So-net無料ブログ作成

忘れられたかな~~?



      ご無沙汰いたしました。

       悲しみに暮れているヒマもないほど、書類上の手続きもろもろに追われて

       おりました。    パソコンを開く気持ちの余裕もないままに。


  
       昨日、49日の法要も終り、一区切りつきましたので、再開をきめました。



       ところで、一緒に残された愛犬ポピー、霊感に近いものがあるのでしょうか、


      ヒマさえあれば、赤ちゃんの指しゃぶりと同じような行動を取るようになりました。



           1-6.jpg


         ジイサマの椅子に座っては、ひたすら、指をしゃぶっているのです。


         1-4.jpg


          真っ赤ッカ!!!  心配になって医師に相談。


        「ああ、今がピークですねぇ、オトウサンのこと忘れられなくて。

     こういう行動は感じているんですよ。舐めていても怒らないでやって

          下さい。いい子だね、って褒めてやって。そのうちおさまりますから」


         数編前の記事で、予約を取り消せない旅行に出た時、前のポピーは

          重症の血液病でした。その時の先生の言葉、

        「ダイジョウブ、待ってますよ、この子は・・・」


        その言葉とおり、シッポを振って「お帰り~~~」 してくれ、安心したのか

        翌日、ワタシの腕の中で息を引き取りました。  不思議です。


       1人暮らしのOLが、帰宅して玄関で突然死。可愛がっていたネコが、

        翌日、ご実家で原因不明の死。お母様はダブルショック、という身近かな

       話も聞きました。  理屈では説明できない「ナニカ」があるのです。


      この世は神秘にみちていますねぇ。


             1-7.jpg ボク、つまんない!  



     これからも、駄文を続けたいと思います。よろしくお付き合いくださいませ。

nice!(42)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

悲しみよりも感謝!


      あれから1週間余、月も8月に変わりました。

 
       人間ひとり亡くなると、後の事務処理が大変なことをつくづくと痛感

    しております。 老いた頭は混乱するばかりですが、息子たち夫婦が

        手際よく片付けてくれているのが何よりの救いです。


         おかしいとお思いでしょうが、今の私は「悲しみ」よりも、ジイサマに対して

         「感謝」の気持ちの方が強いのです。

         あのまま、意識が回復せず、寝たきりになってしまったら・・・退院出来た

         としても、それに続く老々介護を考えると、ストレスは増すばかりでした。

          ケアマネさんが来て下さるでしょうが、夜は殆ど眠れないという体験談
 
         も耳に入り、食も細る思いで3週間を過ごしていました。


        「そんな辛い思いはさせないよ」 無口でも優しかったジイさまの声が

        聞こえてくるような気がして、感謝あるのみで手を合わせています。


        自分もかくありたい、苦痛も意識もなく、アッサリと別れを告げられるよう、

         すでに病い持ちの我が身、天命を待つばかりです。


       
       1-6.jpg

        我が家は、頂いたお花で百花繚乱、心なごみます。 

nice!(40)  コメント(36) 
共通テーマ:日記・雑感