So-net無料ブログ作成
日常、犬、時事問題、家族 ブログトップ
前の10件 | -

どのチャンネルを見ても・・・ [日常、犬、時事問題、家族]

    ようやく、SNS問題の影が薄くなったと思ったら、

     今度はこれですかい!  大相撲モンゴル場所。

     潔く謝罪した日馬富士はともかく、周囲の話がバラバラで
   
   何が何だかわけの分からん話ばかり。
   日本の相撲道も地に落ちた感じがして、観戦する気も失せました。

   双葉山、羽黒山、照国時代に育ったあのワクワク感よ、今、いずこ???


   もういいでしょ、軽く流してくださいよ、マスコミ諸氏!


         1-5.jpg


                     寒いですねぇ、ご自愛ください。


   

nice!(24)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

もう懲りました [日常、犬、時事問題、家族]



      前回は失礼をば。  パッドからの記事投稿、出来ないことはないけれど、

       文字が小さくて、目がシパシパ・・・・・もう止~~めたっと!


       早すぎるという説もあったが、11日に無事、納骨も済みました。

              一区切りついたわけです。

       もうこの年では働く場所もなし、これが自分に与えられた運命と、素直に

       受け入れて、家族の気遣いに甘え、マイ・ペースで暮らして行くとするか!



       今日はシトシト雨、

       SNSの問題で、9人もの犠牲者がでる猟奇的な事件、もう聞くのも

       ご勘弁だが、FBにしろ、ブログにしろ、会ったこともない人と仲良く会話を

       楽しんでいるわけだから、SNSと言えなくもない。

        使う側の責任、相手を見極める能力が、現代の若者には欠けている

       ような気がしてならない。   ブツブツ言ってないで・・・・


     
        1-5.jpg

             そうそう、こういう日は、ポピーの方がお利口。


       1-3.jpg



                1-7.jpg


                 ぶっ飛び茶碗で、お茶でも頂きましょうかね。     

nice!(37)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

昨今、巷に流行るもの [日常、犬、時事問題、家族]


   今を去ること20年近く前、アンコールワット見学にいきました。

 
      カンボジアからヴェトナムに戻り、ハノイの市場で始めて口にした生春巻きと

      フォー。どちらにも、初めて口にする香草が・・苦味でなし、辛くもなし、ただ、

       香りがかなり強く感じられた、それがパクチーとの出会いでした。

    1-1.jpg

 
      日本では、まだお馴染みではなく、むしろ

       「この香りだけは、我慢できない!」 嫌う人の方が多かったと思います。


     それが、なんと、なんと、年末のテレビで見る必要もないくらい、最近は

     大の人気者にのし上がりましたから、さあ、お立合い!


      1-2.jpg



       1-5.jpg

   
      ヴェトナム人もビックリでしょう、

     大きなお口を開けて、パクチー(香菜)を頬張る若い女性の映像もありました。


     うん? 口当たりよく、品種改良したのかな?

    
      1-11.jpg

           こんなのも、市販されています。 

 
       ヴェトナムの代表的な麺、フォーを注文するとき、

        「パクチーは要らない」とか、「少な目に」と言っていた客が目立ったのに・・


     食べ物に貪欲な我が同胞、何時のまにか苦手パクチーも征服して

     しまったようです。  アナタはお好きですか?


       先日、久々に馴染みのヴェトナム料理屋に行って、フォーを注文、

    いつものように 「パクチー、少し多めにね」

     「最近、パクチー、タクサンいう人が増えて、品薄になっちゃったから、ダメね」


    ヴェトナム人のウエイトレスにやんわりと断られてしまいました。


      さあ、いつまで続くんでしょ、この流行は。

     ピコ太郎サンといい勝負かな????


nice!(35)  コメント(30) 
共通テーマ:日記・雑感

おばぁしゃ~~~ん! [日常、犬、時事問題、家族]


  
 
   ある日の昼下がり、家の前の細い道を歩いていると、後ろから


   「オバアシャ~~ン!」

     可愛い声が追いかけてきました。振り向くと、ご近所のリンちゃん、

     3才が、小さな花を持って走ってきました。

    「これ、アゲましュ」 地面に咲く小さな花を一本、小さな手に・・・・

    
           1-9.jpg


    人に呼び掛けられるとき、「オバアシャーン」は、これが初めて。

 

    横断歩道で女子高生が2人、信号待ちをしていました。

    「すみません、オバサン、いま、何時ですか?」

    キョロ?まわりをみても、他に誰もいません、声を掛けてきた低学年の

    小学生以外には。

     「うそ!アタシたちってオバサンなの~~?」

 

     これも本当にあった話です。

    呼びかけ言葉、普通は「あの~、すみませんけど・・・」 ですましてしまうのが

    はっきり言葉に出すとなると。

   この女子高生、「オネエサン」って呼びかけられたら、嬉しかったのでしょう。


   テレビのルポなんかは、誰でも構わず「オトウサン」「オカアサン」を連発。

   魚やの兄ちゃんは、「安くしておくから、買って行ってよ、オネエサン!」


   この場合、ワタシも「オネエサン」になるわけです。

 

    これだけハッキリ、「オバアシャ~ン!」と追いかけてきてくれたのは

    初めてのことだったので、えらく感動してしまったというオハナシ。

 

   さて、アナタは?オネエサン? オバサン? オニイサン?オジサン?

   どう呼び掛けられたいですか?

 

       1-12.JPG

     6月に入りました。梅雨宣言があったのに、青空の洗濯日和。

        どちら様も、体調管理を充分に。

 

 


 ショートエッセイ、更新しました。毎月、ギリギリです。

 また、お時間ありましたら、覗いてみてください。

 

 

 


nice!(42)  コメント(39) 
共通テーマ:日記・雑感

二日間、つくづく考えた・・・・・ [日常、犬、時事問題、家族]


  13日、また、揺れた! 震度3。 いつまで続くのだろう。


  つい先日、東北旅行を楽しんできたばかり。

   日本って、小さいようで広い国なんだな~、 

   ところが、津波警報で囲まれたこの国の、なんと小さく見えること!

 

  名前は忘れましたけど、どこかの砂漠で、1年のある時期、突然、川が姿

  を現すドキュメンタリーをみたことがあります。

  一面の砂漠、突如として遥かかなたに小さな点が・・・・

  それが水と判るやいなや、まるで巨大な蛇が襲ってくるように猛スピードで

   幅をひろげ、やがて満々と水を湛えた河に変身する。

 

   それと同じような光景を、まさか津波という形で、それもリアルタイムで目に

     するとは思いもよりませんでした!!

 

   防波堤を乗り越えてきた海水は、家を、車を、漁船を飲み込んで、スピード

   を上げながら、豊かな耕地を舐めるようにつき進んでくる、

      逃げようとする車・・・・「早く~~、スピードあげて~~ッ!」   

                      間に合いませんでした。


   SF映画を見ている、そんな感じでしょうか、とても表現は出来ません。

   凝視しているうちに、気分がおかしくなってしまいました。

 

   ジジババ、さっきのかなりの揺れで、まだ、身体がユラユラ感を残して

   いたからでしょう。


    

 

  後はみなさまご存じのような惨状が、いまもあちこちから伝えられています。


  三陸海岸は、リアス式がほとんどなので、海水も勢いが違うようです。


    1日置いて、アメリカ西部海岸に津波が到達、緊急避難命令が

    発令された、  ヨットハーバーがごった返している・・・・・

        地球って、意外と狭かったんだ。


    地震発生いらい今日で2日、何か書きたい衝動に駆られながら、

    気が滅入って仕方がない。

      まだ消息の知れない方たち、死者の数が増えるにつれてますます。

 

  

    それにしても、100円で店にあるものを売り出しても、略奪、暴行ゼロ!

    みなさん、キチンと列を作って並び、順番を待っている、日本人の美徳、

       今更ながらに感服いたしました。

 

     1日も早く、1人でも沢山の命が救われますように。

     不幸にして亡くなられた方たちの、ご冥福をお祈りいたします。


           1-3.jpg      オワリ。

      (現在、二人とも、食欲あまり・・・・です)

  追記  反対に東京近辺では、オイルショックの時と同じ状態が起きている

      ようで、買い溜めに走る人が大勢いるとか、どうしてこうなるの?

 

      物資を被災地に送るから・・・・でもね~、物流は東北からだけじゃ

     ありません。冷静に判断してもらいたいですね。流言飛語、困ります。 
  


コメント(34) 
共通テーマ:日記・雑感

え~!はがしちゃったの? [日常、犬、時事問題、家族]


  土曜日、冷たい春の淡雪が、うっすらと雪化粧。


    1-5.jpg

 

 


           1-6.jpg

     桜田門外の変が起きたときも、雪がふっていた、旧暦だから

     今で言えば4月か~~。

     

     だから今頃???とおもうけど、不思議ではなかったのです。

 

  で、どうしたかっていうと、少し買いだめして置こうかと、車で出掛けました

  凍結すると怖いですからね。


    帰宅してからです。

   「あのマーク、もうはがしちゃおうよ、不愉快だ!」  

          つまりこれ。


       1-8.jpg

 
       これを貼った車をみて、運転される方、どう反応されます?


       実はその日、不愉快な車がいたのが直接の原因。

 

     「どうせ年寄りだから、スピード出さないし、運転下手だろう、フンッ!」

     右からスレスレに追い抜いて行ったバカ者がいたわけ。

     ジジは安全第一、遵法速度も車間距離も守る、

       昔から大のカーマニア。 

    年をとったら、赤いポルシェ・・が口癖で、この年まできて、ようやく

   それに準じた車を手に入れ、

   運転するのが楽しくて仕方がないという人です。

     

         だから、それなりのプライドもあるわけで。


     かなり、アタマにきたのでしょう。 これ1度じゃありませんから・・・

 

          で、ビリッとはがしてしまいました。

 

   気持ちはわかるけど、今度は後ろから煽られるではないか、こわいです。


     どうしたもんでしょうかネ~。     


nice!(43)  コメント(49) 
共通テーマ:日記・雑感

遊び心 [日常、犬、時事問題、家族]


    陶芸教室の先生は、まだ40代の女性。

  他で大勢の生徒を教えておられるけれど、ご自宅の工房は小規模。

 

  先生と2人、なんてこともザラです。 

  「次は、なにをつくる?」 

  「先生、あれはムリかなぁ、ワタシの腕じゃ?」

  「そんなことないわよ、ダイジョウブ」   

 

 

   1-5.jpg

    わかります、何だか??

    屋根がパカっと取れるのね、で、なかに小さな蝋燭をいれるわけ。


     1-6.jpg

   ハハハッ! この日は遊びましたねぇ~。

   勝手にベンチや池、玄関に続く階段・・・・車椅子用にスロープ付けたり・・


   先生も同じようなのを同時進行で作って、   

   「アタシ、玄関にヒサシつけたもん! 木も立てちゃおうかな~~」

   「ずるいよ、先生~~~」    

 

    78才の生徒相手に、一緒に遊んで・・・・押さえ所はちゃんと押さえて。

         アッと言う間に、2時間が飛んでいく。

 

   陶芸でも、こういうことが出来るってことで勉強になりましたね。ハイ。

 

     カリキュラム通り、お皿を作るも良し、茶碗をつくるも自由。

   
    でもネ、 型からはみだして、たまには遊び心一杯の異端児がいても

      いいかなぁ~、思う存分、遊んできました。 

     

    実生活でも、遊び心、大切だと思います。それが欠けると

      ゆとりのない人間になるような気がしますけど???


         ステキな先生にめぐり合えて、ラッキー!

    (出来上がりが楽しみです)

 

 

        1-7.jpg 

          花はひらけど、冷たい風が吹く1日でした。   


nice!(50)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

困っちゃうなぁ~ [日常、犬、時事問題、家族]


  いつもの通り、メールチェック。

  なんだ、迷惑ばっかり・・・・・・・あれ?こりゃなんじゃ?

 

   「あなたの動画にコメントがありました。お返事はこちらから。You tube」

 

  

 2008年9月に投稿したもので、ブログでもアップしました。

 北海道のモト家のトイレ。蛇口につけるとこうなる。

  ・・・・・で、コメントはどこにお住まいのどなたから?

     「pplpplgalさん  お住まいは大英帝国はロンドン。

    日本のものなら何でも興味あり、とくにフィルム・料理・面白いもの。

    嫌いなのは、古くさいモノ」

    コメントは簡単な一行、「what is this?」

    どうも最期の「ギャル」から推察するに、若い娘さんらしい。

 
    さあ、どうしましょ、 リラックマの説明から始める?

    自分でもよく分からないのに・・・・。好奇心は満たしてあげたいけどね。

    今日一日、悩みそうです。こんな事ってあるんですね。

 


   復活しましたね。

            1-6.jpg

                        ↓

         1-8.jpg

   「なんとなく、嬉しいですね」 空港でインタビューに男性が答えていました。

   春・復活、頑張ってください。

           オマケ

   
     1-5.jpg

      最近、登場回数が減ったので、すねています。


nice!(52)  コメント(45) 
共通テーマ:日記・雑感

戸惑い [日常、犬、時事問題、家族]


     1-6.jpg

 

   雛のまつりも近いというのに、今日の東京はつめたい雨に

   なりました。 2・3日前は汗をかくほどだったのに・・・・


    1-5.jpg

  こちら、長男が送ってきた一枚。

  ロスの海岸から、雪山が見える。今年は雪が多いそうです。

  ネバダ州でも降ったらしい、ゴルフの中継で、コースは

    雪で真っ白でした。 

  
    戸惑いますね~、ホントに。


   
   戸惑うといえば、「最期の仇討ち」というドラマ、

   ご覧になりましたか? 実際にあった事件で、「資料が揃わな

   い限り、時代小説は書かない」と断言された吉村 昭さんの

   小説のドラマ化です。

 

   明治維新は、幕府を倒したクーデターともいえるでしょう。

 

   断髪令、刀剣放棄令などなど、さまざまな規制が改定され

   ました。   戸惑ったでしょうね~、当時の人たち。

  そして、美徳とされた「仇討ち」は、単なる殺人罪とみなされ

   ることになってしまったのです。 


   主人公はそれを承知で、両親の仇討ちを探しあて、本懐を

   遂げる。 その足で警察に出頭する。

   法律通り、死罪になるところを、周囲の猛反対に負けて

  「 士族により、特に終身刑に処す」 という判決が下ります。

 

  赤穂浪士を筆頭に、仇討ちは美徳、正義と認められていたの

  が罪となる。      

     これが、日本で最期の「仇討ち」だったという・・・  

   史実に基づいた筋書きで、多いに勉強になりました。


  もしも、いきなり生活環境、価値判断が180度変ってしまった

  としたら・・・・・・

   わたしたちは、どれほど混乱し戸惑うことでしょう。

   

    外は雨、だれもいない、

   退屈紛れに纏まらぬおしゃべりをさせて頂きました。


    おや? これ、見たことない。 鳥音痴、どなたか教えて

    ください。

         1-7.jpg

              アンタ、どこのどなた?

 

 追記 断髪令を残されたのは、お相撲さんだけだったそうです。

つまり、チョンマゲ許可されました。それだけに、大切にしなければネ。

 


    雪の画像も終わったので、明るいスキンに逆戻り。

   HPの短いコラム風作文、更新しました。


nice!(44)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感

奥の雪道・・・東北へ(最終章) [日常、犬、時事問題、家族]


 特異日だったのでしょうか、こんな樹氷を見るのは稀というほど

 の幸運に恵まれ、立ち去り難い・・・でも行かねばならぬ。


 最期は、ローカル線体験。

  一部分、国鉄の線路を共有させてもらっている第三セクター

   1-8.jpg

    山形鉄道、宮内駅にやって参りました。

 
       1-7.jpg

    ウサギ駅長モッチーが・・・あんまり愛想よくねぇお出迎え。

 

  1-5.jpg

  来ましたよ、キシャが・・・

 「そこのお客さん、そこから先は行かねえでけろな、

  あぶねからよ」

 

  1-3.jpg


        1-4.jpg


   「スイング・ガールズ」に登場。有名になりました。

   駅は全部で17駅、通称フラワー・長井線とよばれていて、

   四季折々の花が、風情を添えるそうですが、今は白一色。

   しかも、お客さんは殆どゼロ。

   通学時間帯だけ、利用客があるとか。

   約30分のあいだ中、この地方特有の置賜弁だけで説明

  してくれたのが、若い車掌クン。

 

    1-2.jpg

  同じ東北言葉でも、地域によって少しづつ変化するのですね。

  チョット大阪言葉が混じったような・・・・。

  即席のしゃべりも、下手なチョイ芸人よりもおかしくて、おお笑

  いでした。とても真似サ、できね。


  先日の川下りの船頭クンといい、この車掌クンといい、どちら

  も、自分が生まれ育った土地を愛する気持ちが、その喋り方や

  表情から、熱く感じとれました。

 

  華やかさを求めて、都会へ目が向く、村の過疎化がすすむと

  危ぶまれている時代、故郷の大地に根を張って生きていく若

  者が1人でも増えてくれるように・・・・

            考えさせられながらの約30分でした。

 

   山形県から福島県に入ると、雪の量も目に見えて

   少なくなり、郡山到着午後5時半、各自夕食を勝手に食べて

   7時半のやまびこ156。

   家路についたのでした。


  ヘッダーの花はバラと椿。 ホテルの部屋につつましやかに。


 1-6.jpg  いい旅、ありがとう!


  長い旅日記、読んで下さってありがとうございました!  


nice!(45)  コメント(35) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 日常、犬、時事問題、家族 ブログトップ