調査の件はよしとして、


       地球という天体、3億年前は、「パンゲア」というのが唯一の

       陸地だったそうです。 それが2億年前にマントル対流の結果、分裂を

       始めて、現在の形になった。


        ニュージーランドの海底には、ジーランディアという大陸が沈んでいる、


        グリーンランドとほぼ同じ大きさで、元はといえば、オーストラリアから

        分裂してできた大陸だそうで。


        日本という小国は、どう見てもユーラシア大陸から分裂したもので、

        ジグゾーパズル風に見ると、ピッタリです。


        第七大陸の掘削調査に日本も参加することになった、という趣旨の

        単純な記事なんですが、3億年前がそうなら、3億年先は地球は海

        だけの天体になるのでしょうか???


         億単位の、とてつもない数字に、大ロマンを感じてしまいました。


        一方で、日本近海では海底爆発が続いているらしいし・・・・・


         さあ、3億年先の地球はどうなっているんでしょう??

          想像してみるのも楽しい、大雨の昼下がりでした。


       前記事にチラっと写っていた我が部屋の前の坪庭です。

       キバナホトトギスもの葉も茂り、開花が楽しみです。

     1-3.jpg
                                                                    
    今日から6月、ヘッダーも梅雨様式に衣替えしました。ご自愛ください。
  
                                                                                           

nice!(31) 
共通テーマ:日記・雑感

束の間の静けさ


    前々記事の騒がしさ、昨日、一段落つきました。



     1-2.jpg


    毎日、朝から夕方まで、重機が2台入っての大音響。 窓を閉めて耐えるのみ。


    昨日、ようやく片がつきました。


     1-7.jpg

      作業員は全員、トルコ人。

      「ゴメンナサイネ~~、ウルサカッタネ~~」 と言われては、

   「いえいえ、お疲れさま~」と返すしかない。


        さあ、これで更地になりました。 束の間の静けさ、新しい家の建築工事

     が始まります。折角なので、決して見られない当家を1枚、パチリ。


      1-3.jpg

       一階、 一番左奥の部屋が我が城であります。

        あんまり迫ってこないでね~、が今の願いです。


        騒音を避けて、いつもの公園に息抜きに行きました。


        1-9.jpg


              色とりどりの花が満開・・(スマホカメラです)


       1-11.jpg



           1-13.jpg


               池から上がって、餌をあさっているメス鴨サン。


          1-10.jpg

               遊ぼうよ、お嬢ちゃん・・・[揺れるハート]    やだ~~ッ!

       雄鴨サンは??やっぱり、女の子を追いかけるのね~~。[パンチ]

     
             騒音を忘れて、静かなひとときを過ごしました。 

nice!(37)  コメント(28) 
共通テーマ:日記・雑感

時代劇と西部劇


     最近の夜のテレビ番組、あまりにも魅力がない。

     時代劇を楽しむことが殆どである。


 
     なぜ、時代劇は息が長いのだろう?

     それは、野村胡堂、司馬遼太郎、池波正太郎など御大作家が先達を務め、

     現代では、佐伯泰英,和田竜、宮部みゆき等が後を受け継いで、名作を

     世に送り出しているからではないだろうか。


     しっかりとした作品があれば、映像化はさして困難ではない。


     時代劇なんて無縁の存在という視聴者がいてもおかしくはないが、翻って

     古い時代を取り上げて、一世を風靡した西部劇はどうなってしまったのだろう。



     いつの間にか、映画の世界からも姿を消してしまったようである。

     その原因として、西部開拓時代を脚本化した作品が殆どで、基礎となる

     小説が皆無に近いというのも1つに考えられないだろうか?


     「西部」がもはや無いアメリカ、ならばと、映画製作者も宇宙に目を向けて、

     闘う相手を宇宙人にむけたのだろう。もはや空想映画の領域に入って

     しまった。最後の数作をマカロニウエスタンに託して・・・・・。


     そう言えば、最近、古い西部劇を集めたDVD版の宣伝広告が新聞を

      賑わせているようだ。 


      私のように古い人間は、得体の知れない金属化した宇宙人よりも、

   血の通った人間のお話の方が、例え血生臭くても共感できるのだが。



       1-2.jpg

          俺もそう思うぜ~~~、昔はよかったよなぁ。

    

nice!(32)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感