So-net無料ブログ作成

平均寿命の差


   急に冷えて来て、衣類の入れ替えに午前中が潰れた。

      ジイさまのあの抽斗がまだ、空いていたはずだ、
靴下はあそこに入れよう、

      と抽斗引っ張り出して、ビックリ!!

      なんと、現役時代のポケット版手帳が、40冊ちかく収まっていた。

      50年、会社人間を勤め上げたその日々の記録がビッシリと書いてある。


      世間一般、平均寿命が延びはしたが、男性の方がいつも短い。

      手帳を繰りながら、理由が何となく理解できたような気がした。



       農家の現実は知らない。だが、都会のサラリーマン、特にジイさまが働いて

     いた頃の日本の産業は、どんな職種にしろ登り坂の真っ最中。


     その仕事が半端でなかったことを、手帳を繰りながら身にしみた。

     会議、打ち合わせ、面会、出張、残業、夜の付き合い・・・・

     それは凄まじい時間との闘いだったんだなぁ、読み進むうちにこちらが

     くたびれてしまった。



      当時のサラリーマンの妻は、家にいて子育て、旧式な掃除・洗濯・買い物に

     明け暮れてはいたが、 自分のペースで適当に手抜きも出来たし、時間などに

     追われなかった。 そのツケが、平均寿命の差に出ているのではなかろうか?



     これからは、働く女性ばかりだから、男女の平均寿命の差も縮むかもしれない。


    律儀に仕舞い込んでいた膨大な手帳を繰りながら、

    企業戦士は大袈裟だけれども、ジイさまの現役時代の多忙さに、開いた口が

    塞がらなかった・・・・・というそれだけの話。

     こんな憶測は間違っているでしょうか?


      お疲れさまでした、オト~サン!!

nice!(32)  コメント(28) 
共通テーマ:日記・雑感

これ買っちゃった!

  あれよれよと、日が過ぎる。

    まだ、お線香をあげに来て下さる方がいたりして、感謝・感謝の毎日です。


   
   これ、買っちゃいました。


       1-5.jpg


       終戦直後、ピアノもないのに、他所のお宅のピアノをお借りして練習して

       いたのですが、それもいつのまにか諦めざるをえなくなりました。  


       音楽を聴くのは好きですけど、自分で音を出すモノを触るのも好き。

       エレクトーンにのめり込みの時代もありました。

       最後はフルートでしたけど、肺活量の問題でもうダメと分かって諦め。



      ジイがいなくなって、空間が増えた、ヨシ、この際、思い切って昔に帰ろうと、

      WEBで探して見たら、中古ピアノのいいのを発見。


      運搬費用も無料、5年間保証付き・・・で今朝、持ってきてくれました。

      年のせいで、鍵盤がいささか重く感じられるけれど、

       初心に戻って、懐かしい練習曲。 ♬♪


       忘れていないもんですね~、 気分的にゆとりが出来そうです。


       オット、お値段ね、椅子その他部品合計で、23万円でした。


       あと何年、遊べるかは?マークです。 



     1-7.jpg

      当家の門番、不審な者は通しませぬぞ。

nice!(32)  コメント(37) 
共通テーマ:日記・雑感

隣の芝生・・・?


   あらま、1週間も間があいてしまった、    シマッタ!!


     風もすっかり秋を感じさせるようになりました。 

      1人暮らしにも慣れて、淋しいとは感じることもなく、元気に暮らしています。

       
      歯科に言われました。

      「喋るということは、とても舌を使っているんですよ、寡黙でいると、舌が不精をし 

  て痰がたまりやすい、= 誤嚥しやすくなる」 って言われてもねぇ、

     
   これではいかんと、近所の仲良し3人組でランチをしたり、ワンを相手に

      ミサイル問題を論じたり??? 不精になったのも確かですけれど、

      相変わらずのマイペースで、日が過ぎています。


      1-6.jpg

       お隣の仲良しさんの庭の、紫ホトトギスが次々、満開!

    
      毎年、菜っ葉みたいに葉ばかり茂る当家の大切な黄花ホトトギスは、例年通り。


      ところが、ようやく見つけました。


     1-5.jpg

         よかった、奥手ながら、花芽を見つけました。

         「今に見ていろ、ボクだって!」 

        「月が替わったら、満開になってくれるよね」 

      1-9.jpg

        「蜂も連れてくるから」  「待っているからね」  花にも話掛けています。


     不精になったのは確かですが、朝、起きれば掃除・洗濯 etc.

      食欲は旺盛ですし、陶芸教室にも通っています。

               バアちゃんは元気です・・・近況報告ブログでした。

   (あの事件以来、ブログ恐怖症になったことは確かです)
      

      

nice!(33)  コメント(36) 
共通テーマ:日記・雑感

面会交流?


    また新しい言葉。

       まさか、キングの王様と、金のお兄ちゃんが話し合いに応じたとか~??

      
        そうは簡単にいかないでしょう。  でも、これ、法律上、立派に通用する

        用語だそうですから、知らぬは自分だけだったのかも。

       https://www.riconhiroba.com/children/acceptance-rights-divorce.html


   
つまり、離婚した夫婦が、期間を決めて子どもと面会、または面倒を見ること、


   だったのです。 



       事件が起こったので、テレビで流したのでしょう。


      久し振りに再会した父親が娘を殺害して、自分も自殺をした、という事件です。


        世の移り変わり、もはや、無駄な抵抗は致しません。

       
        しかし、これは許せません。  安易に結婚するな! 子供をつくるな!


        どんな経緯があるにせよ、子供を犠牲にするのは、許されることでは

    
         ない!  断言します。 こんな法律があるとは知りませんでした。



      1-6.jpg


                         1-5.jpg

 
                   曼珠沙華も、怒り狂ってしまいました。

        ゆっくり台風、3連休も台無しになってしまわれた方が多いかと。

        お見舞い申し上げます。

nice!(33)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感

奇怪な出来事


    ブログを書く気力が、次第に衰えてきているのを感じます。


     ネタ、云々ではなくて・・・・ドカンと思い掛けない出来事に唖然として

     書くのが恐くなった、という方が適切かもしれません。


       もしも、何処の誰とも分からぬ人が、アナタのパスワードを使って、勝手に

     記事を書いたり、マイページを開いたりされる・・なんてこと、想像できますか?


     7月中旬から、それは始まりました。


      ソネの安心サポートに相談。 パスワードはモチロン、変えましたよ。

     ソネさんは

    「2週間ほど、記事をお書きにならなかったら、きっと相手も止めるでしょう」

       「相手の人の端末ナンバーも分かっているんですから、そちらから

         調べてくださいよ」   

        「いや、取り敢えず投稿を休んでみてください」 頼りない答え。

        「分かりました、1か月、休みます」

        「いや、そんなに休まれなくても・・・・・・」 要領をえないなぁ、


      都合よく・・・というか、ジイの症状が重くなり、結局は、1か月、ブログどころの


     余裕もなかったのですが~~~~~


      ソネさんからの、マメなメールを毎日、チェック。

       結果、最初に言われたように、パッタリ、偽物は消えました。

      でも、勝手にマイページを開かれていると、料金にも影響は出ますし。



      こんな奇奇怪怪なハナシ、聞かれたことありますか?

       ワタシのブログ書く積極的な気持ちが、失せたのは確かです。

      みなさまも、ご用心を。


 
       1-6.jpg

        巨大な煙突から、噴き上げた不安な煙!! 9・11を思い出しました。


         パスワード、ときどき、変えて下さいね。

nice!(43)  コメント(36) 
共通テーマ:日記・雑感

狭くなったり、広くなったり



     いい気持ちで昼寝をしていたら、いきなり物凄いドリルの音!

 
     いよいよ、始まったか~~~!!


      1-6.jpg

      以前、取り壊しの時、青いカーテンで遮られて目の前、真っ青な記事を

     アップしてから4か月余、  いよいよ始まりました。


      1-7.jpg



       どんな家が建つのか、束の間、開けていた目の前の空間が、

       手前の我が家の塀まで、迫ってくるのでしょうか、また、青い幕で視界が

       ゼロになる・・・・・憂鬱だけど、仕方がないかッ!

       都会に住むものの宿命です。



      一方、こちら広くなりました。

      狭い2DKの家でも、主がいなくなって1人になれば、なんと広々したことか。



    1-5.jpg

    棚の辺りにあったベットは、右ドアの向こうにあるジジの部屋に移動。


     ポピー~~~!と呼ぶ声が反響するほど、我が城は広くなりました。

     犬の運動会が出来そうです。

      生活のペースも取戻しつつあります。 何か熱中できるもの、探さなくちゃ。

      どなたか、ヒント下さいませんか??お願いします。


     秋も深まりつつあります。ご自愛ください。


   
     1-1.jpg オワリ。

nice!(42)  コメント(35) 
共通テーマ:日記・雑感

これは開発なの?



    新聞の投稿欄から。

   「友人と待ち合わせをしていたが、現れないので電話連絡をしようと

      思ったが、公衆電話が見当たらない。携帯電話をすべての高齢者が

      持っているわけではなし、どうして公衆電話をこんなにまでなくして

      しまったのか。 改札口も、普通の切符で通れる数が激変した。

    高齢者は外出するな、と言われているようで不愉快である」


       自分もあまり外出しないので、スイカで通れる改札口が殆どなのには

    驚いた経験がある。


     ところで、ペッパー君という小型ロボット、最近有名になってきた。無題.png


      何気にYoutubeで眺めていたら「ロボシャーマン」というのに出くわした。

      ロボットの顔に故人の写真をお面にして被せ、49日の間、故人の口癖やら声を

   聞かせ、身振りまでさせるというもの。 新しい死や弔いの形を開発中とか。


       https://www.youtube.com/watch?v=_kpxzUo2Z0I


       話相手になってくれたり、モノを運んだりしてくれるなら、高齢者にも便利に

       使えるだろうが、これはあまりにも悪趣味ではないだろうか。

       これをもって、ロボットの先端技術の開発と呼べるのだろうか。


       葬儀社によっては、遺骨でペンダントを作ったり・・・もあるらしい。

       幼くして子を亡くされたかたならまだしも、遺骨をオモチャにするのは

       如何なものだろう。昭和一桁には、受け入れられない。
    今日から9月ですねぇ~、寒暖の差が激しい季節、ご自愛ください。
    

nice!(37)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

忘れられたかな~~?



      ご無沙汰いたしました。

       悲しみに暮れているヒマもないほど、書類上の手続きもろもろに追われて

       おりました。    パソコンを開く気持ちの余裕もないままに。


  
       昨日、49日の法要も終り、一区切りつきましたので、再開をきめました。



       ところで、一緒に残された愛犬ポピー、霊感に近いものがあるのでしょうか、


      ヒマさえあれば、赤ちゃんの指しゃぶりと同じような行動を取るようになりました。



           1-6.jpg


         ジイサマの椅子に座っては、ひたすら、指をしゃぶっているのです。


         1-4.jpg


          真っ赤ッカ!!!  心配になって医師に相談。


        「ああ、今がピークですねぇ、オトウサンのこと忘れられなくて。

     こういう行動は感じているんですよ。舐めていても怒らないでやって

          下さい。いい子だね、って褒めてやって。そのうちおさまりますから」


         数編前の記事で、予約を取り消せない旅行に出た時、前のポピーは

          重症の血液病でした。その時の先生の言葉、

        「ダイジョウブ、待ってますよ、この子は・・・」


        その言葉とおり、シッポを振って「お帰り~~~」 してくれ、安心したのか

        翌日、ワタシの腕の中で息を引き取りました。  不思議です。


       1人暮らしのOLが、帰宅して玄関で突然死。可愛がっていたネコが、

        翌日、ご実家で原因不明の死。お母様はダブルショック、という身近かな

       話も聞きました。  理屈では説明できない「ナニカ」があるのです。


      この世は神秘にみちていますねぇ。


             1-7.jpg ボク、つまんない!  



     これからも、駄文を続けたいと思います。よろしくお付き合いくださいませ。

nice!(42)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

悲しみよりも感謝!


      あれから1週間余、月も8月に変わりました。

 
       人間ひとり亡くなると、後の事務処理が大変なことをつくづくと痛感

    しております。 老いた頭は混乱するばかりですが、息子たち夫婦が

        手際よく片付けてくれているのが何よりの救いです。


         おかしいとお思いでしょうが、今の私は「悲しみ」よりも、ジイサマに対して

         「感謝」の気持ちの方が強いのです。

         あのまま、意識が回復せず、寝たきりになってしまったら・・・退院出来た

         としても、それに続く老々介護を考えると、ストレスは増すばかりでした。

          ケアマネさんが来て下さるでしょうが、夜は殆ど眠れないという体験談
 
         も耳に入り、食も細る思いで3週間を過ごしていました。


        「そんな辛い思いはさせないよ」 無口でも優しかったジイさまの声が

        聞こえてくるような気がして、感謝あるのみで手を合わせています。


        自分もかくありたい、苦痛も意識もなく、アッサリと別れを告げられるよう、

         すでに病い持ちの我が身、天命を待つばかりです。


       
       1-6.jpg

        我が家は、頂いたお花で百花繚乱、心なごみます。 

nice!(40)  コメント(36) 
共通テーマ:日記・雑感

空の彼方へ・・・・


      前記事には、たくさんの励ましのお言葉、有り難うございました。

 
      相変わらず眠り続けること3週間、全体的には恢復の方向に向かっていたの

      ですが、手術からちょうど3週間目の22日、急に息が浅くなり、人工呼吸の

       限界も過ぎて、夕刻、心不全のため、逝去いたしました。

    痛みも苦しみも感じることのない最後だったことが、せめてもの救いです。



      身内だけのこじんまりとした通夜・告別式も無事に終り、壺に収まって

       一昨日、帰宅いたしました。


      ジジババ、2人いても、会話も限られてしまいますが、隣に座っていた人が

      いなくなる、というのは淋しいもの、実感しております


    10月に出産予定の曾孫の顔を見せてやれなかったのが、心残りです。


      外地勤務が多かった飛行機ヤのジイさま、沢山の護衛機に守られて


       きっと無事に空の彼方に到着したことでしょう。


   1-6.jpg


       ご声援、お励まし、本当に有り難うございました。


      ( 皆様方のブログへの訪問、少し遅れると思いますが、お許しくださいませ)


nice!(38) 
共通テーマ:日記・雑感