So-net無料ブログ作成
検索選択

名医とは??


   60年近く昔の話である。

   巨大な逆子をお腹の中に抱えて、臨月を迎えていた。

   大きな病院もなく、近所の産婦人科の町医者のお世話になっていた。

    「医院」という風情ではなく、普通のしもたや風医院で、およそ目立った存在

   ではなかった。



     いよいよ、という時がきたのは、暑い7月の夕暮れどきだった。

   エッチラ・オッチラ、母に付き添われて医院の門を叩いた。


     「今日はもう遅いし、アタシも一杯、やっちゃったし・・・・

    明日の朝、1番に帝王切開でいきましょう。 大丈夫だから身体をやすめて」


    病室・・・といっても、畳敷きに布団が敷いてあるだけ・・・電灯も薄暗い。

    この辺りはいくら説明しても、現代の人には理解できないだろう。


     さすがに手術室は設備が整っていた。(現代に比べれば劣るだろうが)


    「最初から全身麻酔を打ってしまうと、赤ちゃんに影響するから、まず部分麻酔で。

     生まれたらすぐに眠れるようにするからね、我慢して」


    はいはい、何でも御意のままに・・・・。 まな板の上の心境だった。

     部分麻酔の腹部を、ス~~~ッとメスが走る感覚、ボンッ!

    何かが飛び出して・・・・それっきり、意識がなくなった。


      「坊ちゃんだったよ、盲腸も腫れていたから、ついでに取っておきました」


     ニコニコ顔の先生、ボンッ!は子どもが飛び出した音で、看護婦さんが、

     ナイスキャッチ!!!


      畳敷きの病室に戻ると、運ばれてきた食事、これが奥さまお手製の、心の

     籠ったご馳走ばかり、そういえば、中年の奥さま、手術の間もずっと私の手

     を握っていてくださいましたっけ。


      後は、抜糸まで授乳時間に息子を抱いて、ご馳走頂いて、なんとも心地よい

     初出産経験を味わったのである。



      こんな経験談を書いて見たくなったのも、先日、帝王切開で母子共に死亡した

      という信じられない話を新聞で知ったからだ。

      医療は、設備の良さや体裁ではない。
    
     医師の腕にすべてが掛かっていると信じている。人柄も大切だ。
  
     何とも、お気の毒な出来事に言葉を失う。


      ボンッ!と大音響?とともに飛び出してきた長男も、58才になった。

      感無量である。




     梅雨というのに、今日も晴天。 多摩川台公園を散歩してきました。


     1-9.jpg

     遠くに見えるビル群は武蔵小杉。この高台公園からは、古墳が発掘されて

     資料館も整っているが、以前、ブログにアップしたことがあるので、省きます。


    1-7.jpg


    1-3.jpg



    1-6.jpg

  
   お馴染みの花の間を抜けると、水場があって幼稚園児たちが竿を持って


     1-10.jpg

    何をとっているの?  ザリガニで~す・・まあ、無理でしょうなぁ。

    1-1.jpg


     1-2.jpg


     天候定まりません、ご自愛ください。
 

nice!(37)  コメント(34) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 37

コメント 34

mimimomo

こんにちは^^
帝王切開で母子ともに死亡?(◎◎ ありえない! 本当にお気の毒としか言いようがないですね。 わたくしも長男の時は難儀しました。気づいたとき「よく生きていたもんだ」と思ったわたくし・・・
by mimimomo (2017-06-10 17:43) 

MIKUKO.

出産でも病でも、こちらは信じて身を委ねるしかありません。
でも、100%の保証なんてどこにもないわけで・・・。
それを解っていても、それでもこちら側はやはり信じるしかないのです。
私は自然分娩でしたが、それだって途中、何が起こるか分かりませんしね。
頭の手術した時に全身麻酔かけられて、一瞬で意識がなくなる・・・
目が覚めて初めて無事に生きている事を実感するんですから、
今考えてもとても怖いことです。
by MIKUKO. (2017-06-10 17:56) 

斗夢

ポンッ!はよかったですね^^。
母の妹は戦中は看護婦を、戦後は助産婦(産婆さんですね)をしていました。
事故は無かったようです。口癖は、出産は病気ではない、でした。
by 斗夢 (2017-06-10 19:36) 

Baldhead1010

麻酔もしないのに雌が、もとい、メスがつーっとたって、あんた、そりゃ痛いだろうに!!

ポンッがわかるから麻酔してないよねぇ。

おっかさんは偉い、女は偉い!!

by Baldhead1010 (2017-06-10 19:58) 

HAL

赤ちゃん作ったことないので、よくわかりませんが、、、(^^;;
麻酔なしで手術ってすごいね!!
by HAL (2017-06-10 21:25) 

Loki

出産時の、死亡事案今でも多いですね。
 これも、自然の摂理なのでしょうか? 胎児って、母体にとっちゃ遺物でしかないですからね。 母親にとっては、とても大事な大切な可愛い自分の子供でも。

 女は弱し、母は強しですね^^ 世の母親には、感謝!
by Loki (2017-06-10 21:56) 

ぼっこ

無痛分娩でも死亡事故がありましたね。
どの病院、どの医師を信頼したら良いのか不安になります。
娘も逆子でしたが自然分娩で無理矢理?出産したお陰で
斜頸になってしまい赤ちゃんの時に随分通院をしましたが
完全には治りませんでした。帝王切開が良かったのにと
後から知り合いの看護師さんに言われました。
by ぼっこ (2017-06-10 22:56) 

takenoko

男の私にはよくわかりませんが、私の孫は3人いますが、全員帝王切開です。みんな元気でかわいい盛りです。
by takenoko (2017-06-11 05:25) 

cooper

麻酔なしで メスがスゥ~~~  ですか・・・貧血起こしそうです。(*_*;
今の時代に 帝王切開で母子共に亡くなられるなんて 可哀そうすぎます。
by cooper (2017-06-11 11:08) 

okko

初めにお詫び訂正いたします。
「初めから全身麻酔では赤ちゃんに影響するから、部分麻酔でね・・・」が正解です。
なにぶんにも、古い話で記憶に混乱がありました。

幾らなんでも、生身にいきなりメスは有り得ません、切腹じゃないんですから。


*mimimomoさん
いずれにしても、女性にとっては苦痛であり、不安ですね。
次男は、産道が狭くて、かなり圧迫されたらしく、顔が真っ赤な痣状態。このまま
母親に見せるわけにはいかないと、マッサージを続けて下さったそうです。
今回の事故は、ホントにしんじられませんね~~。


*MIKUKOさん
頭の手術??恐いですよ~。 出産以降、これまでトータル3回、全身麻酔で手術を受けました。先生を頼りにするほか、ありませんものね。医学が驚異的に進歩している現代での、今回の医療ミスは許せません。
目が醒めても、点滴がポトポト・・それすらなかったように思います。


*斗夢さん
少女時代の夢の1つに、従軍看護婦がありました。
そうです、出産は病気じゃないから、事故など起こってはならないんです。
60年近く前の医療環境で、沈着冷静に、 帝王切開という、当時はまだあまり行われていなかった手術を無事に済ませて下さった先生のご恩と技術の素晴らしさに頭が下がります。


*Baldheadさん
ハイ、済みません、訂正お詫びいたしました。

全痲はしない、部分麻酔のマチガ~~イ! 

いずれにしても、出産は難産であれば命とり、それに耐える女性はが強いのは当たり前かも知れませんよ。



*HALさん
お詫び訂正した通りの間違いで・・・・・でもね、部分麻酔でもメスが横に走る感覚は今でも忘れません。 それ以降の他の手術は、すべて初めから眠っていました。


*Lokiさん
帝王切開の事故例はあんまり聞いたことがないので、ビックリしました。
この方が、予後が楽なので、普通に分娩できるのに、希望する妊婦さんも増えているとか・・・・。
いや~~、今の近代的な設備が整った病院ならば、それもありかな?とは思いますけど。

女性も強くなりましたね~、母ではなくても。日本男性、頑張ってください!


*ぼっこさん
それはお気の毒でした。
今は正常に分娩出来るのに、帝王切開を望む妊婦さんが増えているようですよ。

そりゃ~、狭い産道を通って出て来るよりも、完璧な姿で生まれて来てくれる方が親としては安心ですものね。


*takenokoさん
それは何よりです。ワタシの場合は、普通のお産が出来ない状態だったので、致し方なく・・・・でしたが、最近は帝王切開を希望する傾向が増えたようです。
ってことは、それだけ医療設備が整っていて、母体も赤ちゃんも安全ということでしょう。 それに失敗って、あってはならないことだと思います。


*cooperさん
ゴメンナサイ、部分麻酔でス~~~ッと・・・でしたが、感触は忘れません、メスが走る、ボンッ!と飛び出した音も。 女性の方が辛抱強いのは、子どもを産むという、大役を経験しているからかもしれませんね。
by okko (2017-06-11 14:58) 

sasasa

どんな手術や治療も患者の側とすれば、
お医者さんに身を委ねるしかないというのがありますから、
こういう腕のよい先生に巡り会えると、
本当に安心できますよね。
by sasasa (2017-06-11 15:55) 

旅爺さん

手術失敗で母子共にはお気の毒としか言い様がないですが、医者に怒りを感じます。我が娘ももう手の施しようが無いと言われて・・でも孫が2人出来ました。
by 旅爺さん (2017-06-11 17:49) 

エンジェル

お〜息子さんの出産の体験記ですね(^^;「ポン」っていう音がするんですね。私は出産の経験がないので分からないのですが、無事に生まれてきた時の喜びは何ものにも代えがたいのでしょうね(*^-^)
息子さん、アニーパパと同い年です(^^;
by エンジェル (2017-06-11 18:24) 

yakko

こんばんは。
麻酔無しでスゴイですね〜(@_@;) 医は仁術 ! 立派なお医者さんでしたね。
紫陽花 菖蒲 睡蓮 どのお写真がも美しいです。
by yakko (2017-06-11 18:57) 

テリー

出産、帝王切開は、今でも、危険なんでしょうね。
すこしでも、評判のいい、お医者さんにかかるのが、いいですね。
by テリー (2017-06-11 22:18) 

kuwachan

友人の同じ職場の方でしたが、病院(某有名病院)があまりにも自然分娩にこだわるあまり
お子さんは助かりましたが、出産時に亡くなられました。
今回の事件もそうですが、出産時の医療事故って意外と多いのかもしれないですね。
by kuwachan (2017-06-11 23:03) 

きまじめさん

お話読んでいて、50年以上前に受けた盲腸の手術の時のことを思い出しました。
腕はよいとの評判でしたが、ごく普通の小さな医院で畳敷きの病室でした。
盲腸ですから局部麻酔で、手術中の会話はすべて聞こえてきます。
「わ~これはすごい子宮後屈だ。未婚だから、腹を開けている今しか治せないな。」
ほんとは、家族の許可を受けてから処置をしなくてはいけないらしかったようですが
事後承諾で、処置してくれました。 先生の臨機応変に感謝です。
それ以来ひどい生理痛は嘘のようになくなりました。
by きまじめさん (2017-06-12 00:27) 

きゅんぱち

全く同感です。
くだんの死亡事案については母子共々お気の毒と言うしかないですよね。
医者・教師・弁護士・税理士・建築士などなど、国家資格を取得してさえいれば誰でも良いというものではない、確かな技術力に立脚した人間性がモノを言う職業ですよね。
だからこそ、使命感があるかどうか人柄を見て付き合い方を判断しないとエライ目に遭うわけでしょうから。
by きゅんぱち (2017-06-12 02:59) 

お茶屋

自分も帝王切開で出てきた身分でして・・・
母には頭が上がりません^^;
by お茶屋 (2017-06-12 11:02) 

なかちゃん

お医者さんといえば、知識と経験と人柄でしょうね ^^
この内のどれが欠けてもダメだと思いますが、一番持っててほしいのは人柄みたいな気がします(^^)

by なかちゃん (2017-06-12 12:52) 

okko

sasasaさん
信じる以外にないです。今考えると、60年近く前の医療機器で、あれだけの大手術、幸運でした。


*旅爺さん
さすがの私も、開いた口が塞がりませんでした。医療ミスは許されないことですね。
もうすぐ、曾バアサンになりま~~す!安産を祈るのみです。


*エンジェルさん
あの感触は、一生忘れられません。羊羹であるでしょ、風船にはいったようなのが。針刺すと、クルッと出てくるの。あれみたいな感じだったのでしょう。
パパさんと同じ年ですか。顔見ていると、オジサンになったなぁ・・・つくづく感じます。


*yakkoさん
今だったら、どうするのでしょうね~。部分麻酔とはいえ、怖かったです。

この公園、紫陽花が自慢なのに、ショボイの。ガッカリしました。


*テリーさん
違うらしいですよ。帝王切開の方が、楽だという妊婦さんが増えているとか。
一瞬で終わりますからね。世の中、変わったものです。

*kuwachanさん
あらまあ、お気の毒に・・・・一種の医療ミスですね。
賢明で上手な医師の、賢い判断が望まれます。


*きまじめさん
同じような名先生! 半世紀前ですもの、今ほど医療も進んでいなかったし、名医の決断と腕、お互いにラッキーでしたねぇ~~~。


*きゅんぱちさん
一枚の資格取得証だけでは、腕や人柄の良し悪しは判断できません。
何も無い時代、素晴らしい先生に出会えて、本当にラッキーでした。

*お茶屋さん
やっぱり、巨大児だったのかな??
母上様と、お医者さまへの感謝、忘れないでくださいね~。
by okko (2017-06-12 16:56) 

okko

*なかちゃん
そうかも知れません。「もう、今日は一杯呑んじゃったし・・」 辛い顔しているワタシの気持ちが、ずいぶん、ほぐれたのは確かです。
なかなか、言える言葉じゃないですよね。
by okko (2017-06-12 16:58) 

みち

心の温かい病院だったのですね。
私が出産したところは、お医者さんと看護婦さんの仲があまり良くなく、
ちょっと嫌な思いをしたのを
今でも覚えています(>_<)
by みち (2017-06-12 20:01) 

nikkin

市井の片隅の、地味すぎる名医。
いいですね…。
理想ですね。
by nikkin (2017-06-13 08:43) 

okko

*みちさん
とても家庭的な雰囲気で、奥さまの、疲れすぎない程度の世間ばなしも気持ちが安らぎました。奥さまも看護婦さんの資格を持っておられたので、気配りが行き届いていました。
つまでもわすれられませんね~。


*nikkinさん
形通りに決められたことを決められた時間に、ものごとが運ぶ現代の病院は、器械的、今にロボットが看護士だったりして・・・・。
by okko (2017-06-13 11:42) 

トモミ

多摩川台公園、大学時代、よく行きました、懐かしいです!
名医…かくありたいものです。
by トモミ (2017-06-13 13:19) 

okko

*トモミさん
青いテントがはびこっていた時代があったんですよ、20年ほど前。全員撤去命令が・・・・いまは居心地がよくなりました。
トモミ先生も、こういう意味で名医であると信じています。
by okko (2017-06-13 16:12) 

旅爺さん

可愛い我が子が定年間近の年になる事も今までの苦労を思うと考え深いものがあるでしょうね。
by 旅爺さん (2017-06-13 16:57) 

OJJ

スミマセンね~、ヒョーゴスラビアに藪医者の語源となった養父(ヤブ)が有ります。
最初はそんな筈ではなかったのに、後にはタケノコ医者まで現れたそうで・・
医者の当たり外れなんて云ったら怒られましょうが人生を左右されそうですね
by OJJ (2017-06-13 16:59) 

okko

*旅爺さん
定年が早すぎますよね~。働き手がいないって、異国の人を頼るより、もっと定年を延ばさなくちゃ。ウチでゴロゴロされていたは敵いません。
食べ盛りの男の子2人、よくまあ、育てたもんです。


*OJJさん
ヒョーゴスラヴィア語、ワタシ、よくわかりませ~~ん。
語源の話、但馬の藪・・・云々、バア利口になりました。

悪さばかりしていると、外れ医者にあたりますよ~~、ご用心!
by okko (2017-06-14 15:27) 

旅爺さん

こんばんは~!”
爺の年は幾つだんベ~!”と気になってるようですが、
okkoさんの約5歳下の弟です。宜しくお願い致します。
by 旅爺さん (2017-06-14 19:46) 

たいへー

私の場合、「ピチン」と出てきた・・・と母親から聞いております。
しかし、「橋の下から拾ってきた」とも聞いた。
どっちなんだろう。。。?
by たいへー (2017-06-15 08:56) 

okko

*旅爺さん
わざわざ、遠い所までアリガトウ! 弟、欲しかったんです、イジメ甲斐があるから・・
へへへ、お気お付けめされよ、弟殿!


*たいへーさん
やっぱり、帝王切開??
橋の下、母も機嫌が悪いときに言われた覚えが・・・実家の近所に橋なんてなかったのになぁ~~、不思議。
by okko (2017-06-15 10:57) 

koto

出産は命がけではあるけれど、幸せな赤ちゃんとの生活を夢見ていただろうに、言葉もありません。
「ポンっ」てほんまかいな〜
by koto (2017-06-18 19:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。