So-net無料ブログ作成
検索選択

束の間の静けさ


    前々記事の騒がしさ、昨日、一段落つきました。



     1-2.jpg


    毎日、朝から夕方まで、重機が2台入っての大音響。 窓を閉めて耐えるのみ。


    昨日、ようやく片がつきました。


     1-7.jpg

      作業員は全員、トルコ人。

      「ゴメンナサイネ~~、ウルサカッタネ~~」 と言われては、

   「いえいえ、お疲れさま~」と返すしかない。


        さあ、これで更地になりました。 束の間の静けさ、新しい家の建築工事

     が始まります。折角なので、決して見られない当家を1枚、パチリ。


      1-3.jpg

       一階、 一番左奥の部屋が我が城であります。

        あんまり迫ってこないでね~、が今の願いです。


        騒音を避けて、いつもの公園に息抜きに行きました。


        1-9.jpg


              色とりどりの花が満開・・(スマホカメラです)


       1-11.jpg



           1-13.jpg


               池から上がって、餌をあさっているメス鴨サン。


          1-10.jpg

               遊ぼうよ、お嬢ちゃん・・・[揺れるハート]    やだ~~ッ!

       雄鴨サンは??やっぱり、女の子を追いかけるのね~~。[パンチ]

     
             騒音を忘れて、静かなひとときを過ごしました。 

nice!(37)  コメント(28) 
共通テーマ:日記・雑感

時代劇と西部劇


     最近の夜のテレビ番組、あまりにも魅力がない。

     時代劇を楽しむことが殆どである。


 
     なぜ、時代劇は息が長いのだろう?

     それは、野村胡堂、司馬遼太郎、池波正太郎など御大作家が先達を務め、

     現代では、佐伯泰英,和田竜、宮部みゆき等が後を受け継いで、名作を

     世に送り出しているからではないだろうか。


     しっかりとした作品があれば、映像化はさして困難ではない。


     時代劇なんて無縁の存在という視聴者がいてもおかしくはないが、翻って

     古い時代を取り上げて、一世を風靡した西部劇はどうなってしまったのだろう。



     いつの間にか、映画の世界からも姿を消してしまったようである。

     その原因として、西部開拓時代を脚本化した作品が殆どで、基礎となる

     小説が皆無に近いというのも1つに考えられないだろうか?


     「西部」がもはや無いアメリカ、ならばと、映画製作者も宇宙に目を向けて、

     闘う相手を宇宙人にむけたのだろう。もはや空想映画の領域に入って

     しまった。最後の数作をマカロニウエスタンに託して・・・・・。


     そう言えば、最近、古い西部劇を集めたDVD版の宣伝広告が新聞を

      賑わせているようだ。 


      私のように古い人間は、得体の知れない金属化した宇宙人よりも、

   血の通った人間のお話の方が、例え血生臭くても共感できるのだが。



       1-2.jpg

          俺もそう思うぜ~~~、昔はよかったよなぁ。

    

nice!(32)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感

いやはや、賑やかなことで!


    予告はありましたが、手が届きそうなお隣さんの建物を

    取り壊し、更地にして売り出すことになりました。

    買い手はすぐについたそうで、まずはメデタイ!

    最近、当家の周辺、建て替えブームです。 東北震災のときに、資材が不足

   するというので、同じような時期がありましたが、最近は、オリンピックに向けて

    資材の不足や、高騰が予想されるので今のうちに・・というのが理由の1つ

    でもあるらしい・・・・ま、それは善しとして、



     1-4.jpg

     手前の緑は当家のブロック塀です。

       足場を掛けはじめました。その賑やかなこと!!


      で、今日はこんな具合です。


       1-2.jpg

      なんと、そのお隣までが屋根を塗り替えるというので、アッと言う間に足場と

      カバーが!お隣さんのカバーの色と空の色が、鮮やかなブルーでキレイ・・

      なんて言っている場合ではない!


      屋根の塗り替えだけなら、すぐに終わるでしょうが、家を取り壊してさらには
 
     新築となると、当分、騒音とは仲良くしなければならないでしょう。嗚呼!


      狭い都会に住む者の宿命です。

     自分たちの家を建てた時も、ご近所さんに迷惑かけたのですから、お互いさま

     というところでしょうか。


     話、ガラリと変わりまして、相変わらず、下手な陶芸を続けています。


        1-5.jpg


         テレビ用メガネ置き。 ハイハイ、キチンと置いてありますよ。


        今日は和紙染という、半紙の切り紙細工を使ったようなのに、色付け。

        1-7.jpg



        1-6.jpg

      どんな仕上がりになるでしょう、劣等生は頑張っております!!




    1-3.jpg

       紫陽花の季節に移り替わってきましたねぇ。ご自愛を。
 

nice!(39)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

駐車場で思ったこと



      昨日とは打って変わって、冷たい雨の日になった。

      どうしても必要な物があったので、いつものスーパーへ。

      屋外だが、広いスペースなのに、身障者用は3台分しかない。

      満杯で入れない。 仕方なく、かなり離れた場所に止めて、重い脚を運んだ。

      身障者用ペースに止めてある車をそれとなく、見てみると、

       何も貼ってないのが2台、車いすマークが1台。 警察で認定されている

       身障者用特別駐車許可証を、目に見える所に置いてある車は1台もなかった。


      身障者の定義とは、 簡単にいえば「治療しても恢復の可能性なし」である。


      膝の人工関節を付けてから、身障者として扱って貰えるようになった。


      車いす.png   印のスティッカーは、量産店に行けばすぐ手に入るが、

     貼ってあるからといって、必ずしも身障者手帳を持っている人が乗っている
 
    とは限らない。


      それでも思うのだ、ステッキをついて、如何にも足腰痛そうに歩いている

    人たち、まだ治る可能性があるから、身障者とは認められない。

      その人たちが特別駐車場を使っていても、責める気にはならない。


      問題は、どこも不自由ではないのに、店に1番近い場所にある身障者用

      駐車場に平気で車を止めている無神経者である。


      1度、見掛けたことがあるので、よほど注意しようと喉まで出掛ったのを

       グッと飲み込んだ覚えがある。

       冷たい雨が、一層、冷たく感じられる午後だった。


        
         過日、散歩の途中でみかけた花を、蕾から追ってみた。


        1-4.jpg


                    1-5.jpg


     1-2.jpg


                 1-3.jpg


                  クレマティスの一種、八重??だろうか?
     

     

nice!(37)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感

伸ばせ才能、自分を信じて



     都の西北、早稲田大学のすぐ近くに、人目を惹く建物があります。


   1-7.jpg


                          1-5.jpg


    かのガウディーが設計した、バルセロナのグエル公園を彷彿とさせるような

    佇まい。


     ドラードギャラリーです。(企画画廊)ほか、併設のアートショップや、

     アンティーク・ショップが入っています。

     そこで昨日まで、「手のひらサイズのアート」という展示会を開催しておりました。


      まだまだこれから伸びる、才能溢れる画家、造形美術家さんたちの、


      文字通り「手のひら」に乗るほどの小さな作品が、

      ところ狭しと展示されていました。



      1-9.jpg



                      1-10.jpg

          1-11.jpg
       
       この作品などは、真ん中に収められて花の絵を認識するのに、天眼鏡が

       必要なくらいでした。


         ・・・・・で、なぜ、暑い夏を思わせる日に、汗を拭きながら出掛けて行った

    かというと、だいぶ以前にソネブロを撤退して、絵画に重点を置いて
 
       中心に次々と作品の
制作一筋に活躍されている鳥飼規世さんの作品が

       お目当てだったからです。(とりちん、というハンドルネームだったと思います)


      当ては付けてあったのですが、無事にゲットして帰って来ました。



              1-4.jpg


           額のサイズ、11・5×9・5ほどの作品「クローバー」です。



             これを持ち帰りまして~~



          1-6.jpg


      このようにセットいたしました。妖精の国、愛するアイルランドの雰囲気が


     少しでも出たかと、1人悦にいっています。



       絵画・美術に限りません、あらゆる世界に埋もれた才能の持ち主が

      山ほどいるでしょう。それを掘り起こす,又は、自発的に売り込む機会を探す、

       ことは大切なことだと思います。 自分の力を信じて、どんどん表舞台に

      顔を出してください。 


      鳥飼さんとは、ブログを始めたころからのお付き合い、今では意欲的に、


      次回・次々回個展の作品制作に、熱中されています。

    
     なお、ギャラリーからのご案内で、7月末まで、ミニチユア・コーナーとして、

     残った作品の特別展示会をつづけられるとか、東京近郊にお住まいの方、

   建物自体も珍しいですし、小さな才能の光を味わってみては??? 

  

nice!(40)  コメント(27) 
共通テーマ:日記・雑感

どうでもいい話


     5月5日は端午の節句、それが1948年から「子どもの日」
で、祭日。

     「端午の節句をこどもの日に変えたのは戦後なので、男女平等という世の中の流れで、3月3日の「女の節句」は祝日にならずに、端午の節句「男の節句」を祝日にすると男女平等にならないので、5月5日をこどもの日として男女の区分けをなくしたのですね」


    こんな解説を読みましたが、あれ? よく分からない、男の子の節句である

       ことを忘れてしまいそうで、これの方が、平等じゃないような気がするけどなぁ。


       やはり、菖蒲=勝負に掛けて、鎧や兜のイメージが、侍が戦うに繋がった

       からでしょうかねぇ~~。



       https://sk-imedia.com/tangonosekku-6866.html
 
    お暇な方は、このリンクをご覧頂くと、いろいろと面白いことがわかります。

 
      ゴールデンウイークも終盤戦、みなさま、ゆっくりとお楽しみください。

     (コメント欄も、休日にします)



           1-3.jpg



    

nice!(36) 
共通テーマ:日記・雑感

一件、落着いたしました~


  
      1-2.jpg


      分かる方には分かる、フムフム、なるほどねッてことで・・・・


     ビッシリ、隙間なく詰まっているという嬉しい結果報告を伺ってきました。



      ジイサマのMRI結果です。


    「86でこれだけ、隙間がないって、珍しいほうですよ」  先生の太鼓判!



     やっぱり、元凶はお薬の服用し過ぎにあったようです。


      一過性のもので、安心いたしました。 ご心配頂き、有り難うございました。


       ご当人も、安心したのか、自信がついたのか、上機嫌、表情も明るく


       なりました。  「ビッシリなのに、よく忘れるなぁ~??」のバアですけど、


       都合の悪いことだけ、忘れているのだろうと、大目にみることにしました。


       二人三脚の紐、少し緩めてみましょうか。


        お薬の服用し過ぎ、本当にこわいことを切実に感じました。


       感謝を込めて、ご報告させて頂きました。



      1-1.jpg

    

nice!(36)  コメント(27) 
共通テーマ:日記・雑感