So-net無料ブログ作成
検索選択

雨女の旅日記 (1)


     新横浜から「のぞみ」に揺られて、目指すは長州、萩・周防。

     新山口で下車、総勢17名のツアーに1人参加、バスでひたすら日本海側を

    目指します。


           1-13.jpg


        煉瓦色の石州瓦の村落が窓越しに見えてくれば、目的地も近い。

            この瓦、雪が降ると滑りがよくて、雪下ろしには重宝とか、まずメモ。


          この年になるまで知りませんでした、萩の中心部、つまりお城のある付近が

          日本海に面した三角州だなんて~~。お見苦しいでしょうが俯瞰図を。


     1-12.jpg

     橋本川と松本川という、ご近所さん同士みたいな名前の川に挟まれて。

    図、左端の薄い緑の下線が毛利家、萩城祉や高級武家屋敷、

    松本川を挟んで右側、濃い緑の下線の辺りに、松下村塾、松陰生誕の地など、

     ま、位の低い人たちが住んでいたというわけ。チョイ、メモ書きが覗いてますが、

    こちらには、医者もお寺もなかったそうです。

     1番上の赤丸が初日の宿、でございます。^^;)


     着いた日は、何故かいきなり、蒲鉾やに寄り、一路、宿へ。

     夕食は、ふく料理・・・・こちらではフグをフクと呼ぶそうで、「フグ三昧」。

     明日は雨の予報に、ガックリ!


      1-15.jpg

     果たせるかな、翌朝は曇天。 「大漁を祈ってますよ~」

     見下ろすと、センダンの花が満開に、紫色の絨毯のようでございました。

     観光シュッパ~~ツ!

     1-19.jpg

 
    遠くにはためく幟は、「花、燃ゆ」の宣伝。 バスを降り立った所から始まりました、

  強行軍。


         1-21.jpg

         唯一残っている、最大の 文字通りの「お長屋」でございます。

    1-17.jpg


    1-20.jpg

        各座敷には、毛利家家臣たちの詰所になっていたそうです。


     それからは、延々と市内散策。石積みの外塀やなめこ塀が続きます。

   
    1-18.jpg


        2-2.jpg

   1-30.jpg


  
     1-29.jpg

    これが一般の住宅、萩は建築規制が厳しく、外観にまで及んでいるそうで、

    それが、町全体の美しさを保っている原因の1つかも知れません。

    もうすぐ、世界文化遺産に認定されると、この規制がもっと厳しくなるでしょう、

    元高校教師風、男性ガイドさんのお話でした。

     どこからとも漂ってくる甘い香り・・・・・夏みかんの花の香りです。


       1-22.jpg

         山口の県花は蜜柑、萩市の花は、ポピーじゃなくて、椿だそうです。


        2-5.jpg

           高杉晋作さんが生まれたお家は立派ですね~~。

        近くにある高杉晋作の銅像も、「花、燃ゆ」の幟に挟まれて照れくさそう?


         1-23.jpg


             その前に、こんな所を通りました。


            1-28.jpg

     一見、突き当りのように見えますね、敵に行き止まりと見せかけて、両側から

    襲い掛かる、一種の仕掛け道「鍵曲」、カイマガリと呼びます。お城に近い

   場所で見かけました。いかにも、萩らしい風情です。

   そろそろお疲れでしょうか? あと少しのご辛抱を。左岸はあと1か所です。


      1-26.jpg

     「菊家」とは、今でいう○菱商事のような総合商社で、毛利家御用達の

     商人でした。

       1-25.jpg

    うやうやしく注文書を持ったご上使が、ものものしい門を通って書院に通された上、

    食料品から衣装、美術品、書籍、あれこれと注文して帰られたとか。

    考えてみれば、大仰なことでしたね。

     書院には、立派なお庭も・・・撮影禁止。 せめて台所は外にあったので・・


         1-24.jpg

          真ん中の長方形の台が、まな板兼調理台・・には驚きました。

             この上で、魚をさばいたり、野菜を洗ったり切ったりしたのでしょう。

            あれ、ポツポツと・・・雨?? 三角州探訪は残りも1つ。

            いきなり現代に戻って、「文と萩物語、花、燃ゆ、大河ドラマ館」

 
          1-14.jpg

                  ただただ、燃えておりました。

           これで左岸は終わり、キリもいいので、これで終わります。

           次回は、右岸。松下村塾近辺を。その後が凄いことになるのです。


              長いあいだ、有難うございました。3回で東京に戻ります。


nice!(53)  コメント(29) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 53

コメント 29

moonrabbit

長旅、お疲れ様でした。
地方どころか身近なところでもまだまだ知らないことばかりです。(^^
夏みかんと一緒に写った赤い花が面白く写っていますね。(^^

by moonrabbit (2015-05-23 16:32) 

ゆうみ

街並みを保存すること大事なことだと思います。
私が住んでる場所 しっかり保存してれば 素晴らしい遺産になれたのに
国宝もあるのに もうもったいない状態です。
石垣がとても印象的でした。
by ゆうみ (2015-05-23 16:47) 

mayu

雪が滑りやすい瓦があるんですね。知りませんでした。情緒のある街並み、素敵です。
by mayu (2015-05-23 21:05) 

nomu

強行軍、お疲れさまでした
山口県人ですが、萩といえば、藪椿原生林に行くぐらいで、歴史的なことには疎いなぁ・・(^_^;)
そういえば、去年の初詣で松陰神社に行きました
「花燃ゆ」の幟は防府市内にもたくさんありますが、誰のために立ててるの?みたいな場所にまであって、何だかなぁ・・という感じです
記事の続き、楽しみにしていま~す♪

by nomu (2015-05-23 22:45) 

Baldhead1010

この地は未踏の地です。

行くところ先々でいろいろ知らなかったことがわかりますね。

その中でも残っている町並みなどはその地特有のものでしょうね。

板壁の建物、湿度が高く雨や雪が多い日本ならではの構造です。
by Baldhead1010 (2015-05-24 05:20) 

takenoko

私は隣の島根県の生まれですが、萩は行った事がないのです。萩もこれから人が多くなるでしょうね。
by takenoko (2015-05-24 06:01) 

ちゃーちゃん

お早うございます。
島根県は中々ご縁がありませんでした...「花も燃ゆ」のドラマでも殆ど知らなかった知識しか無い私でした。色々な解説に初めて知る事ばかりです。
お一人での参加でしたか・・・少人数の旅は良いですよネ。
元気になったら、行って見たい出雲大社と萩...興味が湧きました。
by ちゃーちゃん (2015-05-24 06:15) 

Silvermac

私も石州瓦の印章が残っています。
萩の若者の一番人気は高杉晋作のようです。
by Silvermac (2015-05-24 06:46) 

旅爺さん

一人参加ならのんびりしていろいろ楽しめたじゃないですか。
萩には爺もツアーで行きましたが高杉晋作の家や像は見ませんでした。
吉田松陰の家や塾は見ました。
by 旅爺さん (2015-05-24 10:44) 

mamii

ご旅行お疲れ様です。
古い町並みは保存することが大切ですね。
by mamii (2015-05-24 12:21) 

sasasa

萩の中心部が三角州なのは初めて知りましたが、
地図を見ると納得ですね。
旅は、本当に視野を広げてくれますよね(^_^)
by sasasa (2015-05-24 16:56) 

OJJ

20年ほど前に萩、秋芳洞など行きましたがその頃も街並みはキレイでしたね~
松下村塾や石灯籠群、東光寺は今でも印象に残っています!
花燃ゆ、視聴率どうなりますかね~殿様が立派過ぎて・・笑)
by OJJ (2015-05-24 18:37) 

テリー

花燃ゆの視聴率は、今ひとつのようですが、観光客は、やはり、増えているのですね。
by テリー (2015-05-24 19:25) 

cooper

ドラマは見ていないので………落ち着いた 静かな町の印象ですね。
建築規制が厳しいことで、この景観は守られていくのですね。
ところで 雨女でしたか、その後凄いことにが気になります。
by cooper (2015-05-24 21:31) 

きまじめさん

萩へは以前、岩国の親戚の人に車で連れて行ってもらいましたが、
松下村塾を見学したくらいで終わってしまいました。
萩焼の窯元も見たかったのに・・・
何時か自分で計画して、いきたいところに行って見たいと思います。
by きまじめさん (2015-05-24 22:44) 

お茶屋

鍵曲!たしかに突き当たりのように見えますね!
by お茶屋 (2015-05-25 10:54) 

okko

*moonrabbitさん
少人数でも、この脚だと写真を撮っていれば取り残され・・・・いやいや、かなりの強行軍でした。この日だけで、10,000歩以上あるいたかな?
ポピーの写真ね~、どうしてこんなに撮れたかわかりません。歩きながら、慌ててハシャリだったから。


*ゆうみさん
大切なことですよね。萩にはビルがあったような、ないような??
文化遺産に認定が決まったら、もっと厳しくなるでしょうね。大切なことです。


*mayuさん
なるほどなぁ~、住んでいる方たちの生活の知恵から生まれたのかも。


*nomuさん
住んでいる人って、大体そんなものでしょ、ワタシも東京スカイツリーも知りません。

松陰神社は、遺骨が埋葬されていないらしくて、説明だけで終わってしまいました。
椿って意外です。群生地があるのでしょうか。サムライ時代だったらあり得ませんよね、市の花にするなんて。 防府にもドラマ館あったけど、ワタシはバスで休んでいました。ホント、なんだかなぁ~、です。


*Baldheadさん
今回は本当に発見が沢山ありました。

狭いようで日本は、各地方それぞれに固有の文化があって面白いです。

ネパールの地震を見ても、石造りは災害の後始末が大変!「日本家屋は板と紙で出来ているから、高価な爆弾を使う必要なし」で、空襲も焼夷弾だったし。湿気の問題もありますけど、板と紙だったから、復興も早かったのだと思います。



*takenokoさん
世界遺産に認定されると、ドッと人が見物に訪れますよ。その前に・・・・
コピー機、直りました。


*ちゃーちゃん
太平洋側と日本海側では、風土・気質・文化なども違うようですね。
ワタシも、もう少し回ってみたい、健康で歩けるうちに。


*Silvermacさん
あの色が急に目立つようになってきて、驚きました。
晋作は、三角州生まれ、育ち、いい場所だからでしょうか?奇兵隊の印象が強いからでしょうかね。


*旅爺さん
いつもの、バアのスタイルです。気兼ねがなくていいですね。
この日一日で、10.000歩以上歩いたので、さすがにへばりました~~~!


*mamiiさん
そちらも、ずいぶん昔のままに保存されていますね。だから、町全体が落ち着いているのでしょう。


*sasasaさん
見難い写真でゴメンナサイ。知識ゼロで行ったので、刺激強かったですよ。古い歴史のある場所ですからね~~~。


*OJJさん
かなりギッシリ詰まった見学コースで、チカレタ!
長州テロリスト物語、大河には複雑過ぎるみたいですね~~。人間関係も。


*テリーさん
女性が主人公のは、「篤姫」ぐらいで、後はあんまり視聴率あがらないようですね。
そちらより、文化遺産になると、人も沢山押し寄せるでしょうし、今はまだ、まあまあってところでしょうか?


*cooperさん
静かでゆったりとした風が流れる町でしたよ。風だけならよかったんですけどね~。
ウチはワタシが雨女、ジイが晴れ男、2人で旅行すると曇りの日が多いです。おかしいですね。


*きまじめさん
足ロクロで形を作っているところを、見学はしましたけど、あくまでも付け足し程度でした。  自分で計画はなかなか難しいでしょうか、必要なら、もう要らない見学コースを送りますよ。
by okko (2015-05-25 11:22) 

engrid

とても良い街ですね
散歩するのが楽しみ、、
街並みを保存していくことは、歴史を伝える上でも大切と思います
街にその街の表情、風情があることは、素晴らしいです
by engrid (2015-05-25 18:43) 

mwainfo

高杉晋作さんの生家、氏より育ち、と言いますが、その前にやはり、氏ですか。
by mwainfo (2015-05-25 21:56) 

ぼっこ

趣のある良いところですね^^
by ぼっこ (2015-05-25 22:46) 

okko

*engridさん
ビルと名のつくような建物に出会わなかったのが、不思議な感じさえしました。
京都は、その点、残念です。


*mwainfoさん
これも発見でした。氏はよくても、育ちが悪くては・・・・典型かも知れません。


*ぼっこさん
お加減いかがですか?
ご無理なきように。 ワタシには、初めての印象、新鮮でした。
by okko (2015-05-26 11:06) 

sarusan

昨日はコメント有難うございました。
お年を見て御元気な活動家さんとお見受け致しました。
これからも宜しくお願い致します。
by sarusan (2015-05-26 13:00) 

たいへー

旅には良い季節でしょうね。
天気は当たりはずれでしょうがないですね。
by たいへー (2015-05-26 13:16) 

okko

*sarusan
ブログを通じて、みなさまからいい刺激を受けています。
こちらこそ、よろしくです。


*たいへーさん
そうなんですよ、お天気ばかりは運次第、雨女の本領発揮してきました。
by okko (2015-05-27 14:12) 

Loki

足、大丈夫でした?

 ポピーは、蜜柑の葉に露出が合ってるため、草叢は露出オーバーになってこんな幻想的な写真になったのだと思います。

 そう言えば、雪が多い処・・・ 豪雪地帯では、逆に屋根から雪が落ちないようになってるのだとか。 そうしないと、屋根から落ちてきた雪に人が埋まって死ぬからだそうで。
 合掌造りの場合は、屋根の内側を人が歩ける空間が有る為、雪が落ちて来ても大丈夫なのだそうで。

 雪の量等、条件で屋根に対する考え方や造りが地方で違うのが興味深いです。
by Loki (2015-05-27 22:13) 

okko

*Lokiさん
ありがとうございます。さすがに悲鳴をあげました。歩く所はあまりないから・・・っていうので参加したのに。

土地によって、雪に対する対策も違いますね。この瓦は、積もる前にどんどん滑って落ちてくれるんじゃないかと、勝手に想像して話を聞いていました。
by okko (2015-05-28 10:57) 

トモミ

のぞみ、来週乗ります。行き先は大阪ですが(笑)。
甲子園、行きます。予報は雨です(しくしくしく)…
by トモミ (2015-05-28 18:55) 

okko

*トモミさん
遅くなりました。天気安定しませんね~。
by okko (2015-06-01 09:29) 

SHINOBU

山口県、お隣なのに、なかなか広くて遠いので、あま奥まで行ったことないんです!
いつも九州よりのところばかり。
今度行ってみようかな?
by SHINOBU (2015-06-02 21:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。