So-net無料ブログ作成
検索選択

雨女の旅日記 (最終回)

      
      明ければ、昨日の土砂降りは嘘のような上天気。


    バスを走らせて、最後の目的地、山口県防府市(ほうふ)に向かいました。

     最初に見学したのは、「瑠璃光寺の五重の塔」 室町時代中期の優れた建築物

    の1つ。装飾が少なく,京都の醍醐寺、奈良の法隆寺と共に、日本の3名塔に

    数えられています。


       1-3.jpg


         2-4.jpg

             緩やかな坂を下りると、かなり大きな池が・・・・


          2-3.jpg

       亀の置物かな? よく見れば、下はホンモノのすっぽんでありました。


       2-2.jpg

     池の一か所にカメラの放列。「狙いは池の向こうですか?」
                                      「カワセミを狙って・・確かにいま、見えたんでね」


     お気の毒さま、こちらはすっぽんを望遠で撮っている場所で、しっかりとカワセミ

    サンが池に急降下する一瞬をこの目カメラで撮ってしまいました。

     次に向かったのは、

   
            1-7.jpg


       2-5.jpg

          水子供養に毛利家菩提寺? いったい何が目的なんでしょ?

  
         1-15.jpg

        こじんまりとした墓所の一隅にありました!文さんのお墓が。

      楫取(カトリ)家の墓・・・説明すると大河ドラマをご覧の方の興をそぎますから、

      触れずにおきます。文さん、最後は防府のお墓に埋葬されたのですね。

       歴史は異なもの、興味のある方は「前橋まるごとガイド」をどうぞ。

      http://www.maebashi-cvb.com/history/katori/index.htm

 
     1-17.jpg

      次は、この傾斜のきつい階段を登り切った所にある防府天満宮です。

    平均年齢73才のツアー、気をきかせた添乗さん、登ったところにある駐車場に

    バスを止めてくれました。



    1-18.jpg

     菅原道真が大宰府に流される途中、防府に立ち寄ったということで建てられた

     色鮮やかなお宮でした。

     ここで各自、分かれて昼食。バス、帰路は階段の下で待っているとか。

     まずは腹ごしらえ、仲良くなった数名とお宮の傍でおいしいお蕎麦を。

      さて、恐怖の階段の下りです、手すりを頼りになんとか無事に着地。

     階段の数は59段が上部、これは道真が立ち寄ったときの年齢だそうです。

     更に数十段つづきました。やれやれ。

 
     最後の目的地は、毛利氏庭園と毛利博物館。


           1-9.jpg

            お池をグルリとまわって、博物館はパスしました。


        1-14.jpg

     蓮も咲いていましたので、出来ればお庭の中で待っていたかったのですが、

     それは許されず・・・・・。みなが博物館見学の間に、バスの駐車場までブラブラ。

    ツアー旅行の欠点は、デジカメを構えるヒマが全然ないこと。

     カメラ好きな人には、全く向いていないとおもいます。


    2-6.jpg

   駐車場に戻る道すがら、ようやく、自分のペースで、写真を数枚撮りました。

 
   モミジ・カエデの新緑が生い茂るこの辺り、紅葉の季節もいいでしょうね~。


    1-13.jpg


   1-12.jpg

           竹とんぼのような花?がビッシリとついていました。


      駐車場までの道は、片側は黒松、反対側は赤松の並木です。


     1-11.jpg

     黒松の蕊は3本、それが毛利元就の3本の矢に使われた、と言いますが

    どうみても、3本のは矢印先のだけ。ことの真偽は謎に包まれています。


  1-10.jpg

  駐車場も見えてきました。青空に見送られバスは広島駅に向かいます。


  広島発17時52分発の「のぞみ」で帰路につきました。


          1-19.jpg


      と迎えてくれた萩・防府、ゼロから沢山のことを教えてくれて、

      とても「幸せます!」  (これは、ありがとう、幸せでした)という、お国言葉だ

      そうです。

      読んで下さったみなさまにも・・・・私から「幸せました!」


nice!(44)  コメント(28) 

nice! 44

コメント 28

お茶屋

確かにツアーだと、自分のペースでお写真撮りずらいですよね・・・
モミジ・カエデのお写真☆とっても素敵です♪
by お茶屋 (2015-05-30 13:26) 

moonrabbit

竹とんぼにはおっぱ(ry ・・・・d( ̄ω ̄;)☆\(--;)コラコラ
「幸せます!」って言葉、いいですね。(^^
by moonrabbit (2015-05-30 14:23) 

ゆうみ

ツアーで写真を撮るのは至難の業です。
マイペースなので 皆さんについて行けません。
葉が色づくころ ゆっくりのんびりとはいかがでしょうか?
by ゆうみ (2015-05-30 16:16) 

cooper

最終日が抜けるような青空、画像も素敵ですね。
雨もあがり スッポンもノンビリ甲羅干し、
幸せました、良い旅でしたね。
by cooper (2015-05-30 17:51) 

いいだや

きれいな庭ですね。
by いいだや (2015-05-30 18:48) 

nomu

この日は快晴で、さぞかし暑かったことでしょう
山口市内は瑠璃光寺のみの観光だったのですね~
カワセミを狙うカメラの群れ、凄いでしょ(笑)
呆れますよね・・
防府天満宮の大石段、秋の御神幸祭の時は、それぞれの職場や子ども会などで御神輿を担いで駆け上がります
私も一緒に駆け上がったことがありますが、子どもたちには追いつけませんでした(^_^;)
地元の歴史的なことなど、意外に知らないので、ツアーの記事、興味深く読ませていただきました

by nomu (2015-05-30 19:31) 

mamii

池の周りが綺麗ですね。
by mamii (2015-05-30 20:46) 

きまじめさん

すごい階段、バスを上に回してくれたとは、行き届いた添乗員さんと思いましたが
下りは自力でとは。下りのほうが大変だという事知らなかったのかしら。
写真撮影ツアーでないとシャッター押している暇はありませんね。
そんなことしていると迷子になってしまいます(以前、迷子になりかけました)
by きまじめさん (2015-05-30 23:35) 

Baldhead1010

だからツアーは好きじゃないのですが、ホテルやらむこうでの足の段取りを付けるのはしんどいし、数多くのものが見られません。

日頃から歩きながらシャッターを切る練習をしておかなければいけませんね。

モミジの種が初々しいですね^^
by Baldhead1010 (2015-05-31 04:17) 

takenoko

鎌倉の鶴岡八幡宮の階段も59段か60段です。時間に縛られるのが嫌なのでツアー旅行はしたことがありません。(まだ何とかなります)
by takenoko (2015-05-31 07:06) 

okko

*お茶屋さん
写真を撮るのが目的の方たちには向きませんが、今回は歴史を探る旅だったので、お話の方に興味がありました。


*moonrabbitさん
いい言葉だと思いました「日本人はバイリンガルである」って、今朝の新聞のコラムに。確かに、お国言葉と標準語を上手に使い分けたり、折り込んだりしていますもんね。
竹とんぼでしょうよ、オッパが垂れ下がっているんで、思いもよらぬ想像で・・・・・こっちもコラコラ!


*ゆうみさん
高齢者のわりには皆さん、足が速くて・・・・。カメ吉さんが1人もいらっしゃらなかったので、なおさら参りました。でも、もう充分、自分のペースで撮れたからいいの。


*cooperさん
終わりよければすべて善し、知らない土地の、知らない話をたくさん聞いて、とてもいい旅が出来ました。


*いいだやさん
広くて、手入れが行き届いたいいお庭でしたよ。


*nomuさん
かなり気温は上がりましたけど、都会とは比べ物にならない澄んだ空気に、あまり汗もかきませんでした。
すぐ近くがお仕事場と言っておられたので、心の中でご挨拶をいたしました。
地元の方にそういって頂いて、とても嬉しいです。


*mamiiさん
五重の塔と調和した形のいいお池でした。


*きまじめさん
そうじゃないんですよ~~、本来、観光バスは下に止めて、上下、階段を使う規則らしいのです。そこを気をきかせてくれたので、いい方に解釈してくださいね、笑。

大きなカメラに興味のある方がいなくて、みなさん、スマホでパチパチ。ハナシを聴く方に集中していました。


*Baldheadさん
それは無理でしょうね。ただ、自分で旅程をすべてたてて・・は、若いうちなら出来ることだと思います。

Baldさんも、お元気なうちに、どんどん旅に出て、思う存分、写真を撮ってください。
80過ぎれば、いやでも体力が衰えるのですから・・・。

モミジの種、可愛らしかったです。


*Silvermacさん
旅行にでるまで「ボウフ」って思い込んでいました。知らないことが、まだまだ沢山有りすぎて困ります。ご友人、お気の毒でした。


*takenokoさん
何とかなるうちに、頑張ってください、自由な撮影紀行。

それが無理になったら、撮影旅行というのもあるらしいですよ。
by okko (2015-05-31 11:53) 

Silvermac

防府には知り合いがいましたが、随分昔に交通事故で亡くなりました。
by Silvermac (2015-05-31 15:32) 

sasasa

防府天満宮、本当に色鮮やかですね!
それにしても、おおきなスッポン(^_^;)
by sasasa (2015-05-31 17:19) 

旅爺さん

瑠璃光寺の五重の塔は爺も見ましたが池にすっぽんが居たんですね。
観る所が多いとツアーは速足ですから見落しだって多いですよね。
でも全体的に楽しんできた様子が伝わって来ます。
by 旅爺さん (2015-05-31 18:02) 

OJJ

防府へは行ったことが無いのに道中の写真の景色に次々と見覚えがある。ありゃ~そろそろボケが出始めたかと思ったが、湯田温泉に2泊して半端な時間に周囲を見物したので不確か不連続の記憶となった・・(と勝手に決めて)
帰りに金帯橋へ行ったのは間違いない。デジカメのないころなので証拠は少ない。
by OJJ (2015-05-31 22:32) 

a-silk

亀とスッポンが見分けられるなんて、素晴らしいですね。
青空と木々の緑が古い建物と、良くあっていますね。
by a-silk (2015-06-01 08:07) 

okko

*sasasaさん
もちろん、塗り替えは何年かに一度はするのでしょうけど、朱色が鮮やかに青空に映えていました。


*旅爺さん
確かに。かなりハードなスケジュール。頑張りましたよ、身障者。
でも、チョット写真撮ると、追いつくのが大変で。「戻るまで待っている」がワタシが勝手に作ったルールです。


*OJJさん
デジカメのない時代はのんびりしていましたね~。今はレンズも次から次へといいのが出来て、カメラファンは大変でしょう。
旅行は、知るか、撮るか、どちらかに重点を置かないと。
錦帯橋、行きましたよ。OJJさんのご旅行は、かなり前だったのでしょう。


*a-silkさん
カメは石だってすぐに分かりました。デジカメでも望遠がかなり効くので、ありゃ、下のは動いてる!で判別できました。
新緑が眩しかった!
by okko (2015-06-01 09:46) 

mwainfo

気侭な一人旅、いいですね。
by mwainfo (2015-06-01 10:20) 

okko

mwainfoさん
誰に気兼ねするでもない、一人参加は最高です!
by okko (2015-06-01 17:35) 

テリー

新緑がきれいですね。
ツアーは、便利ですが、写真を自由に撮れないのが、不便ですね。
by テリー (2015-06-01 22:56) 

みち

ツアーの旅はどうしても慌ただしくなりますね。
母との旅行も、、、母はせっかちなので、
マイペースとはいかないです^^;
デジカメの望遠は便利ですね。
by みち (2015-06-01 23:45) 

okko

*テリーさん
不思議なことに、今回はカメラ持参の方、少なかったです。
趣味の問題ですからね、高齢者ツアーだったのが原因かも知れません。


*みちさん
年を重ねるごとに、セッカチになるもんですよ。

デジカメ、バカにできませんよね。大きなカメラは、もう、肩や膝にくるので、とても無理ですから、重宝しています。
by okko (2015-06-02 11:39) 

テリー

okko さん
ネットのバラの図鑑には、1300種類のバラを紹介していますとありますので、世の中には、
1300種類以上のバラがあるようです。
この京成バラ園には、700種類、7000株のバラがあるそうです。


by テリー (2015-06-02 14:19) 

okko

*テリーさん
再度のご訪問、有難うゴザイマス!

凄い数ですね~~。名前を考える方も大変、覚えるのはもっと大変。
勉強になりました。
by okko (2015-06-02 15:00) 

koto

「おいでませ 山口へ」っていうCMがありましたね。
そして、ケンミンショーでもやってましたが、
「幸せます」はとってもステキな言葉ですね。
by koto (2015-06-02 15:28) 

okko

*kotoさん
各地に残る独特な表現、大切に守りたいですね。

痛み、辛いでしょうけどジッと我慢の子、辛抱してくださいね。
by okko (2015-06-02 16:28) 

ぼっこ

美しいお屋根の立派な五重塔ですね。
素敵な場所を巡られるすばらしい旅でしたね^^
古く由緒ある場所の階段はゆったりとは出来ていませんから
私も足を痛めてからは階段は怖いです^^;

by ぼっこ (2015-06-02 22:05) 

okko

*ぼっこさん
初めての所ばかりだったので、興味深い旅になりました。
チョット過密ではありましたけど。
昔の人は偉かった、でも、身体に無理を強いていたから、短命だったのかもですよ。
by okko (2015-06-03 11:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。