So-net無料ブログ作成
検索選択

犬の国籍(思い出話)


  夫婦揃って犬大好き、育った家にも、いつも犬がいた。当家のは、保健所で

    捨てられた犬を主に飼っていたけれど、どれもいい子で天寿を全うした。


 
     結婚してから、やっぱり犬・・・・と、当然なるわけで。

   第1号がこちらの犬。ポメ好きな友人に頂きました。


          1-1.jpg ポメラニアンです。


        以来、左欄でお澄ましのポピーで6匹目、4匹はシーズーである。

        この犬はチベットのラサアプソと狆を掛け合わせて出来た犬。


       さて、思い出話といきましょうか。

       ドイツ転勤で、ポメのポピーも同行。長旅の疲れも見せず、元気に跳ね回って

       おりました。

      人間の方、ハイ、ワタクシめ、子供の頃はペラペラだったドイツ語は何処へやら、

      これはイカン!と通い始めたのが「ドイツ人の為の英語教室」 これなら、一挙

      両得である。  或る日「犬を飼っている人~?」という質問に、みなそれぞれに

      拙い英語で犬自慢。

    
      順番が回ってきました。

      「ウチはポメラニアンを飼っています、ポーランド産の犬です・・・(以下略)」

     先生は分かったらしいが、他の生徒(オバサンばかり10人ほど)は、キョトン

     とした顔をしている。 

      面倒くさいから写真を見せたら、

     「あ~ぁ、シュピッツエンね、可愛いわ~」 と納得顔。 知らんのかい、ポメを。


     謎が解けたのは休憩時間。洗面所で、教室で隣あわせのドイツ人が、

    「あのね、ドイツ人にポーランドって言ってもわからない人がおおいのよ」

    「なんでやねん?」

    「ドイツは、第二次大戦後、ポーランドを侵略してドイツの領土にした期間が

      あったの。だから、殆どのドイツ人にポーランドという国は存在しないわけ」


    う~ん、そういうことか、今から40数年前の話だから、オバサンたちが知らなく

    ても無理はない。

       おかげさまで、いい勉強をさせて貰いました。それからは、ポピーの種類を

      聞かれると「シュピッツエン(小型のスピッツ)」と答えるようになりました。


     犬の国籍も、戦争で左右されることがあるんですね。

       柴犬が〇〇国産と言われるのだけは勘弁です。


nice!(34)  コメント(28) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 34

コメント 28

ぼっこ

年々増える犬の種類は多くて覚えきれません。
どの子も可愛いのですがね^^
by ぼっこ (2016-09-18 11:42) 

HAL

うちにもいつも犬猫が居たけど、実家を出てマンション暮らし、そのうえ休日は早朝から海に行ってしまっていつも留守ww

お世話できないので、よその犬猫を可愛がってますww

by HAL (2016-09-18 12:15) 

Baldhead1010

娘がしつこく犬、犬、犬とけしかけてきます。

どちらかというと、間の抜けた雑種犬が好きですね、飼い主に似て^^;
by Baldhead1010 (2016-09-18 14:12) 

旅爺さん

犬も人間も戦争で変わりに変わったんですね。
外国語が話せるって良いな~!”
by 旅爺さん (2016-09-18 16:19) 

shiho

犬!大好き~。
だけど我が家では飼っていないのです。
by shiho (2016-09-18 19:00) 

Loki

考えさせられる話ですね。
 これからの世界中で、そのような思いをする犬(犬だけじゃないけど)が現れませんように。
by Loki (2016-09-18 20:20) 

OJJ

その昔、親が鉄砲をしていたので猟犬がいましたが、私は一度も飼っていません。
兄たちが唄っていた蛍の光は♪♬台湾の果て~も樺太~もだったような・・・  変?
by OJJ (2016-09-18 20:55) 

engrid

そうなんですね、歴史を感じます
そして、複雑な世界を
by engrid (2016-09-18 20:59) 

sasasa

犬の種類の呼び方にも、
過去の歴史が関わっている事もあるのですね。

by sasasa (2016-09-18 22:15) 

kuwachan

子供の頃から犬を飼いたいと思っていたのですが
家族の反対にあい実現せず、現在に至っています(^^ゞ
ポーランドのお話興味深く拝読しました。
by kuwachan (2016-09-18 23:12) 

koto

たしかに見かけは小型のスピッツですね。

by koto (2016-09-19 00:58) 

takenoko

残念ながら犬の話は仲間に入れません。話の中にいきなり「なんでやねん?」と出てきたのはびっくりしました。
by takenoko (2016-09-19 08:44) 

okko

*ぼっこさん
名前は覚えきれない・・・というか、覚える気もありません。
どちらを見ても、トイプーだらけですね。とても可愛いけれど。


*HALさん
賢明な判断です!一人ぼっちで朝から夕方までお留守番、犬はグループでせいかつする動物ですから、例え人間でも、いつも誰かに居て貰いたいのですね。


*Baldheadさん
娘時代に、実家で飼っていたワンは、どれもお利口さんとは言えないけれど、性格がよかったですよ~~。
これからは、お家におられる時間も増えるのですから、ワンの世話もいい時間潰し、ジジさまなんて、ポピー専用爺やみたいにベタベタしてます。


*旅爺さん
ほんとにねぇ、国までなくされちゃ敵いませんね。その辺りの歴史には疎いので、勉強になりました。父・ジジ共に転勤が多かったので、強いられて言葉を覚えましたけど、話し言葉だけ。何とかなりますね。爺さまも経験豊富だからなぁ。


*shihoさん
動物を飼うって、大変なこと、病気もするし・・・治療費高いし。安易な気持ちで飼うもんじゃありませんね。


*Lokiさん
知らなかった自分が恥ずかしかったです。その国の歴史を勉強しておくべきだったとつくづく思いました。教えて貰ってよかった!


*OJJさん
へ~、猟犬って頭いいんでしょ?
なんですか、蛍の光の歌詞、聞いたことがありませんけど??こちらが変?


*engridさん
そういう厳しい事情があったわけです。教えて貰って以来、さまざまな場面で、歴史を見直しました。まさか、犬の世界にまで及んでいようとは・・・ビックリしました。


*sasasaさん
そうですねぇ、たかが犬ですけれど、歴史から逃れるわけにはいかなかったようです。


*kuwachanさん
犬の世話は簡単じゃありませんからね~、カワイイ~~だけで飼うのは、犬にとって迷惑だと思います。
ああ、ワタシもいい勉強をさせてもらいました。


*kotoさん
間違えられても仕方がないか。おかげで、以来、重宝に使えるようになりました。


*takenokoさん
ワタシが書き足りなかったのでしょう、犬の話というより、ドイツとポーランドの歴史に気付かされたことを主に、書きたかったのです。
なんでやねん? takenokoさんはマジメな方ですね、ユーモアですよ、単なる。
下手な英語、という意味合いも込めて。
by okko (2016-09-19 15:36) 

ぼんぼちぼちぼち

へー、ほとんどのドイツ人にポーランドという国は存在しない とても勉強になりやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2016-09-19 17:05) 

旅爺さん

連日曇りか雨模様なので鬱陶しい日々ですね。
台風もやってきそうですね。散歩もままなりません。
by 旅爺さん (2016-09-19 17:49) 

みち

ずっとマンション住まいで生き物禁止なので飼ったことがないのですが、
ワンちゃんがいるのって良いですね。先日のokkoさんのお話を伺って
そう思いました。
by みち (2016-09-19 20:11) 

きまじめさん

ドイツ人にポーランドという国は存在しないというのは驚きです。
どこの国も、都合のよい教育しかしないのですね。
だから知らなかったのでしょう。
ポメをシュピッツエンというのはこの国だけなのですか。
by きまじめさん (2016-09-20 00:06) 

okko

*ぼんぼちぼちぼちさん
モチロン、現在は独立国ですよ。戦中・戦後のドサクサで領土問題も訳が分からなくなってしまった時期がありましたからね~。北方領土問題もそれでしょう。


*旅爺さん
今日も明日も・・・・これから台風ですものね~。ああ、イヤだ!!!


*みちさん
2階がそうなんですけど、みんな勤めに出た後は、1日中1人でお留守番。
それだけは、止めて欲しいんですけどね・・・
人間が何時も居て、ワンもハッピーなんですね。


*きまじめさん
40年前のオバサンたちですからねぇ、アウシュビッツがあるのもポーランド、負の遺産ですねぇ~~。

スピッツの小型犬っ意味。女の子のことメイッチェンというのと同じ使い方です。
今はどうなんでしょうね~~、ポメラニアンは認められているんでしょうか、ドイツで。
by okko (2016-09-20 10:14) 

なかちゃん

大変ご無沙汰しました ^^
犬の呼び方って固有のものだと思ってましたので、名前(呼び方?)が国籍で変わるなんて知りませんでした。
でも、考えたら何でもそうですよね。
国も名前さえも呼び方が変わるんだもんね (^^;

by なかちゃん (2016-09-20 10:57) 

うさこ

スピッツって海外でもとても人気あったみたいですね。今は柴犬とかもかわいいし(日本もそうですが)海外でも人気ありますね。
けど ブームになると量産されて殺されちゃうから流行大嫌い、命の流行は作らないでほしい(ダックス、チワワちゃん達がいい例です 今巷でいっぱい)
狆は日本の国犬だと飼うまで知りませんでした。。
ずっとポピーちゃんなのですね。ポはポメちゃんのポかしら。かわいいですね。
ドイツ語もお話になるのですね。すごいですね。ヴぃ げいつ くらいしかわかりません笑

by うさこ (2016-09-20 13:07) 

okko

*なかちゃん
心配しましたよ~~。市議会事件に巻き込まれている?・・・・わけはないし。笑

ポメの場合は、特殊でしょうね。大戦後のゴタゴタに紛れて、ポメラニア地方をドイツに取られてしまったから、そこはすでにドイツ領土ってわけで。
現在、この犬がドイツで何と呼ばれているかまでは、知りません。


*うさこさん
そうなのか~。てっきり中国の西太后あたりが、愛玩していたのが日本に来たと思っていました。今のブリーダー産業、目に余りますね。売れさえすればいい感覚が許せません。  最初のポメが、血統書の名前、ナンチャラカンチャラ、ブルーミング・ポピーだったから。パピプペポの音が犬には覚えやすい、とも聞きました。

父の勤務で3歳から4年間、ヘルシンキ暮らし、ドイツ人経営の幼稚園に入ったから、アッという間にドイツ人になっちゃった・・・・というお話でした。チョンチョン。
by okko (2016-09-20 15:19) 

お茶屋

なるほど・・・これまた勉強になりました!
by お茶屋 (2016-09-20 17:04) 

ちゃーちゃん

こんばんは!!
そう言うお話が有ったのですね・・・okkoさんはとても物知りだから、何時も
色んなお話が聞けて楽しみです。
okkoさんは昔からワンコ派ですネ・・・私も猫は飼った事が有りませんが、我家は今のラブちゃんの外にもコリーの小型犬、(シェットランド・シープドッグ)を飼っていました...ボスは実は、犬も猫も嫌いなんですが結局の所、最後には世話掛かり(散歩係)がボスになると言う皮肉な現象です。


(やっと、今日ボスがID番号やパスワードを探し回ってブログが開ける様にしてくれました。
以前にも同じ様な事が有りました...怠けないでブログを開かないと大変だと、痛感しています)
by ちゃーちゃん (2016-09-21 00:45) 

okko

*お茶屋さん
そういうことですね~。身をもって教えられたことは、一生忘れません。学校の暗記と違って!


*ちゃーちゃん
あら、アイコンが変わりましたね。

ジジは犬専門ですけど、ワタシはネコも好きですよ。娘時代はいつも2匹ぐらいいたように思います。

そのシープドッグですよ、ワタシが物凄く好きなのは。
by okko (2016-09-21 15:33) 

michan

わんちゃんはみんな可愛い!うふ!
by michan (2016-09-22 00:07) 

okko

*michan
michanも、いつも笑顔で可愛いわよ~~~!
by okko (2016-09-22 11:08) 

nikkin

国が変わると犬が変わる。面白いお話でした。
by nikkin (2016-09-23 12:59) 

okko

*nikkinさん
戦争は嫌ですね~、憎しみの対象が罪のない犬にまで及んでしまうとは!
by okko (2016-09-23 16:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。