So-net無料ブログ作成

花の命


  靖国神社の桜が咲くと、気象庁の職員がすぐに飛んで行って開花宣言

   って、これ歴史を辿るといつから始まったしきたりなんでしょう?



   盛りと言えば、花の盛りをとうに越した石原元知事、百条委員会に呼び出され、

   脳梗塞を患ったというのに、容赦ない・・・かなり纏まりのない・・・質問攻め。

   海馬という記憶を司る部分に後遺症があるから、記憶が途切れていたのは

   致し方なし。

    「あの方は、作家なんだから、喚問しないで文章で答えを書いて頂くべき

      ではなかったか。・・・・・読まないで、視覚的なドラマにしないと納得しない

       のが、読書離れした世代の弱いところだ・・・・・」

     ( 「老人に見世物」即興させる愚)と題した曾野綾子さんのコラムに、なぜか

     共鳴する。産経新聞22日付より引用させて頂きました。

     豊洲問題、現都知事は、都議会議員選挙を見据えて決断の時期を見て

     おられるような気が無きにしも非ず。なかなか、お強い。


      強いと言えば、花も強い・・・といきなり、トーンが変わる。


      寒い時期、部屋を香りで満たしてくれたヒヤシンス、立派に務めを果たしたので、

    球根のまま、陽当りはあまりよくない土に埋めてやった。


      1-3.jpg

             部屋が甘い香りに包まれていた頃。

     

     土に埋めて数週、なんと、又もや花を咲かせました。ひ弱で色白だけど・・


     1-1.jpg

              強いですねぇ、見習わなくては・・・・


nice!(31)  コメント(28) 
共通テーマ:日記・雑感